FC2ブログ

〇 日本光学製ニッコールレンズの付いたアイレスフレックスZ型

〇 日本光学製ニッコールレンズの付いたアイレスフレックスZ型

―― 希少なニッコールレンズの神話をまとった二眼レフカメラ

 戦後、爆発的に発生した二眼レフカメラのブームの下で、既存・新興カメラメーカーがこぞって二眼レフを発売した中にあって、それまでの兵器中心から民生用光学機器製造への転換中だったためか、結局わが国の二大光学機器メーカーのキャノンと日本光学(ニコン)だけは二眼レフを製造することはなかった。

 しかし、先に八陽光学工業のアルペンフレックスのアルポレンズの硝材を提供した実績があったからか、ニコンは唯一、アイレス写真機製作所にレンズを供給し、1951年に発売された同社のアイレスフレックスZ型には、テッサータイプのNIKKOR-Q.C 75mm F3.5レンズが装着されていることで有名だ。

 当時のニコンが製造するニッコールレンズは、本家ドイツのツァイス・レンズよりも優秀との人気があり、二眼レフカメラの販売競争で優位に立ちたいアイレスにとっては、ニッコールレンズは自社製品をアピールするには格好のレンズだったろうと思われる。

000-IMG_3623.jpg


● 分解・整備に着手する

 今回我が家へやってきたニッコールレンズの付いたアイレスフレックスZは、60年以上の年月を経て、カメラ本体の前面、両サイドの貼り皮が剥がれ、絞り・シャッターなどの動きも不安定で、何より2つの撮影・ビューレンズも汚れが目立つ老兵だったから、迷うことなく分解整備に着手することにした。

00-P1120826.jpg

 現在の工業製品の多くがそうであるように、当時の精密光学機器であるカメラも、自社でデザイン・設計した本体に、定評のあるレンズやシャッターの供給を得てアセンブルしたものが多い。もっとも、本体もローライコードⅢ型のコピーではあるが、、、、。

00-P1120858.jpg

00-P1120847.jpg

 レンズカバーをはずすと、この機体にはセイコーシャのラピッド・シャッター(コンパーラピッドの完全コピー)が、そのまま現れた。

00-ニッコールレンズ付きアイレスフレックス-00

 撮影レンズ、 NIKKOR-Q.C 75mm F3.5のエレメントの構成図。
   テッサータイプの3群4枚。
 ビューレンズ、View-NIKKOR 75mm  F 3.2のエレメントの構成図。
   トリプレットタイプの3群3枚。

 それぞれ単層コーティングがされている。

00-P1120872.jpg

 カメラの肝は、やはりレンズで、クリーンアップしたNIKKOR-Q.Cレンズは美しい。

00-P1120818.jpg

 ビューレンズ、View-NIKKOR 75mm  F 3.2

 レンズを供給するに当たって自社製品に絶対的自信と誇りを持つニコンは、ニッコールレンズの性能が遺憾なく発揮されるように、カメラ本体を製造するアイレス写真機製作所に対して、製品精度についての様々な条件を要求したようで、アイレス側も製造・検査工程の見直しを行うなどして応えたため、以後のアイレス製品全般の品質が飛躍的に高まったといわれる。

 今回の分解・整備でも、前面レンズカバーなどを開けてみると、撮影・ビューの2つのレンズが載った繰り出しベースを留める4本のビスにはシーリングがされており、レンズ装着に当たってコリメーターなどによるピント調節・検査が行われていた形跡がある。
 (これらの話題については、後掲の『写真工業』ニッコールレンズの特集「ニッコールレンズ付アイレスフレックス」に詳しい。)

 ニコンの要請によって品質・精度を高めて満を持して発売されたアイレスフレックスZの発売時の価格は42,000円と、当時の二眼レフカメラの中ではかなり高価なものとなったのはいたしかたない。

