FC2ブログ

〇 今日の一献 春爛漫の京都・嵐山をてんこ盛りで楽しむ その3

―― 保津川渓谷の観光トロッコ列車に乗る

 嵯峨野観光鉄道のトロッコ列車は、JR山陰線の複線化によって使われなくなった保津川渓谷沿いのルートを平成3年(1991)に観光路線として復活させた路線で、いまや年間100万人の観光客で賑わう。

 トロッコ嵯峨駅からトロッコ亀岡駅間7.3kmを、平均時速25kmのゆったりした速度で、保津川渓谷の景観を楽しみながら25分で結んでいる。

 この日は、トロッコ嵐山駅から乗車した。

00-DSC08778.jpg

00-DSC08788.jpg

 トロッコ嵐山駅はホームと駅の高低差が大きく、60段の階段で谷底の路線・ホームへ降りる。

00-DSC08800.jpg

00-P1240732.jpg

 トロッコ亀岡駅寄り先頭車を先にして、列車がホームに入ってくる。
 この路線には動力車の付け替え設備がないので、トロッコ亀岡駅方面へはトロッコ嵯峨駅寄りにあるDE10形ディーゼル機関車1104号機がトキ25000形貨車を改造したアールデコ調の5両編成のトロッコ客車を押している。

00-P1240727.jpg

00-DSC08770.jpg

 並行する山陰本線の列車が通り過ぎる。

00-DSC08804.jpg

 峡谷の眺めを楽しみながら列車が走る。
 景観の良いところでは列車は徐行し、観光案内もアナウンスされる。
 この路線は外国人観光客にも人気が高く、年間の乗客の1/3を占めるといわれる。

00-IMG_5433.jpg

00-IMG_5429.jpg

00-IMG_5440.jpg

 観光客で満席のトロッコ客車内
 手前の和服姿の女性たちは、中国語で話をしていた。

00-P1240737.jpg

00-P1240736.jpg

00-DSC08813.jpg

 トロッコ保津峡駅ではサービス停車する

00-DSC08834.jpg

 終点トロッコ亀岡駅で下車し車で帰る。
 この駅のある亀岡市は明智光秀が治めた亀山城の城下町で、保津川下りの乗船場や湯の花温泉郷などの観光地でもある。

00-嵯峨野トロッコ列車の路線案内図

 嵯峨野トロッコ列車の路線案内図


(了)




テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カテゴリ
プロフィール

2011deko

Author:2011deko
でこちんの
  『いつか ありしこと。』
   のブログへようこそ!
(掲載写真は、クリックする
と、拡大写真になります。)

性 別:男性
住 居:愛知県
趣 味:ブログのカテゴリー

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
来場者数
検索フォーム
リンク