FC2ブログ

〇 今日の一献 名古屋城の重文・三隅櫓の同時公開に行ってきた その2

〇 今日の一献 名古屋城の重文・三隅櫓の同時公開に行ってきた その1
―― 戦災を免れた重要文化財 名古屋城の東南隅櫓と西南隅櫓  からの続き
    http://2011deko.blog.fc2.com/blog-entry-478.html


―― 戦災を免れた重要文化財 名古屋城の西北隅櫓

 天守閣が城の要であり、戦いの最後の砦であるとすれば、隅櫓は城の周りの要所にあって、天守に至る攻め手への物見や防御・攻撃のための重要な役割を果たしている。

 信長の安土城以降になると、天守閣の建物の意匠にも破風や漆喰、屋根瓦などの寺社建築の様式を取り入れた美しい建築装飾がなされ、支配者の権威を誇示するための見せる城となるに伴い、周りの隅櫓にも本来の機能性だけに留まることなく、あたかも天守の華麗さを引き立てるかのように、装飾性が取り入れられるようになる。

00-名城の隅櫓-001_edited-1

 名古屋城では、江戸時代に大小取り混ぜて11基あった隅櫓にも様々な建築装飾が施されていたようだが、階高を見ると、本丸から遠い二ノ丸や西之丸に配置された隅櫓は、低い2階建てで配置され、5階建ての天守を取り囲む本丸の隅櫓は3階建てにして、天守からの眺望を確保する一方、この階高別の櫓の配置によって、三之丸の家臣団や城域外の南に広く配した城下町の庶民からも、常時お城の威容・華麗さ、曳いては城主の権威性を見易く、判りやすくさせるための心理的な配置設計がされているように思える。

 (名古屋城ではこの外に、巨大な天守上に頂く燦然と輝く金の鯱が遠目にも見え、嫌が上でもその権威をさらに高めていた。)

00-徳川慶勝が撮影した名城二ノ丸隅櫓写真-001

 写真好きの尾張藩14代藩主徳川慶勝が撮影した、幕末当時の二重2階建てだった二ノ丸太鼓櫓と二ノ丸東南隅櫓

 しかし、本丸の北西、御深井丸の西北隅に建つ西北隅櫓は、本丸に位置しない隅櫓にもかかわらず、外観三重、内部3階建で、小規模な城の天守とさえ見紛うばかりの華麗な櫓となっている。

000-panorama 東北隅櫓-00

 名古屋城北西の外堀から眺めた西北隅櫓
 この位置から見ると、高く生い茂った木々に天守が隠され、この櫓が城の天守とさえ見紛うばかりだ。

00- 名古屋城 hokuseisumiyagura 離宮

 戦前の天守閣焼失前の古絵葉書
 多聞櫓や土塀が撤去されているものの、天守と櫓の位置関係が良く分かる。



● 西北隅櫓(辰巳櫓・清洲櫓)

 西北隅櫓は、外堀に面した御深井丸の西北隅に位置し、天守や本丸御殿が完成した数年後の1619年(元和5年)ごろに建てられたとされ、当時は戌亥櫓と呼ばれていた。
 外観三重、内部3階建、本瓦葺の屋根は入母屋造りで、高さ16.3m、東西13.9m、南北15.9mの規模は、高さ15.7mの宇和島城天守を上回り、高さでは及ばないものの高知城天守(高さ18.6m)に比べれば平面規模では凌駕する立派なものとなっている。

000-P1150382.jpg

 北西方向から眺めた西北隅櫓

 この櫓の1階の屋根の堀に面した西・北面には、千鳥破風と出窓型石落が設けられ、装飾性と防御を高めている。
 さらに、先に見てきた東南・西南隅櫓の原則とは異なり、三重の屋根と堀に面していない東・南面の1階にも千鳥破風の屋根が設けられ、豪華さを醸し出している。

 もともと本丸から遠い、同じ御深井丸の北東西寄にあった弓矢櫓は、この城の原則どおりの二重2階建てのものであったことからしても、外観三重のこの櫓の規模・装飾性は特別であったことが判る。

nagoyazyo 御深井丸西北隅櫓(清洲櫓)

