〇 今日の一献 郷土戦国武将の故事を訪ねて 清須城へ行ってきた

―― 桶狭間の戦い、清須同盟、清洲会議、清洲越しなどの歴史の舞台となった城

 冬休みでやって来た、武将・歴史好きの孫とともに清洲城へ行ってきた。
 昨年の夏休みには、郷土戦国武将の故事を訪ねて名古屋城、犬山城、岡崎城などを訪れたが、今回は年末に、わが家の近くの秀吉・清正の生誕地である中村公園にある豊国神社や寺々などを巡ったのだった。

 ご存知のとおり、清洲城は織田信長が那古野城からここに移り、小牧城へ移る前の10年間居城とした城(清洲古城)で、1560年(永禄3年)の桶狭間の戦いにはこの城から出陣している。

 また、1562年(永禄5年)の家康との同盟の盟約、「清須同盟」、1582年(天正10年)の本能寺の変で信長が倒れた後の織田家の跡目相続会議、「清洲会議」、関が原の戦い後の1607年(慶長12年)には、家康の九男、後の尾張藩祖の徳川義直が入城するなど、歴史上の重要な舞台となった。

00-P1180725.jpg

00-P1180736.jpg

 馬を駆って馬上から弓を射る、天守内の信長像

00-P1180744.jpg

 天守最上階から見下ろすと、眼下に五条川が流れ、赤い欄干の大手橋が架かる。
 本来の清洲城の位置は川の対岸にあり、新幹線の左手の清洲公園(二の丸)から右(本丸・北曲輪)にかけて曲輪が続いていたとされる。

清須城曲輪1_jpg

 後期清洲城と城下町の復元ジオラマ

 清須会議の後、この城は次男織田信雄が相続し、2重の堀、大天守・小天守などが造営(後期清洲城)されたが、度重なる五条川の氾濫に悩まされる。

 大阪方の備えとして、水攻めを怖れた家康は、東方にある高台の広い名古屋台地に名古屋城と城下町を建設し、1609年(慶長14年)に人も物も全て町ぐるみの移転、「清洲越し」が行われると、この城は廃城となり町は廃墟となった。
 (江戸時代になって街道が整備され、ひとや物流が活発になると、清須の宿として復活する。)

00-P1180745.jpg

 かつての清洲城の曲輪域を貫いて新幹線が走る。

00-panorama 20180107 清洲城から-01

 天守から東方8kmの、「清洲越し」先の名古屋の城下町を望む。

00-P1180775.jpg

00-P1180777.jpg

 天守などの文献資料が乏しく、現在あるのは旧清洲町の町制100周年を記念して、平成元年に京都の伏見城を参考に桃山時代の城を想像しながら再建された模擬天守だが、それでもその姿には力が篭められ堂々として美しい。

 なお、後期清須城の曲輪の研究については、鈴木正貴著『後期清須城本丸考』愛知県埋蔵文化財センター研究紀要 第13号(2012年.5月)に詳しい。

00-1303suzu.jpg

 後期清須城本丸周辺の想定復元図
 『後期清須城本丸考』から

清須城曲輪2_jpgのコピー

 ● 清洲城
 愛知県清須市朝日城屋敷1番地1
 休館日:月曜日〈休日の場合は直後の平日〉、12月29日から31日
 ただし、桜の花見期間・清洲城信長まつり期間は開館








コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カテゴリ
プロフィール

2011deko

Author:2011deko
でこちんの
  『いつか ありしこと。』
   のブログへようこそ!
(掲載写真は、クリックする
と、拡大写真になります。)

性 別:男性
住 居:愛知県
趣 味:ブログのカテゴリー

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
来場者数
検索フォーム
リンク