〇 江戸を識る 旧東京を知る 都立の「江戸東京博物館」

―― 江戸時代とは何だったのか 東京はそれをどう引き継いだのか 一度は行きたい博物館

 東急田園都市線(押上行)で渋谷まで行き、電車はそのまま東京メトロ半蔵門線に乗入れるから、清澄白河駅で下車して地下鉄都営大江戸線に乗り換えれば、2駅目が江戸東京博物館のある両国駅(A4出口 徒歩1分)だ。(JR東京駅からは、京浜東北線(蒲田行)で秋葉原で乗り換え、JR中央・総武線の両国下車)

 何が言いたかったといえば、軌道系の相互乗入が極めて少ない名古屋に住んでいると、首都圏の鉄道会社は、利用者の利便を第一に、経済性・効率性を追及した相互乗り入れの運営がされていることに驚くからだ。

 前振りが長くなったが、そうして訪れた地上7階、地下1階建ての「江戸東京博物館」(1993年開館)は、時の経過と共に失われていく江戸と東京の歴史文化を体系的に収集、保存、展示する東京都立の博物館だ。

DSC02600.jpg

 展示は、江戸ゾーンと東京ゾーンに分かれてそれぞれの時代が何であったかを、説得力のある細密で迫力のあるジオラマや模型とともに、当時の実物資料などで理解できるようになっているから、東京へ行くことがあって1~2時間余裕があったらぜひ一度は訪れたいお勧めしたいところだと思う。

00-P1420760.jpg

 鷹狩装束の徳川家康の銅像
 地下鉄都営大江戸線の両国駅から博物館に向かう道に、台座からの高さ7.76m(本体3.7m)、重量30tの巨大な像が建つ。
 1994年に江戸消防記念会から寄贈されたというこの像は、亀の形をした霊獣・贔屓の上に15代続いた江戸幕府にちなんだ15段の台座の上に立っているが、驚いたことに東京にある家康の像はこれ一つだという。

00-P1420764.jpg

 木造で復元された江戸時代の日本橋を渡って、江戸ゾーンの展示室に入る。
 ここでもボランテイアガイドが待機しているから、橋を渡る前のカウンターでわたしたちは1時間コースでガイド氏をお願いした。

00-P1420767.jpg

 江戸時代の日本橋の賑わい(ジオラマ)

00-P1420768.jpg

 日本橋の精密ジオラマの一部

00-P1420772.jpg

 焼失前の江戸城天守閣が描かれた屏風絵

00-P1420779.jpg

 神田明神の「神田祭り」の御輿と山車のジオラマ
 
00-P1420781.jpg

 江戸末期の「神田祭り」の原寸大の復元山車
 当時9月15日の神田明神の祭りには、30台の山車が参加したそうだが、この山車は8番目の関羽の人形を乗せた須田町の山車。
 山車の原型は当初大八車を飾り立てたものから始まったが、東海、関西では4輪の山車へと進化するが、この山車は2輪の原型を留めているようだ。

00-P1420816.jpg

00-P1420825.jpg

 歌舞伎「中村座」の外観を復元した芝居小屋

00-P1420820.jpg

 江戸の古典歌舞伎を代表する演目「歌舞伎十八番」の一つ『助六所縁江戸櫻』の吉原・三浦屋の傾城「揚巻」の等身大人形

00-P1420828.jpg

00-P1420835.jpg

 江戸時代の町屋風景のジオラマ

00-P1420785.jpg

0P1200559.jpg

 両国橋界隈の風景ジオラマ

0P1200600.jpg

 長屋で制作に励む、江戸時代後期の天才浮世絵師・葛飾北斎と娘(三女)の応為

0P1200496.jpg

 草子問屋「泉屋」の復元展示

0-0P1200491のコピー

  版画刷りの工程の展示

0P1200485.jpg

panorama 火消し00

 絵馬「火消し千組」の図
 1833年(天保4年) 歌川国芳 筆

0P1200454.jpg

 江戸時代の町の暮らし展示風景

panorama 江戸00

 江戸末期の愛宕山から撮影された江戸のパノラマ写真
 イタリア生まれのイギリスの写真家 フェリーチェ・ベアト(1832年 - 1909年)の撮影による。

00-P1420856.jpg

 東京ゾーンの明治の銀座通りのジオラマ

00-P14208601.jpg

 フォードの「円タク」
 大坂に次いで1926年から東京でも始まった、どこまで行っても1円均一のタクシー「円タク」。
 この車は、大正末期に日本で工場を設置し生産していた1931年型のフォード。