 徳川慶勝が撮影した、幕末当時の西北隅櫓。
 石垣上には多聞櫓が櫓に接続している。

00-P1150415.jpg

 西北隅櫓の北・東面

000-名古屋城西北櫓西側姿図B1620500

 実測「名古屋城西北櫓西側姿図」
 出典:名古屋城管理事務所

000-名古屋城西北櫓縦断面図 B1650800_edited-1

 実測「名古屋城西北櫓縦断面図」
 出典:名古屋城管理事務所

00-P1150189.jpg

 東面1階の千鳥破風

00-P1150254_201808151348539d3.jpg

 城内、御深井丸から眺めた西北隅櫓
 南面1階の千鳥破風が見える。

00-panorama 西北隅櫓-05

 西北隅櫓の位置する御深井丸は、本丸の後衛を担う重要な郭であり、当初は郭の外側の全ての石垣上に武器庫などとなる多聞櫓を建設する計画だったようだ。

 しかし、1615年(慶長20年)5月の大坂夏の陣で徳川幕府方が大坂方を滅ぼしたことによる戦乱の世の終焉で、計画は工事途中で変更され、郭の周囲は土塀を巡らせることになったという。

 櫓の東・南面にある出入口には、当時既に部分完成していた多聞櫓が接続していたためか屋根がない。

00-P1150192.jpg

 櫓の壁の仕組みを説明したサンプル

 竹で編んだ下地に、漆喰の荒壁を施し、その上に4層の漆喰で固められている。

P1150193.jpg

 この櫓は、内部の壁が漆喰で化粧されている。

00-P1150244.jpg

 石落からの石垣と堀の眺め。
 1階の堀に面した北・西側に設けられた石落。

00-P1150199.jpg

 2階へ上がる階段は、踊り場を持った折り返し階段となっている。

00-P1150200.jpg

 2階も内部の壁は漆喰で化粧されている。
 窓は連子が入った武者窓となっている。

00-P1150205.jpg

 千鳥破風の屋根と丸伏せ瓦。銅製の釘で止められている。

00-P1150207.jpg

 大梁の接合状況。

00-P1150214.jpg

 他の建物からの転用が推定される梁材

00-P1150215.jpg

 名古屋城の築城に伴い、1612年(慶長17年)から1616年(元和2年)ごろにまでかけて清洲から名古屋への都市の移転、いわゆる「清洲越し」がおこなわれたため、この櫓は江戸時代から清洲城の天守か櫓を移築したとの言い伝えがあって、「清洲櫓」とも呼ばれてきた。

 しかし、1962年(昭和37年)から3年間にわたる櫓の解体修理の結果、複数の建物の古材を転用してはいるが、櫓の完成は1618年(元和4年)以後であることが明らかとなり、清洲城からの移築ではないことが確定したとされる。

 確かに移築したのなら、この櫓の完成はもっと早い時期だったかもしれないが、「清洲越し」終了から遅れて築かれたからとしても、現に古材が転用されているとすれば、それまで保管されていた清洲城の部材が使われていないことにはならないだろうと思われる。

 もう一つ考えられることは、名古屋城築城に伴い始まった「清洲越し」が全て完了したことを、これまでの清洲の一般庶民(新しい名古屋城下の住民)に対して印象付けるため、西北隅櫓の姿は廃城となった清洲城の天守か櫓に似せて築かれたことにより、一般には移築したものと理解され「清洲櫓」と呼ばれるようになったのかもしれない。

 ところで、新築の櫓の建設資材に他の建物の古材が転用されているということに不信感を覚える向きもあろうが、これは昔から城や寺社の建築時には、新材よりもむしろ狂いの少ない乾燥した古材の転用は普通に行われてきたことによるようだ。

00-panorama 西北隅櫓-00

 最上階の三階内部の北方向
 天井の梁がむき出しとなっている。
 3階には武者走りの廻り廊下があり、その内側には長押を巡らせて畳が敷かれ、引戸が立てられていたようだ。
 結局、この櫓内部の全ての階の壁には漆喰が施されていた。

