FC2ブログ

南信州 飯田の川本喜八郎人形美術館を訪ねて

  ―― 独創的な人形たち(puppet)が奏でる美しい人形劇の世界を観た

 江戸時代、幕府は財政の緊縮や社会の安寧のためと称して、江戸や上方では、しばしば庶民にも質素倹約を求め歌舞音曲などの芸能の禁止令を敷いてきた。また、時々の時代によっては、芸能への人気の流行・廃りによってもその盛・衰が左右されることもあった。

 こうした時期には、いままで江戸や上方で活躍していた場を失った芸人たちは、比較的禁令のゆるかった各地方や芸能文化を渇望する地域などへ食い扶持を求めて旅芸人となって下っていった。 
 
 遠州街道や三州街道(飯田街道)などの街道によって、普段でも上方の伝統文化を取り入れてきた南信州の中心地、飯田やその周辺には、300年以上の昔から人形浄瑠璃が定着し、黒田人形、今田人形(飯田市)、早稲田人形(下伊那郡阿南町)、古田人形(上伊那郡箕輪町)といった人形芝居の歴史がいまに伝わっている。

 こうした土壌のある飯田市では、近年、毎年8月の上旬には、国の内外から様々なスタイルの人形のプロ劇団からアマチュア・学生劇団までが参加する、日本最大級の人形劇の祭典「いいだ人形劇フェスタ」(国際児童年の1979年から開始)が開催されている。

 今回この町を訪れ立ち寄った「川本喜八郎人形美術館」は、そんな人形劇に縁の深い飯田市の中心部に建つ新しいビルの中にあった。

00-P1260560.jpg

 「川本喜八郎人形美術館」の入り口
 川本喜八郎人形美術館」は、川本喜八郎が制作担当し1982年10月から84年3月までNHKテレビで放送して大人気となった『人形劇 三国志』で使われた人形80体を中心に、アニメーション人形など総数200体の貴重な人形が収蔵され、展示が行われている。

00-DSC09413.jpg

 2階のエントランスホールには、主君の劉禅に奉った上奏文、「前出師表」の竹簡を背に、『人形劇 三国志』の蜀の宰相、諸葛孔明の等身大の木目込み人形が出迎えている。

00-DSC09431.jpg

 3階の常設展示場内の展示作品は撮影禁止とされているので、この人形は開館にあわせて記念撮影用に制作された。

 (この後、常設展示場で観ることになる諸葛孔明の人形は、制作者が気が済むまで何度も手直しをしたものといわれ、特にその容貌は鬼気迫る出来に感じられた。)  

00-三国志人形劇ポストカード

 『人形劇 三国志』の関羽と張飛を従えた劉備の人形
 (人形美術館のポストカードから)

00-川本人形美術館-01

 3階の常設展示場内の展示状況
 (人形美術館の紹介画像から)  
 
00-川本人形美術館-02

 NHKテレビ番組『人形劇 三国志』で使われた人形たち
 (人形美術館の紹介画像から) 
 人形たちの衣装は、新しく人形用に染められたものではなく、あえて一体ごとに探し出した古布を使って精巧に制作されており、その深みが美しくリアリティをより高めている。

 00-DSC09426.jpg

 3階のホワイエ
 川本喜八郎の年譜や人形の制作過程などを展示している。   

00-DSC09429.jpg

00-DSC09420.jpg

 川本喜八郎(1925年~2010年)
 東京都渋谷区千駄ヶ谷に生まれ育ち、人形美術家・アニメーション作家としてNHK人形劇『三国志』や『平家物語』などの人形美術を手がけたのをはじめ、世界的にも活躍し、人形たちの美しさと動きが多くのファンを魅了してきた。

 飯田市で1990年に開かれた人形フェスティバルに初めて参加し、以来何度も訪れ土地の人々との交流を通じて、この地が「人形たちが生きている一番ふさわしい場所」と認め、飯田市に寄贈した人形たちを基に2007年に「川本喜八郎人形美術館」が開設した。
 
 なお、生地の東京都渋谷区の渋谷ヒカリエ8階には「川本喜八郎人形ギャラリー」があり、『三国志』や『平家物語』の人形40体ほどを展示している。 

00-DSC09417.jpg

下から動かす棒づかい人形
 人形の頭(かしら)につけた胴串を下から支え、人形の手足につけた細いつかい棒(針金)によって操作する。これにより、表情豊かな表現が可能となっている。

 川本人形の特色は、重量のある木や粘土ではなく、粘土原型から取った石膏の型に和紙を貼り付けて作成した軽い頭だが、着色や質感を高めるために表面を薄い羊皮で覆っているところだ。  

 また、頭表面に薄い羊皮を使ったことで、羊皮の伸縮によって「語り人形」の動く下あごの溝を隠す効用もある。  

 しかし、文楽の人形とは異なり、一体を下から支えて一人で演ずるために頭などの軽量化が図られているものの、それでも豪華な衣装などを合わせるとかなりの重量となり、操作する人形操者の負担は大きいと思われる。
 
00-P1260563.jpg

 「川本喜八郎人形美術館」
 飯田市本町1-2
 JR飯田駅・高速バス飯田駅前から徒歩12分

 今回の展観には、当館を管理・運営する特定非営利活動法人「いいだ人形劇センター」のS女史にアテンドいただき、当方の素朴な問いにも適切な解説をいただいたことに感謝している。

00-P1260549.jpg

 古い民家を活用したカフェ「ひらのや」
 昼食は、人形美術館のすぐ隣にレトロ調の民家を活用して整備した飲食街、「並木横丁 いこいこ」にあるカフェ「ひらのや」で、カレーセットやサンドパンセットのランチをパートナーとともに楽しんだ。

00-DSC09410.jpg

00-DSC09408.jpg







コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カテゴリ
プロフィール

2011deko

Author:2011deko
でこちんの
  『いつか ありしこと。』
   のブログへようこそ!
(掲載写真は、クリックする
と、拡大写真になります。)

性 別:男性
住 居:愛知県
趣 味:ブログのカテゴリー

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
来場者数
検索フォーム
リンク