〇 今日の一献 旧ソ連の二眼レフカメラ LOMO LUBITEL 166 UNIVERSAL

―― トイ・カメラと決して侮れない 二眼レフの廉価・普及機シリーズ

 コンタックスのクローンのKiev、イコンタ似のモスクワ、ライカのコピーのフェド・ゾルキーなど旧ソ連時代のロシアカメラは、当時の精密光学器械先進国のドイツカメラを模倣したものが多い。

 ロシアカメラのLUBITELシリーズも、1330年代のドイツ・フォクトレンダーの二眼レフカメラ、ブリリアントをコピーしたもので、本家のブリリアントの変遷とともにモデルチェンジしてきた。

 このLUBITEL 166 UNIVERSAL(LUBITEL 166 U)は、かつてのソ連のレニングラード、現在のロシアのサンクト・ペテルブルグにあった光学機メーカーのLomography社が、1950年に初号機として発売した二眼レフ、LUBITELシリーズの改良機として1984年に発売されたものだ。

 初期のLUBITELは、本家のブリリアントと同じくボディがベークライト製の上下レンズが非連動のモデルだったが、LUBITEL 166 Uはプラスチック製となり、本家の後期型と同じく上下レンズが歯車で連動させてファインダーで焦点調節ができるが、そのボディデザインは本家のコピーから大きく乖離して進化?している。

00-P1080333.jpg

 LOMO LUBITEL 166 U
 1984年(昭和59年)8月から1996年まで、合計40万台が製造されたといわれる。

00-P1100273.jpg
 
 LOMO LUBITEL 166 Uと左はフォクトレンダー・ブリリアント後期型。
 LUBITEL 166 UNIVERSALの銘盤などは、それまでのLUBITELのキリル文字とは違って英字表示となっており、輸出向けだったともいわれる。


〇 歯車による焦点調節とレンズ
 テイクレンズとビューレンズを連動させるため、前面に大きな歯車が使われており、このカメラの風貌は他の2眼レフカメラと比べ、一風異なったスタイルとなっている。

00-P1090138.jpg
 
 歯車によるこうしたレンズ連動方式は、日本ではマミヤフレックス2型(1949年発売)やリコーフレックスIII(1950年発売)のフレックスシリーズにも見られ、ファインダーを覗きながら上のビューレンズの第一レンズだけを回転させながら前後させて焦点を合わせると、レンズ周りの歯車の噛み合わせで、下のテイクレンズの第一レンズも連動して回転して前後することにより合焦する。

 ビューレンズは、無銘の1群2枚玉レンズ、60mm f2.8で明るい。
 テイクレンズはトリプレット型(3枚玉)の単層コーテイングされたT-22レンズの75mm f 4.5が付いている。


〇 セルフタイマー付きシャッター
 シャッター速度は B、1/15、1/30、1/60、1/125、1/250秒のシャッターで、セルフタイマーが付いている。
 絞りは、f4.5、5.6、8、11、16、22。

00-P1090125.jpg

 向かって右下に、セルフタイマーのレバーかある。その下がシャッター速度変換レバーで、左下には絞りレバーがありそれらの数値の表示はテイクレンズの側面にまとめて印されており、分かりやすい。

 またシャッターのチャージレバーは左上にあるが、チャージは下にスライドしてすると、そのすぐ下にシャッターレバーがあるので、使い勝手は決してよくない。

00-P1090140.jpg
 
 ボディがプラスチック製で重量は540gと軽いから、撮影時にはカメラブレに注意しなければならない。


〇 フィルムの装填
 フィルムはブローニー(120)を使用し、画面サイズ 56×56mmとなっている。
 フィルムの装填は、背面上部にあるダイヤルを回してロックをはずし、裏蓋を開ける。

