〇 今日の一献 養老鉄道で行く 津屋川堤の彼岸花

―― いま見ごろ 岐阜県津屋川堤の彼岸花
  
 津屋川堤の彼岸花が見ごろだと聞いてきたパートナーの勧めで、午前中の予定をきっちりとこなした上で、一緒に出かけた。
 津屋川堤へは、単線運転の桑名行き養老鉄道で、大垣から養老駅の次の駅「美濃津屋」で降りて徒歩10分。

● 第三セクターの養老鉄道
 養老線は、揖斐川流域西側を縦断する路線で、岐阜県と三重県を直結する唯一の鉄道路線で、三重県桑名市の桑名駅を起点に大垣駅まで来て、一旦乗り換え、スイッチバックして、岐阜県揖斐郡揖斐川町の揖斐駅まで続く57.5km、27駅の路線で、全路線ワンマン運転がされている。

00-P1130856.jpg

 発車を待つ大垣駅から桑名方面行きの列車
 2両編成の特別塗装の「養老改元1300年祭記念列車」610系D12編成(モ612+ク512)の先頭車両
 今年(2017年)、岐阜県養老町では、奈良時代の元正天皇による養老行幸と養老改元の故事以来1300年にちなみ、『養老改元1300年祭』を行っている。
 養老鉄道では、このイベントにあわせ、3月から12月23日まで記念列車の特別運行を実施しており、今回、幸運にもわたしたちはこの列車を利用することになった。

00-P1130855.jpg

 記念特別列車の後部車両

00-P1130861.jpg

 大垣駅から揖斐方面行きの列車

kankou-rosenz.jpg

 養老鉄道は、桑名駅から大垣駅まで来て、スイッチバックして揖斐駅まで続く、57.5km、27駅の路線。

 もともと養老線は、近畿日本鉄道(近鉄)の路線として運営されていたが、貨物輸送の減少、国道258号が整備され自動車交通量が増えたこと、少子化、高齢化による利用者の減少など、経営状況の悪化により、近鉄がこの路線運営の継続を断念したため、代わって沿線各市町等が出資して2007年2月に設立された養老鉄道に移管され、運営されている。

00-P1130864.jpg

 「養老改元1300年祭記念列車」610系D12編成(モ612+ク512)の運転席

00-P1130888.jpg

 「サイクルトレイン」のマーク
 養老鉄道では、沿線のサイクリングを楽しむサイクリング愛好者や地域の利用者の利便を図るため、電車内に無料でそのまま自転車を持込できる「サイクルトレイン」を運行している。
 「サイクルトレイン」の場合、列車の前・後部に自転車をイメージ化した円形のヘッドマークが取り付けられている。

00-P1130862.jpg

 「サイクルトレイン」は、土曜日と休日のすべての列車と、一部時間帯を除く平日9時頃~15時頃までの指定列車で、桑名駅を除く、播磨から揖斐間のすべての各駅で可能で、この日もサイクリング愛好者の姿が目立った。

00-P1130872_20171012014325c6f.jpg

 単線運転のため、駅の停車時に往きちがう列車。

00-P1130881_2017101201460760c.jpg

 養老線は、最高速度:65km/h(表定速度:43.7km/h)で運転されている。
 この季節、路線の傍らに咲く彼岸花の赤が目を引く。

00-P1130900.jpg

00-DSC00261.jpg

 「美濃津屋駅」(みのつやえき)に到着・下車する。
 大垣駅から8駅目の美濃津屋駅は、岐阜県海津市南濃町津屋借畑にある。
 
00-P1130904.jpg

 美濃津屋駅は1919年(大正8年)開設の相対式2面2線のホームを持つ行違可能な無人駅で、駅舎はなく、直接ホームに入る。通学・通勤の利用客は316人/日。

00-DSC00465.jpg

 美濃津屋駅を発車する610系通常列車
 養老鉄道は、1992年に登場した南大阪線6000系車両を養老線用に転属・改造したもので、当初からトイレは設置されていない。

