FC2ブログ

維新で破却された南信州飯田城の痕跡を訪ねて その2

  ―― その2 いよいよ城の核心 本丸と山伏の丸へ

 二の丸から冠木門を通り枡形を抜けると本丸への入り口、本丸御門(一ノ門)があった。

 この通路を除き、二之丸と本丸との間には、南北に防御のための堀切があり、いまでは北部分は埋められて道路が通るが、南部分には橋が架けられ、まだ残された深さ10m、幅15mほどの巨大な堀切を見ることができる。
 
00-P1260466_2019060717213178a.jpg

00-P1260463.jpg

 南の堀切
 右が二の丸、左が本丸で、巨大な堀切は段丘の下まで続いている。

● 「本丸」と柳田國男館や長姫神社

 本丸御門(一ノ門)をくぐった本丸は、北側には石垣が設けられ、周囲には白壁の塀が巡り、南と北東には物見櫓が建てられていた。ここには藩主の本丸御殿(412坪)があり、本丸の敷地のほとんどを占めていた。

 現在は長姫神社や柳田國男館、日夏耿之介記念館などが建てられている。

04-飯田城跡開墾の図-本丸00

 「飯田城外廓開墾之図」に描かれた「本丸」

00-飯田城の復元illustのコピー

 飯田城本丸御殿と山伏丸の復元図

00-P1260479.jpg

 柳田國男の胸像プレートがはめ込まれた、柳田國男館の入口
 日本民俗学の創始者・官僚であった柳田国男が、1927年に東京都世田谷区成城の自宅書斎として建てた「喜談書屋」を移築したもの。

00-DSC09378.jpg

 柳田國男館
 イングリッシュ・コッテージの木骨様式の建物の館内では、柳田の著作や民俗学資料の展示、柳田と飯田のかかわりなどを紹介している。
 平成28年国の登録有形文化財に登録された。

 柳田國男(旧姓松岡)は、明治8年、兵庫県田原村の医者の六男に生まれ、東京帝国大学法科を卒業し農商務省農務局農政課に勤務。明治34年、元飯田藩士の柳田直平(大審院判事)の柳田家の養嗣子として入籍し、柳田姓となった。明治37年に、柳田直平の四女・孝(17歳)と結婚。

00-DSC09384_20190607172140de7.jpg
 
 北側には、二の丸から本丸にある長姫神社まで直線道路が整備されている。

00-DSC09382.jpg

 長姫神社の西の鳥居

00-DSC09381.jpg

 西鳥居の左右に立つ石灯籠のうち、右の石灯籠の台座には寄進した柳田國男の名前が彫られている。

00-P1260483.jpg

 石灯籠の台座に寄進した者に混じって柳田國男の名前も見える。

00-P1260519.jpg

 長姫神社の本殿
 「ご三霊さま」の異称をもつ長姫神社は、飯田藩主の堀氏の系譜、堀秀政、堀親良、堀親昌の歴代の霊を祭神として祀る。
 もともと山伏丸に置かれていたが、その後城内を遷座しながら、ようやく明治33年(1900年)になってこの地に社殿が建てられ鎮座した。

● 「山伏丸」と温泉ホテル 三宜亭本館

 本丸の埋門の先、段丘の最も東の先端にある曲輪が山伏丸で、坂西氏がこの地に初めて城を築く前までは山伏の修験場であったことから、この名が付いたといわれる。
 それだからか、山伏丸から段丘を少し下ったところに熊野権現が祀られていた。
 曲輪の周囲には白壁の塀が巡らされ、南西と北東の隅に櫓があり、番所や御蔵(武庫)が建っていた。

 飯田城で最も眺めがよく、遠くに伊那山脈と南アルプスを望むことができ、現在は、温泉ホテルが建っている。

05-飯田城跡開墾の図-山伏丸00

 「飯田城外廓開墾之図」に描かれた「山伏丸」

00-P1260494.jpg

 温泉ホテル 三宜亭本館
 明治の廃藩置県後に山伏丸の土地が払い下げされ、料亭・旅館が建てられた。
 平成7年になって深度1,300mからの天然温泉の出湯に成功し、現在は飯田城址の高台に建つ“天空の城 三宜亭本館”として営業している。

