〇 今日の一献 名城外堀に密やかな光を放つ ヒメホタル

―― 来て、見て、感動 自然が残る都心の中の光の群舞

 名古屋城の外堀に、陸生のヒメホタルが生息するのは知っていたが、昨年は時期を過ぎて惜しくも見られなかったから、今年こそはと夜半にパートナーと出かけた。

 普通は山間部に生息する日本固有種のヒメボタル(Luciola parvula) は、名古屋城外堀などの都心部に生息する例は少なく、全国的にも非常に貴重な存在だという。

20170520-himebotaru-01.jpg

 SONY DSLR-A550
 TAMRON SP-A16 AF17-50mm F2.8
  ISO1600 マニュアル 開放

 ヒメ(姫)の名のごとく固体の身体は小さく、ゲンジボタルのように決して強い光を放たないが、密やかな光を放つ群生が乱舞する姿は誰しも心揺るがすに違いない。

0101-20170520-himebotaru-02_edited-1.jpg

 ヒメホタルの出現は、名古屋城外堀にある「護国神社」や本町橋周辺で23時から翌2時の3時間ほど。
 ピークが5月末から6月上旬というから、是非、眠い目を擦りながらも一見されることをお勧めする。

20170520-himebotaru-03.jpg

 訪れた5月20日の夜は、気温17.5℃、快晴。
 次の日のボランティアのウエブサイトでは、702匹が確認されたという。
 まだまだ、これからピークに向かうようだ。

20170523-0500output_comp.jpg

 再度訪れた5月23日の夜は、気温16℃ 晴れ 出現:1,513匹で、いよいよピークに近づく。

 SONY DSLR-A550
 TAMRON SP-A16 AF17-50mm F2.8
 ISO1600 マニュアル 開放

20170523-1300output_comp.jpg

20170524-2300output_comp.jpg

20170523-1900output_comp.jpg

20170523-10output_comp.jpg

00-P1110447.jpg

 日本固有種のヒメボタル(Luciola parvula)

00-P1320415.jpg

 名古屋市中区の大津橋南西たもとに建つ、案内板

00-P1320413.jpg

 なお、ここでは心強いボランティアの方々が、午前2時ころまで活動されているので安心だ。

 また、お出かけには、以下のサイトを参考にされたい。

 「来て!見て!名古屋城外堀ヒメボタル」 
 http://himebotaru.blog.so-net.ne.jp/


00-P1320416.jpg

00-P1110398.jpg

 昨年は、6月に入ってからここを訪れたが、残念ながらすでに時期を過ぎて見られなかった。

 もう一度見たいと白いBMWを運転したお母さんと訪れた少女が、落胆しながら帰ろうとするわたしたちに向かって、わざわざ窓を開けて、車の中から「さようなら。また来年お会いしましょう。」と手を振ってくれたのに励まされたのだった。




#ヒメホタル #名古屋城外堀のヒメホタル



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カテゴリ
プロフィール

2011deko

Author:2011deko
でこちんの
  『いつか ありしこと。』
   のブログへようこそ!
(掲載写真は、クリックする
と、拡大写真になります。)

性 別:男性
住 居:愛知県
趣 味:ブログのカテゴリー

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
来場者数
検索フォーム
リンク