 しかし、不思議なことに、このカメラにはレンズを通った光がフィルムに届くときにフィルム室内で反射する迷光の影響を減らし、よりコントラストの高い画像を得るための工夫として、高級カメラには付き物のバッフルが備わっていない。
 発売当時の値段が6,800円と、簡易・廉価の二眼レフカメラとして大衆に人気の高かったリコーフレックスにさえ、後期機種のフィルム室には気休めにしか見えないもののバッフルのための溝が備わっているのだから、これはどうしたことだろうかと残念で考え込んでしまう。

 せっかくニッコール付きのカメラを手に入れたものの当時の所有者にもこの不満はあったようで、近頃見つけるアイレスフレックスZの中には、好事家の手で黒画用紙や植毛紙でバッフルを自作したものや、蛇腹カメラの蛇腹をそのままフィルム室内に取付けたものさえ散見されるほど、涙ぐましい努力の跡が残る。

 ところで、ニコンからのレンズ供給は、アイレスの求める数には十分ではなかったようで、1952年以降にはズイコーレンズやコーラルレンズ付きのものが廉価で発売された。
 こうした経緯から、ニッコールレンズ付アイレスフレックスの希少価値は高く、いまではニッコールレンズの神話と相まって、中古市場では強気の値段で流通している。


● 整備を終えて

 ともあれ、早々に最小限の整備を終えて化粧しなおすと、精度は別にしてもそれなりの姿かたちの見てくれや機能を回復するのが、アナログ機器のよいところだ。

00-P1120883.jpg

 この時代のアナログ金属カメラには、その質量と質感を眺めて楽しむという、現代のプラスチック・ボディーのカメラにはない楽しみ方ができる。

00-P1120889.jpg

 またコンピュータ設計による理想的なレンズを備え、ボタンを押せば必ず写る現代のカメラに比べ、器械計算機で設計した不完全なレンズであることを知りながら、フイルムの感度に思いをはせ、光をどのように与えてやればよいかに少しの葛藤を覚えつつ己が一番適当と思われる絞りやシャッタースピードを決定し、ピントを合わせてから、ままよとばかりやおらシャッターを押すのがこの時代のカメラの撮影作法だ。

 そして、最後にフイルムが現像から上がってくるまでの、期待感の混じった身を揉むような焦燥と忍耐の時間を経て、ようやく手にする自分なりの珠玉の一枚の画像は快感に変わる、、、。
 これも、アナログカメラのマゾ的楽しみ方かもしれない。

00-P1120885.jpg

 手元にあるアイレスフレックスZ型
  左は、ズイコーレンズ(3群4枚構成)付き(1952年6月発売 33,000円)
  右は、ニッコールレンズ(3群4枚構成)付き(1951年9月発売 42,000円)

 かくして、わたしの愛でるアナログカメラの数は増殖していくことになる、、、、。


● ニッコールレンズ付アイレスフレックスZの資料

 『写真工業』
  ニッコールレンズの特集「ニッコールレンズ付アイレスフレックス」
 
00-ニッコールレンズ付きアイレスフレックス-01

00-ニッコールレンズ付きアイレスフレックス-02

 アイレスフレックスのブローシャー
 Z型に付けられたレンズによって値段が違った。
   ニッコールレンズ(3群4枚構成)付き 42,000円
   ズイコーレンズ(3群4枚構成)付き 33,000円
   コーラルレンズ(3群3枚構成)付き 30,000円

アイレスフレックス00

 アイレスフレックスの広告
  ニッコールレンズ付きの新製品Z型が、近く発売されることを予告する広告。


195110fzs.jpg


(参考)
〇 今日の一献 アイレスフレックス Z型とオリンパス・ズイコーレンズ
―― AからZのイニシャル名のうちの(仮の)最初のカメラ
  http://2011deko.blog.fc2.com/blog-entry-394.html



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カテゴリ
プロフィール

2011deko

Author:2011deko
でこちんの
  『いつか ありしこと。』
   のブログへようこそ!
(掲載写真は、クリックする
と、拡大写真になります。)

性 別:男性
住 居:愛知県
趣 味:ブログのカテゴリー

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
来場者数
検索フォーム
リンク