00-P1420854.jpg

 軽自動車の名車「スバル360」
 1958年から70年までの12年間にわたり、39万台が生産された富士重工業の軽自動車。日本最初の国民車(大衆車)で、「てんとう虫」の愛称で親しまれた。
 免許を取ったばかりの、わたしの愛車でもあった。

00-P1420798.jpg

0P1200720.jpg

 お土産に販売されている、江戸前の飴細工。
 飴細工で作った、幕の内弁当、洋食弁当、お赤飯弁当など、かわいいお土産が並ぶ。

 なお、この博物館では、わたしのように65歳以上であれば、都民であるかを問わず入場料金の一般600円が、半額になるからうれしい。

00-半蔵門線z

 「東京メトロ半蔵門線」と接続路線






〇 今日の一献 「第4回名古屋ブラジルフェスタ」へ寄ってきた

――  Divertido!(楽しい!)、Gostoso(美味しい)、Otimo(最高!)

 今日は父の日ということで、家族から中区矢場町にある店での昼食にお誘いがあったので、時間あわせのついでに久屋大通公園の久屋広場で開催中の「名古屋ブラジルフェスタ2017」へ寄ってきた。

 日本人もブラジル人も皆で楽しめるイベントとして、ブラジルの音楽や食べ物などを紹介し、ブラジルという国を知るきっかけを提供する目的で2011年に始まったこのフェスタは、4回目を迎えた今年、6月の17日(土)、18日(日)の2日間に渡って開催された。
 
00-P1120379.jpg

 メインステージのブラジルの足技格闘技「カポエイラ」の武道グループ、「メモリア カポエイラ」(Memoria Capoeira)による演技。

00-P1120378.jpg

Te Amo(愛してます)

00-P1120363.jpg

Divertido(楽しい!)
 サンバ カーニバルの音楽とダンスで会場内を練り歩く、ダンスグループ「ウニドス ド ウルバナ」 Unidos do Urbana。

00-P1120326.jpg

 激しい打楽器や笛の音の調子に合わせて踊るサンバは、フェスタに欠かせない出し物だ。

00-P1120367.jpg

00-P1120372.jpg

00-P1120310.jpg

Gostoso(美味しい)
 串焼き風肉料理「シュラスコ」、ブラジル風コロッケ「コシーニャ」、スパイシーなソーセージ料理「リングイッサ」など、ブラジルの名物料理の屋台が並ぶ。

00-P1120381.jpg

Otimo(最高!)
 会場中央の食べ物屋台の前に設けられたテーブルで、ビールで盛り上がり、ブラジルフードを食べながらステージ見物が出来る。

00-BrazilFes main

00-P1120410.jpg

 昼食した店があるビルから眺めた会場の賑わい。

00-panorama 20170618-00

00-20170618 map

 なお、名古屋ブラジルフェスタは、日本で開催される2大ブラジルフェスティバルのひとつで、もう一つは7月15日(土)、16日(日)に東京・代々木公園で開催されるという。











〇 今日の一献 「徳川園の山車揃え」と「徳川園」に行ってきた


―― 江戸時代から続く山車の競演と尾張藩主の隠居所

● 「徳川園の山車揃え」
 毎年6月の第1土曜・日曜日に名古屋市東区の筒井町や出来町地区では、両地区にそれぞれある須佐之男神社の祭礼「天王祭」で、江戸時代から伝わる山車の曳き回しが行われている。