00-DSC00474.jpg

 美濃津屋第1踏み切り周辺

00-P1130913.jpg

 踏切があることを示す交通標識
 いまや煙を吐いて走るSLは、姿を消して久しいが、いまも踏切の標識は昔のままだ。
 新しい標識は、電車が描かれているが、ここでは懐かしいSLだった。


● いま見ごろ 岐阜県津屋川堤の彼岸花

 養老山地から流れ出た津屋川の東堤の3kmにわたり、10万本の彼岸花が植えられ、いま見ごろを迎えていた。
 (岐阜県海津市南濃町内 津屋川河畔)

00-DSC00394.jpg

00-DSC00264.jpg

 養老山地を背景に、水辺に生えるマルバヤナギ(アカメヤナギ)の緑と彼岸花の鮮やかな紅の色のコントラストが美しい。

00-DSC00442.jpg

00-DSC00433.jpg

00-DSC00338.jpg

00-P1130962.jpg

00-panorama20170924-01 彼岸花-美濃津屋川

00-P1130974.jpg

 現地の案内看板によると、下流の小橋の辺りでは6月にホタルの発生も見られるという。
 
00-P1130975.jpg

00-DSC00456.jpg

 
 帰り道に出会った農家のおじさんに、この地の話を聞いたりしていたら、わざわざ名古屋から来てもらったと、冬瓜と南瓜の重いお土産までいただいてしまった。

00-P1130922.jpg

00-P1130920.jpg

00-P1130906.jpg

 旧南濃町の汚水マンホールの蓋
 中央に「なんのう」の「な」を図案化した旧海津郡南濃町の町章。その周りの3本の線は、木曽三川。周囲にスポーツをしている人をデザインしている。


● 還りも養老鉄道で
 
 帰りは、養老線の桑名駅まで出て、そこから近鉄で名古屋へ帰れば三線利用となるがとも考えたが、帰着時間が遅くなるのを考慮して、また来たルートの大垣経由で帰ることにした。

00-P1130996.jpg

00-DSC00485.jpg

 再び美濃津屋駅に入ってきた、記念特別列車に乗車する。

00-DSC00492.jpg

 「養老駅」
 美濃津屋駅の次は、養老町内にある養老の滝などの観光施設で有名な養老駅。
 駅舎の天井からは、養老の滝の故事にちなむ多くの「ひさご」が釣り下がる。

00-DSC00510.jpg

 養老駅でも列車の行き互いが行われる。
 養老線の銘銘の元になった養老駅は、旧養老線の池野 - 養老間開通時に、終着駅として1913年(大正2年)に開業している。
 単式・島式の複合型2面3線を備え、行違・折返可能な有人地平駅で、列車別改札を行っている。

00-DSC00524.jpg

 「神明宮」の幟が上がる、田んぼの中にある、ほのぼのとした村社。
 日が傾き、列車の影が水田に落ちる。

00-DSC00516.jpg

 烏江駅付近の高架区間からの眺め
 烏江駅付近では、揖斐川の二つの支流の堤防を渡るために、養老線のこの区間だけが高架になっている。

00-panorama20170924 養老鉄道大垣駅

 西日の低く傾いた大垣駅に到着。

00-P1130837.jpg

 「OKBトレイン フルラッピング」列車(2両編成)
 大垣に本拠を持つ、大垣共立銀行のスポンサーで、昨年(2016年)11月から運行を始めた、610系D13編成の「OKBトレイン・フルラッピング」列車が、大垣駅に留置されていた。
 ボディには、銀行のイメージカラーに銀行のマスコットキャラクター「パディントン ベア 」と沿線7市町のマスコットキャラクターなどで装飾されている。








コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カテゴリ
プロフィール

2011deko

Author:2011deko
でこちんの
  『いつか ありしこと。』
   のブログへようこそ!
(掲載写真は、クリックする
と、拡大写真になります。)

性 別:男性
住 居:愛知県
趣 味:ブログのカテゴリー

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
来場者数
検索フォーム
リンク