〇 今日の一献 セミサイズ蛇腹カメラ 第一光学のゼノビアC-Ⅱ型

――  高級品を目指した国内中堅メーカー 第一光学

 第一光学は戦前からテッサー型レンズを装着したワルタックス(Waltax 1940年)を生産してきた岡田光学精機から、戦後の1951年(昭和26年)に改称してカメラ製造を本格化し、最盛期には450名の従業員を擁し、自社でカメラ本体やレンズ・シャッターまで一貫生産する中堅メーカーだった。

 第一光学への改称に伴い、生産するカメラのブランド名もそれまでのワルタックスから「ゼノビア」へと変更された。

 このゼノビアC-Ⅱは、ゼノビアブランドの第1号機となった1951年発売のゼノビアC-Ⅰ型に次いで、装着するシャッターをセイコーシャ・ラピッドに変更したモデルとして、同年に発売されたもので、距離計を備えていないものの、岡田精機時代のワルタックスシリーズと同じようにテッサー型の自社製ヘスパーレンズを装着した高品位なカメラになっている。

00-P1060993.jpg

〇 ブログ原稿 ゼノビアⅡC
 
〇 レンズとシャッターの機構
 レンズは、前玉だけが単層コーティングだが、定評のあるテッサー型の自社製ヘスパー(Hesper Anastignmat)75mm F3.5(3群4枚)が付いている。
 ちなみに、ヘスパーとは英語で宵の明星・金星を意味し、またカメラのブランド名は、かつてローマ帝国時代に中近東のシリアにあった通商都市のパルミラ王国の女王、ゼノビアから名付けられたともいわれる。

00-P1070168.jpg

 シャッターは、ゼノビアC-Ⅰ型の自社製ダイイチ・ラピッドから定評のあるセイコーシャ・ラピッド(コダック式シンクロ接点付き)にバージョンアップされている。

 速度は B、1、1/2、1/5、1/10、1/25、1/50、1/100、1/250と最高速度が1/500秒で実用には十分だ。
 絞りは、f3.5、4、5.6、8、11、16、22まで。

00-P1060935.jpg

 第3群レンズはテッサーと同じく凹レンズと凸レンズの張り合わせとなっているが、コーティングはされていない。
 このヘスパーレンズの第3群第一レンズには、経年によるカビの発生などで曇りが出ていたので、表面を酸化ケイ素で磨いて除去した。

00-P1070175.jpg

 ピント合わせは、透視ファインダーを備えているが距離計を持たないから、被写体との距離を目測してレンズ鏡筒を回して前玉(第Ⅰ群レンズ)を前後させ、鏡筒に刻まれた距離数に合わせて行う。

00-P1070180.jpg

 セミ判(6x4.5cm)のフレーミングは、ガリレオ式透視ファインダーで行う。

00-P1070177.jpg

00-P1070179.jpg

 ファインダーのある軍艦部には、ボティを構えた時の左に巻上げ用のノブがあり、右にレンズ絞りの被写界深度を刻んだアクセサリーノブがある。
 だから、フィルム室の右に装填した120ブローニーフィルムは、現代の35㎜カメラと違って右から左へ巻き取ることになる。
 
00-P1070192.jpg

 さらにシャッターレリーズがボディに付いている、いわゆるボディシャッターも軍艦部の左にあるから、撮影時には右手で保持しながらシャッターレリーズや巻取り操作も左手で行うことになる。
 
00-P1070174.jpg

 ノブ巻き上げのフィルム確認は、背面にある赤窓を開けておこなう。
お決まりの話だが、二重露出防止機構はないから、多重撮影をしてしまうことに注意を要する。
 なお、背面には第一光学の「D」のロゴが誇らしげに付いている。

00-P1070178.jpg

00-P1070158.jpg

 前面に「ZENOBIA」のデボス加工がされた、皮の速写ケース。

00-P1070154.jpg


○ 第一光学のゼノビアC-Ⅱ型の仕様

00- ゼノビアc-Ⅱ


〇 ゼノビアC-Ⅱ型の取扱説明書と宣伝広告

 取扱説明書の一部

IMG_20170430_0001.jpg

IMG_20170430_0003.jpg

IMG_20170430_0002.jpg

IMG_20170430_0004.jpg

IMG_20170430_0005.jpg

IMG_20170430_0006.jpg

 中村メイコ(女優)を使った、第一光学の宣伝広告

00-1954年ゼノビアフレックスe


〇 ゼノビアC-Ⅱ型の撮影例

00-201717 Zenobia2C-003

 名古屋中村にある太閤山常泉寺の境内
 Hesper Anastignmat(3群4枚玉)
 75mm f3.5

00-201717 Zenobia2C-001

 名古屋中村の常泉寺境内にある豊臣秀吉の像

00-201717 Zenobia2C-007

 名古屋市中村区地内

00-201717 Zenobia2C-012

 結婚式場の教会


 第一光学は、スプリングカメラや二眼レフカメラ、35mmカメラを製造し、当時の日本製品としては良質で、中堅メーカーとして評価されていたが、経営破綻し1955年3月になって工場閉鎖した。その後、ゼノビア光学(Zenobia Kogaku K.K. )に社名変更して操業を続けたものの、ついに1958年に再度破綻して消滅した。


● 参考 第一光学の二眼レフカメラ

  ○ 今日の一献 アルファベットの最後の名称 ゼノビアフレックスⅠ型
   ―― AからZまで、星の数ほどあった国産二眼レフメーカー 

     http://2011deko.blog.fc2.com/blog-entry-377.html






コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カテゴリ
プロフィール

2011deko

Author:2011deko
でこちんの
  『いつか ありしこと。』
   のブログへようこそ!
(掲載写真は、クリックする
と、拡大写真になります。)

性 別:男性
住 居:愛知県
趣 味:ブログのカテゴリー

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
来場者数
検索フォーム
リンク