 近頃では、東区内にある徳川園に両地区から5両の山車が一同に会する「山車揃え」が行われ、江戸時代から伝わる豪華な造りの山車とからくり人形の演技が市民に披露されている。

00-P1110892.jpg

 当日の先着500人に配布された、特製ストラップ。

00-DSC09191.jpg

 筒井町や出来町地区から徳川園に集まった5両の山車
 筒井町天王祭の山車は神皇車(じんこうしゃ)と湯取車(ゆとりぐるま)の2両で、出来町天王祭の山車は、鹿子神車(かしかじんしゃ)、河水車(かすいしゃ)、王羲之車(おうぎししゃ)の3両。

00-DSC09208.jpg

 初夏の風物詩「徳川園の山車揃え」は、2005年(平成17年)の天王祭から開催されており、今年で13回目を迎え、8,000人の見物客で賑わった。

00-DSC09250.jpg

 新出来町の『鹿子神車(かしかじんしゃ)』
 4体のからくり人形が載り、唐子が逆立ちして太鼓を打つ演技をする。

00-DSC09270.jpg

00-P1110881.jpg

 山車の回転「どんでん」
 徳川園の広場に集合した山車は、からくり人形の演技後に方向転換してそれぞれの町に帰る。
 山車の前輪を浮かせて方向を180度回転させる「どんでん」は、山車を操る主役の楫方(かじかた)の腕の見せどころだ。

00-P1110884.jpg

00-P1110886.jpg

00-P1110897.jpg

00-DSC09353.jpg

 徳川園の正門、総ケヤキ造りの「黒門」(登録有形文化財)

000-IMG_20170607_0001.jpg

 NPO法人「東区山車まつり振興会」公式ホームページ
 http://higashiku-dashi.or.jp/



● 徳川園の初夏の風物は、、、、水の涼しさ
 「徳川園の山車揃え」を観に行ったついでに寄ってきた。
 名古屋市の都市公園の一つ「徳川園」は、もともと旧尾張藩二代藩主 徳川光友の隠居所「大曽根御屋敷」として元禄8年(1695年)に造営されたもので、1931年(昭和6年)に尾張徳川家から名古屋市に寄贈され、2005年(平成17年)になって総面積4.5haの池泉回遊式日本庭園として再整備されたものだ。
 なお、「徳川園」に隣接して旧尾張藩の宝物を展示する「徳川美術館」や藩の文庫だった「名古屋市蓬左文庫」がある。

00-DSC09178.jpg

 龍門の滝の上に架かる虎仙橋

00-DSC08999.jpg

 龍仙湖とレストラン・ホールのある「観仙楼」

0170604-panorama-01.jpg

 龍仙湖
 池泉回遊式日本庭園の「徳川園」には、この地方にある木曽山脈、木曽三川、伊勢湾や濃尾平野に見立てて、山、大曽根の瀧、渓流、龍仙湖、牡丹園、菖蒲田などが配置されている。

00-DSC09014.jpg

00-DSC09066.jpg

 菖蒲田
 1,700株が植えられた花菖蒲

00-DSC09043.jpg

00-DSC09093.jpg

00-DSC09112.jpg

 「虎の尾」の名のある深山幽谷を思わせる渓流

00-DSC09152.jpg

00-DSC09165.jpg

 ハクセキレイのつがい

 00-P1110902.jpg

 6つ葵の紋が付いた、徳川園の瓦屋根兵とタチアオイの花。

00-20170605 徳川園

 「徳川園」
 https://www.tokugawaen.aichi.jp/




〇 今日の一献 名古屋城の「菊花大会」を観に行ってきた

―― 当地方の菊愛好家の心意気と、息長い努力がしのばれる菊の展示会

 今年で69回目を迎えた名古屋城恒例の「名古屋城菊花大会」のご招待をいただいたので、久しぶりに菊花大会を観に行ってきた。

 今年が第69回というのは、この菊花大会が戦後間もない復興初期に始まったことになり、この地方の菊愛好家の当時の心意気とその後の息の長い努力とがしのばれ、今回も白や黄色の大輪の菊など450点の菊の名品が出品され、当地方の最大級の見応えのある展示会となっている。

