FC2ブログ

〇 今日の一献 新しい枝垂れ梅の里 『鈴鹿の森庭園』へ行ってきた

―― 一年のうち、開花期の2ヵ月だけ公開される壮観

 地域の写真倶楽部の会長さんからお誘いがあって、三重県鈴鹿市の『鈴鹿の森庭園』へ枝垂れ梅の撮影に行ってきた。

 この施設は、鈴鹿山系の入道ヶ岳の麓に鎮座する、猿田彦大神の総本宮として知られる「椿神社」近くに開設した枝垂れ梅専門の私設研究栽培農園で、八重咲きの”呉服枝垂(くれはしだれ)”を中心に200本もの大木が栽培されている。

 まだ2014年に開設されたばかりの新しい施設だが、大輪の豪華で見応えのある花を愛でようと、平日のこの日も中高年を中心とする花見の客で賑わっていた。

00-DSC07903.jpg

 八重咲き種の枝垂れ梅の大輪の花は豪華だ

00-P1080484.jpg

 古来より伝わる梅と違って、枝垂れ梅の歴史は新しく、江戸時代後期に文献に登場するという。
 現在確認されている枝垂れ梅の品種は42種あるといわれ、ここでは日本最古の品種”呉服枝垂”を中心に200本が「仕立ての匠の技」で育てられている。

00-DSC07842.jpg

 枝垂れ梅は、一般の梅の開花に遅れて開花時期を迎えるから、桜の開花までの端境期に楽しむことができる。
 
00-パノラマ 鈴鹿の森庭園-02

 全国から集められた各種の枝垂れ梅の古木が絢爛と咲き競う。

00-DSC07820.jpg

00-DSC07912.jpg

00-DSC07881.jpg

 花のシャワーのような梅林の中で、自撮りする女性たち。

00-DSC07862.jpg

00-パノラマ 鈴鹿の森庭園-03

 鈴鹿山系を背景に枝垂れ畝の大木が植えられ、ゆったりと回遊しながらその景観を楽しむことができる。

00-P1080489.jpg

00-P1080513.jpg

 まだ新しい施設で公開期間も短いからか、土産売店や食事施設も整備されてはいるが、入口ゲートや案内標識などは手造りの簡易なものになっている。
 
00-IMG_20170322_0001.jpg

 なお、『鈴鹿の森庭園』は、2月中旬から3月下旬の梅の開花時期だけ一般公開している。

 入場料は大人1,500円と割高感があるが、公開が一年のうちの開花する2ヵ月だけだからやむを得ないのだろう。

 しかしその壮観は、決して期待を裏切らない。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カテゴリ
プロフィール

2011deko

Author:2011deko
でこちんの
  『いつか ありしこと。』
   のブログへようこそ!
(掲載写真は、クリックする
と、拡大写真になります。)

性 別:男性
住 居:愛知県
趣 味:ブログのカテゴリー

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
来場者数
検索フォーム
リンク