00-P1260484.jpg

 山伏丸から眺めた、北の谷川の向こうの段丘

00-DSC09366.jpg

 山伏丸の先端から眺めた、東方段丘崖の下。

00-panorama 20190426 飯田城山伏丸00

 飯田城の中で最も眺めがよく、手前に谷川が流れ、遠くには伊那山脈と南アルプスを望むことができる。

● 飯田城址の雑感

 飯田城は南信州の政治経済の拠点として、河岸段丘の天然の堅固な要害に守られ、中世から近世まで拡張・整備されながら長きに渡って存続してきた城だった。

 しかし、現在この城域にはこれまで観てきたように、唯一残る桜丸御門(赤門)のほかには往時を偲ぶ石垣や堀・土塁といった曲輪の遺構を見ることはできない。
 
 外様小藩で江戸時代を通して財政に窮してきた飯田藩主の堀家は、小藩生き残り策の結果幕閣を出すなど幕府中枢にあって4代の将軍に仕え、譜代となったものの出費を重ねた。
 幕末動乱期には、第11代藩主 掘親義は、京都治安維持責任者の一人、京都見廻役に任じられたことで、薩・長倒幕派の恨みも買っていた。
 これが災いし藩主の無策もあってか、明治新政府下の廃藩置県の折には、城内の全ての堀の埋立てを始め、建物や立木・石垣の解体・払い下げや破却が徹底して行われ、城の遺構は消し去られた。
(この時の払い下げなどによって、市内には城内にかつてあった二の丸の御門(市内の個人宅)、家老安富家の屋敷門(経蔵寺山門)、桜丸西門(雲彩寺山門)が今に残る。)

 また、江戸期の城下町の風情を残し、南信州の小京都といわれた城下の町並みも、1947年(昭和22年)に発生した飯田大火により市街地の8割(22万6千坪)を焼失させ、焼失家屋4,011戸、被災者は17,800人に及んだといわれている。

00-DSC09407.jpg

 ところで、飯田城には、もともと天守閣が有ったという議論がある。
 江戸初期に描かれた絵図には天守の存在は認められないから、もともと無かったというのが通説だ。
しかし、現存する古文書などから、江戸期以前の10万石を領した織豊系大名の支配の時代には、他国の例と同じく城には当然天守が建てられていたはずだとの説があり、松本藩へ転封された小笠原秀政が、松本城乾子天守の部材として運んだ(距離90km以上)という記録も残るが真偽のほどは不確かだ。
 
 近世の城郭には規模の大小は別にせよ、城の中核施設である天守閣は付き物となっており、ここは、やはり飯田城にも有ったと思いたいところだ。
 この場合、天守閣は眺望の良い先端の山伏丸の南角にあって段丘下を睥睨していたが、三の丸の拡張と城下町の整備が進められる過程で、段丘先端に向かって高度が低下する地形では、整備後の城下町から見た天守はもはや役割を終えたものとされた。
 そして天主台に使われていた石材や土砂は、本丸北部分の石垣造成に再利用し曲輪が拡張され、部材も御殿などの整備に使われたにちがいないと、勝手な推測をしてみるのも楽しい。
 (各地点の海抜:飯田駅512m、中央交差点491m、本丸482m、山伏の丸480m、崖下の水の手交差点435m)

 だから、現在の飯田城には天守閣はない。
 しかし、中央自動車道飯田ICを降りて国道153号線を東に進んだ左手に、「お菓子の里 飯田城」の天守閣が聳え立ってるのが見える。

 この建物は諏訪の高島城の天守を模したもので、中は「赤飯饅頭」などのお菓子工場と売店になっていて観光バスが必ず立ち寄る。

P1410936_20190607173530aa0.jpg

 「お菓子の里 飯田城」の天守閣
 以前、さくらんぼ狩に観光バスでこの地方を訪ねたときに立ち寄った。





コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カテゴリ
プロフィール

2011deko

Author:2011deko
でこちんの
  『いつか ありしこと。』
   のブログへようこそ!
(掲載写真は、クリックする
と、拡大写真になります。)

性 別:男性
住 居:愛知県
趣 味:ブログのカテゴリー

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
来場者数
検索フォーム
リンク