00-DSC06325.jpg

 会場は、名古屋城内西之丸広場を中心に、「大菊」、「山菊」、「切花」の3部門で構成された450点が展示されている。

 この季節、全国各地でも菊の展示会が開かれるが、江戸時代後期に菊の栽培が盛んになった愛知県では、菊の生産量が全国の3割を占めるという有数の生産地でもあり、県下各地区で盛んに展示会が開催されている。

00-DSC06300.jpg
 
 尾張藩二代目藩主「徳川光友」と正室「千代姫」の菊人形
 菊の花期が長いことや花もちが良いことに着目した「菊細工」から始まり、顔を人形で作り、からだ全体を菊で飾った「菊人形」は、愛知県から明治20年ころには全国に広まったといわれる。

 今回展示されている正門や東門に飾られたこれらの菊人形も、愛知県高浜市の菊師が制作したという。

00-DSC06334.jpg

 管物といわれる大輪の糸菊の「千輪咲き」仕立て
 秋に挿し芽した苗から出た冬至芽を育て、一年をかけて半球形になるように花を並べて咲かせたもの。

001-DSC06307.jpg

001-DSC06314.jpg

 「大菊厚物」は、多くの花弁が中心に向かってこんもりと盛り上がった大輪の仕立て方

00-DSC06310.jpg

00-DSC06340.jpg

00-DSC06347.jpg

  山菊の部の盆栽仕立や懸崖仕立の並ぶ展示場

00-P1380404.jpg

 「盆栽仕立」は、形の良い岩や古木の上に苗をとりつけ、風雪にさらされた古木の風格と太く長い根の見事さを見せる仕立て方

00-P1380401.jpg

00-DSC06343.jpg

00-組写真 名城菊花展 20161115-00

 「名古屋城菊花大会」の開催は、11月23日(水・祝)まで。


〇 復元整備が進む本丸御殿(玄関・車寄)と大天守

 せっかく名古屋城へ来たのだから、本丸御殿と天守閣に寄ってきた。

 かつて名古屋城にあって、当時の国宝第一号に指定されていた本丸御殿は、惜しくも終戦間近の1945年(昭和20年)5月の空襲により天守閣とともに焼失したが、残された実測図を元に平成20年度から総工費150億円をかけた史実に忠実な復元整備が続けられている。

00-P1380518.jpg

 現在、玄関・表書院、対面所等の第2期整備までが完了して一般公開されており、平成30年度の全体公開に向けて上洛殿等の第3期工事が進められている。

00-DSC06356.jpg

 本丸御殿内部の復元障壁画など
 戦時中に襖絵、天井画などが疎開されていたことで、焼失を免れた原画を元に忠実な模写が行われている。

00-P1380432.jpg

 天守閣上の金のシャチ(北側の雄鯱)
 名古屋城は、大天守の屋根に黄金の板を纏った2.6mの巨大な雌雄の金のシャチ(鯱)を戴く全国でも珍しい城で、古くから「金鯱城」あるいは「金城」の異名を持つ名城だ。

00-DSC06376.jpg
 
 秋色の名古屋城大天守
 現在の大天守は終戦間近の空襲で焼失したものを、1959年(昭和34年)に鉄骨鉄筋コンクリート構造(SRC造)の外観復元天守として再建されたものだ。

 近年、天守閣の耐震性や老朽化か問題とされ再建の必要性が叫ばれており、総工費500億円(試算)をかけた木造による再建も検討されている。






〇 今日の一献 名駅西の『TSUBAKIフェスタ2016』に行ってきた

―― 「駅裏」のイメージを払拭する若者の街の新しいイベント

 10月29日(土)~30日(日)秋晴れの天候に恵まれて開催されたTSUBAKIフェスタは、名古屋駅西の椿神社のある中村区椿町界隈で行われ、今年で5回目とまだ若いイベントで、内容も若者向けのものが多く、若者たちや家族連れで賑わっていた。