00-P1090124.jpg

 フィルム室の内側には光の乱反射防止するためのバッフアー枠などがないから、逆光撮影の場合にはフレアの発生に注意が必要となる。

00-P1090129.jpg

 ボディのノブを引きながら、フィルム室の下側にフィルムを取り付けてからフィルムを伸ばし、上側に空スプールを取り付け端を空スプールに入れる。
 
00-P1090127.jpg

 フィルム巻上げノブを回してフィルムを張り、次いで裏蓋を閉めロックしてから、背面の赤窓を開けて数字の1が出るまで巻き上げ、1が出れば赤窓を閉めて装填が完了となる。
 フィルム送りが、こうした赤窓確認式のカメラでは、二重撮影してしまうことに注意しなければならない。

 なお、赤窓は下にあるノブで開閉するが、フィルム室に仕切りプレートを設置して赤窓のプレートを回転させれば6×4.5cmのセミ判撮影ができる。

00-P1090136.jpg

 ピント合わせは、フードを立ててピントファインダーを見ながら下のテイクレンズを回して行うが、ピントスクリーンは本家ブリリアントと同じくコンデンサーレンズの中央をマット上にした部分で焦点調節するもので、付属のピントルーペをセットしてもすこぶる見にくく合わせづらい。

 また同じくファインダーは明るいもののケラレが大きく、視野率が小さくフレーミングに苦労する。

lubitel-02_201704281710429e9.jpg
 LUBITELの断面概念図 
 (LUBITEL-2のマニュアルから)

00-P1090142.jpg

 ファインダーフードの中央を押し開けて、フード背面の穴から覗けばスポーツファインダーとなる。

00-P1090130.jpg

 使用フィルムの感度などの備忘サインが書かれたアクセサリー。
 

〇 LOMO LUBITEL 166 Uの仕様

00Lubitel166 仕様表-0


〇 取扱説明書と構造図

 英文取扱説明書の一部

000-commiecameras-002のコピー

Lubitel166 manual01

Lubitel166 manual02

 ロシア語の構造説明図

○ Blog 資料 Lubitel166 20170425-1


〇 LUBITEL 166 Uの撮影例

00-20170324 Lubitel166-010_edited-1

 高架線を走る新幹線
 T-22、3群3枚玉 75 mm、 f 4.5
 ASA160 1/250 F11

00-20170324 Lubitel166-003

 三重県鈴鹿市の『鈴鹿の森庭園』の枝垂れ梅
 ASA160 1/250 F11
 画面の端にはレンズの周辺光量の低下が見られる。
 
00-20170324 Lubitel166-007

 三重県鈴鹿市の『鈴鹿の森庭園』の枝垂れ梅
 ASA160 1/250 F11

00-201703240 Lubitel166-005

 三重県鈴鹿市の『鈴鹿の森庭園』
 ASA160 1/250 F8

0100-20170324 Lubitel166-005

 上の画像からのトリミング画像
 トリプレットレンズとはいえ、ブローニーフィルムの画像の中心部分をトリミングすればその解像度は高く、実用に十分耐えられる。


 ところで、カメラの開発の歴史は、人の目で見たものをいかに忠実に効率よく写し撮ることに開発技術者が心血を注いできた歴史だったと思う。

 しかし近年では、操作ミスなどにより、時として予期せぬ一風変わった画像が得られる場合が多いことから、海外の芸術写真家と称する人々やアマチュアの一部でのチープなトイ・カメラへの人気の高まりを反映して日本でもトイ・カメラのブームがあるようで、LUBITELやHolgaといった廉価で簡便な、見た目にいかもチープそうなカメラが持て囃されるようになっている。

 こうした風潮の中で、「LUBITELは、そのプラスチック製のボディなどからチープなトイ・カメラに見えるけれど、ガラスレンズを付けた複数の絞りやシャッター速度を備えた立派なカメラだ。」との海外の好事家の意見もある決して侮れないカメラだ。

 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カテゴリ
プロフィール

2011deko

Author:2011deko
でこちんの
  『いつか ありしこと。』
   のブログへようこそ!
(掲載写真は、クリックする
と、拡大写真になります。)

性 別:男性
住 居:愛知県
趣 味:ブログのカテゴリー

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
来場者数
検索フォーム
リンク