00-panorama 西北隅櫓-02

 最上階の三階内部の南方向
 南面と東面南側は壁で、窓は設けられていない。

00-P1150227.jpg

 最上階の天井の梁の状況。

00-P1150223.jpg

00-P1150241.jpg

 連子の入った武者窓と連子のない窓が混在する。

00-P1150247.jpg

 千鳥破風の屋根の軒

000-panorama 東北隅櫓-04

 北の外堀から眺めた天守と西北隅櫓

 〇 今日の一献 名古屋城の重文・三隅櫓の同時公開に行ってきた その3
―― 御深井丸の西北隅櫓は幻の西小天守の代わりだった?  に続く、、、。






〇 今日の一献 名古屋城の重文・三隅櫓の同時公開に行ってきた その1

―― 戦災を免れた重要文化財 名古屋城の東南隅櫓と西南隅櫓

 この時期(2018年8月)、名古屋城では毎年恒例の『名古屋城夏まつり2018』が開催されているが、今年は特別イベントとして、城内に現存する重要文化財の三隅櫓の同時公開が行われている。

00-201800813 名古屋城夏祭り

 もともと江戸時代から天下の名城、名古屋城内には、大小合わせて11基もの隅櫓があったが、明治以後の破却や地震、空襲などによる被害で消滅し、現在は東南隅櫓・西南隅櫓・西北隅櫓の3つの隅櫓が残る。

 しかし、これらは重要文化財であることもあって、時折のイベント時以外、普段は櫓内の公開がされていないが、今回は特別に三隅櫓の同時公開が行われており、数少ないまたとない機会として、このところ続く酷暑にもめげず出かけてきた。

000-名古屋城天守と本丸御殿

 昭和期の空襲被災前の名古屋城の航空写真
 ①東南隅櫓、②西南隅櫓、③西北隅櫓


 三つの隅櫓のうち東南隅櫓と西南隅櫓の外観は二重櫓だが、内部は3階建てで、西北隅櫓は三重櫓の3階建て。それぞれ高さは13~16mある、意匠を凝らした立派な建物だ。

 かつては若い頃、他国の人から「名古屋城の天守閣はコンクリート製だ。」と揶揄されると、負けず嫌いのわたしは、「でも、他の国宝天守閣の規模にも引けを取らない国宝級の隅櫓が、名古屋城には三つもあるんですよ。」と言い返したものだった。


● 東南隅櫓(辰巳櫓)

 東南隅櫓は本丸の南東隅に位置し、1612年(慶長17年)ごろ天守完成時に建てられたとされ、辰巳櫓と呼ばれていた。
 高さ13.5m、東西11.6m、南北13.6mの規模の木造建築物。
 外観二重、内部3階建で、屋根は入母屋造り、本瓦葺。鬼瓦などに徳川家の家紋「葵紋」が入っている。2階の東面と南面屋根には千鳥破風があり、出窓型石落が設けられている。
 東面の3階屋根に設けられた高級装飾の軒唐破風が、2階の千鳥破風とともに美しい。

00-panorama 東南隅櫓-01

00-P1150022.jpg

 東面3階の屋根にある軒唐破風と2階の千鳥破風、そして東、南に設けられた出窓型の石落の意匠がこの櫓全体を美しく見せている。

00-panorama 東南隅櫓-00

 かつては、櫓の建物と接続して土塀が設けられていた西面と北面は、装飾に乏しい。

000-名古屋城東南櫓南側姿図B1220600_edited-1

 実測「名古屋城東南櫓南側姿図」
 出典:名古屋城管理事務所

000-名古屋城東南櫓横断面図 B1250900_edited-1

 実測「名古屋城東南櫓縦断面図」
 出典:名古屋城管理事務所

00-P1160054_201808151252331eb.jpg

 櫓の1階内部
 当時は畳が敷かれていたようで、櫓に収蔵された甲冑を管理する御具足奉行の執務室ともなっていた。

00-P1160065_20180815125233304.jpg

 3階の天井裏は設けられておらず、天井は高い。
 最終戦等場所として最上階は、槍などを振り回しやすいように、また普段の槍・弓などの武器の収蔵庫として、天井の高さを確保する必要があったからに違いない。