 戦後から名古屋の駅西には大きな闇市があり、その後も雑多な紅灯の巷であったことから、名古屋人はこの地域を暗いイメージで長らく「駅裏」と呼び慣わしてきたが、新幹線が開通すると街の再開発が進み、近年新しくビジネスホテルや予備校、各種の専門学校などが相次いで立地するようになって、「名古屋駅太閤通口」と呼ぶ明るい若者の街へと大きな変化を遂げている。

00-DSC06135.jpg

 地区の道路の一部を歩行者天国にして盛り上がるTSUBAKIフェスタ

00-DSC06145.jpg

 多くのコスプレイヤーが集う
 コスプレ大会も開催され、ハローウィンの時期とも重なって、多くの参加者で賑わっていた。
 もともとアニメやコスプレ関連の店舗も多くあるこの地区は、彼らにとって親しみのある地区で、アニメーションの専門学校などが更衣室を提供していた。

00-DSC06166.jpg

 奇抜な衣装とメイクで着飾って非日常的な自己表現をしたコスプレイヤーは、それを多くの人に露出・訴求したいとの心理が強く働くのだろう、お願いすると、皆さん快く気軽にポーズをとって撮影に応じてくれた。
 
▲組写真 椿フエスタ-00-002

 思い思いのコスチュームで着飾ったコスプレイヤーの中には、名称やLINEのアドレスなどを記したプレートを立てて写真に納まる方々がいたが、後で調べてみると、SNSなどで情報交換や評価・人気ランク付けなども行われているようで、なるほどこの世界も奥が深いものがあると感心した次第だ。

00-P1370681.jpg

 女性メンバーが多い、和太鼓「ゆうぶ」の演奏

00-DSC06185.jpg

00-DSC06217.jpg

 駅西のアイドルグループ「dela」(デラ)のステージ公演
 「dela」(Delightful Enchanting Lovely Angels)は、2012年に誕生した愛知県・名古屋地域を中心に活躍する女性アイドルグループだ。

00-P1370709.jpg

 グループ名に違わず、楽しい魅惑的な美しい天使たちが舞台を所狭しと踊りながら歌い、熱狂的なファンたちが熱い声援を送っていた。

▲組写真 椿フエスタ-00-001

img_poster2016_.jpg

00-DSC06157.jpg

 近くにある県警中村警察署の協力を得た、パトカーや白バイの展示・試乗が行われていた。
 パトカーに乗せられることはあっても、白バイに乗る機会はないとあって、女性の試乗者が多かった。
 
00-DSC06197.jpg

 この地区の中心にある椿神明社も、ライブコンサートの会場になっていた。
 もともとこの地区には、今では埋められてしまった笈瀬川が南北に流れており、その川岸にこの社があって、境内にある大椿の林からこの名が付けられたそうだ。

00-DSC06199.jpg

 椿神明社ステージのライブコンサート
 愛の伝道師、魂のシンガーを自認する、京都長岡市出身のシンガーソングライター持田浩嗣がライブでハスキーの渋い声を聞かせた。

00-DSC06203.jpg

 椿の大木に囲まれた、神明社の拝殿と本殿

00-P1370738.jpg

 名古屋駅太閤通口のレジャービル街
 
00-P1370676.jpg
 
 椿町交差点と太閤1丁目交差点の間にある、東京IT会計・法律専門学校名古屋校のビルの2階には、ベランダから外を覗く3匹の大きな犬のオブジェがあって楽しい。(中村区椿町14-8)

00-P1370755.jpg

 太閤通口から見上げたJR名古屋駅






最新記事
カテゴリ
プロフィール

2011deko

Author:2011deko
でこちんの
  『いつか ありしこと。』
   のブログへようこそ!
(掲載写真は、クリックする
と、拡大写真になります。)

性 別:男性
住 居:愛知県
趣 味:ブログのカテゴリー

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
来場者数
検索フォーム
リンク