FC2ブログ

愛知県の祖父江ピーマンの収穫体験に行ってきた

  ―― 近藤園芸のハウス促成栽培のピーマン 

 幼友達の親族が経営する愛知県祖父江町の農園へ「ピーマンの収穫体験に行かないか?」とのお誘いの電話を受けて、珍しくも早起きをして友人たちと行ってきた。

000-P1300427.jpg

 今回訪れた近藤園芸は、ビニールハウスを使ったピーマンの促成栽培をしており、ミツバチによる受粉やテントウムシなど4種類の天敵昆虫などを利用した害虫駆除で、ホルモン剤や化学合成農薬の削減に取り組み、消費者に安心できる栽培品の出荷に努力しているという。

000-P1300423.jpg

 70aの農地に、4カ所のビニールハウス群を設け、1ヵ所につき8,000本のピーマンを栽培しており、各区画に分けて12月から7月中旬にかけて順次収穫・出荷している。

000-P1300409.jpg

 今回お呼びがかかったのは、普段の収穫が一段落して、次のサイクルに向けて苗の植え付け作業への整理前に、収穫を体験してもらおうと開放したものだった。

00-P1300411.jpg

000-P1300408.jpg

 収穫終期の現在、ハウス栽培のピーマンの丈は路地ものとは違って、見上げるほどに成長しており、ぶどう狩のように上を向いての収穫だったのには驚いた。

000-P1300413.jpg

 ハウスピーマンは、暖房・設備費などコストがかかるものの、路地ものに比べて皮・実 が柔らかく消費者好みとなり、外部遮断により、病・害虫からの保護などの栽培上の品質管理や天候に左右されない安定した出荷時期を調整できることなどが、大きな強みとなっているに違いない。

 また、病害防止のためには、収穫時に使うハサミさえ消毒を怠らず、天敵昆虫の保全のためには喫煙者をハウスに入れないなどの注意も徹底しているという。

000-P1300434.jpg

 せっかく来たのだからと、ご好意に甘えて、各人、用意していただいたダンボール箱一杯に収穫して家路に就いた。

 おかげで帰ってから、向え3軒両隣に留まらず、遠方にまでお裾分けして、みなさんに喜んでいただくことができた。

000-P1300446.jpg

 ところで、ピーマンの赤くなったものを、「辛いのではないか。」とか、「古いのではないか?」とかいって、一般に忌避する傾向があるようだ。
 だから生産者は出荷しないし、商品として売り場でも見かけることはない。

 しかし、ピーマンは熟してくると赤くなり、かえって甘さも増してくることを、私たちは単に良く知らないだけだ。
 近頃では、ピーマンの親玉みたいな大味の赤や黄色のパプリカが広く認知されてきているが、それといっしょだと思えばいいのだろう。

 今回、別に収穫してきた熟した赤いピーマンは、聞いたとおり、なるほど甘くておいしく、サラダやチャーハンに入れて色取り効果もあって、おいしくいただくことができた。


 ピーマンの生産及び販売
 「近藤園芸株式会社」
   愛知県稲沢市祖父江町両寺内83
   http://kondo-engei.co.jp/our.html



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カテゴリ
プロフィール

2011deko

Author:2011deko
でこちんの
  『いつか ありしこと。』
   のブログへようこそ!
(掲載写真は、クリックする
と、拡大写真になります。)

性 別:男性
住 居:愛知県
趣 味:ブログのカテゴリー

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
来場者数
検索フォーム
リンク