00- 名古屋城 大手門・東南隅櫓

 東南隅櫓から西方を撮影した、戦災前の名古屋城の古絵葉書

0-P1150286.jpg

 土塀が接続していたからか、本丸側二面の櫓の装飾は乏しい。城主の居住区画を覗き見るのを憚ってか、本丸内側方面には出入口のほかには、最小限の窓しか設けられていない。

00-P1150329.jpg

00-P1150312.jpg

 さらに詳しくは、以下の拙稿を参照されたい。

〇 名古屋城の本丸「東南隅櫓の特別公開」に行ってきた
―― 幾多の災難を逃れ、400年前の築城当時の姿を残す隅櫓
  http://2011deko.blog.fc2.com/blog-entry-455.html



● 西南隅櫓(未申櫓)

 西南隅櫓は本丸南西隅に位置し、1612年(慶長17年)ごろ、天守完成時に東南隅櫓と共に建てられたとされ、当時は未申櫓と呼ばれていた。
 高さ13.1m、東西12.0m、南北13.5mの木造建築物。
 外観二重、内部3階建で、屋根は入母屋造り、本瓦葺。もともと鬼瓦などには徳川家の家紋「葵紋」が入っていたとみられるが、明治24年の濃尾大地震で崩壊し、明治以降に離宮として管理していた宮内庁が大正12年に修理したため皇室の「菊のご紋」が見られる。
 2階の西面と南面の屋根には千鳥破風があり、出窓型石落が設けられている。
 南面の2階石落屋根には小規模な軒唐破風が設けられ、2階の千鳥破風とともに装飾となっている。

00-P1150168.jpg

明治期の西南隅櫓56

 多聞櫓をめぐらせた明治期の天守閣と西南隅櫓の姿

00-名古屋城 天守閣と東南隅櫓-00

 天守閣と西南隅櫓を写した戦災前の名古屋城の古絵葉書

00-P1150160.jpg

 本丸空堀の石垣上に建つ西南隅櫓。2階の西面と南面の屋根には千鳥破風があり、出窓型石落が設けられている。
 南面の2階石落とし屋根には小規模な軒唐破風が設けられ、2階の千鳥破風とともに華麗な装飾となっている。

00-P1150178.jpg

 この櫓も建物と接続して塀が設けられていた東面と北面は、装飾に乏しい。

00-P1150172.jpg

 屋根上の青銅製の鯱

00-P1150173.jpg

 2階西面の千鳥破風
 濃尾地震で崩壊した西南櫓は、当時管理していた宮内省によって修復されたため、鬼瓦などには菊花紋が刻まれている。
 
00-P1150141.jpg

00-P1150138.jpg

 塀が接続していた本丸側二面の櫓の装飾は乏しい。城主の居住区画を覗き見るのを憚ってか、東南隅櫓と同じように本丸内側方面には出入口のほかには、3階の小さな窓しか設けられていない。

000-名古屋城西南櫓西側姿図 B1490400_edited-1

 実測「名古屋城東南櫓西側姿図」
 出典:名古屋城管理事務所

000-名古屋城西南櫓縦断面図 B1520700_edited-1

 実測「名古屋城東南櫓縦断面図」
 出典:名古屋城管理事務所

00-P1150060.jpg

 1階内部
 この櫓は畳敷きで、歴代城主の甲冑が納められていたという。

00-P1150068.jpg

 手摺が付けられ、踊り場が設けられた、2階へ上がる階段

00-P1150071.jpg

 2階の天井は思いのほか高い。
 建築には素人のわたしだが、東南隅櫓に比べると、なぜかこの櫓内の雰囲気は異なり、補強のためか水平材と斜材の接合などに、やたらボルトや平型I字金具などが使われているのが目立って見える。
 これは濃尾大地震で空堀に崩落したこの櫓が大正時代になって復旧・再建された時に、新しい部材や技術で補われたからだろうと思うのだが、、、どうだろう。

00-P1150084.jpg

00-P1150076.jpg

 武者窓の下では、『名古屋城夏まつり2018』が行われていた。

00-P1150081.jpg

 3階へ上る階段も踊り場を備える。

00-P1150090.jpg

 3階から階段下を見る。

00-P1150092.jpg

 これは創建時からの内部の意匠だろうか、この櫓には歴代城主の甲冑が納められていたからか、最上階の3階は他の櫓とは異なり、梁はむき出しとなっておらず天井板が貼られている。
 また、この階には廻り子と長押が設けられており、デザインは違うものの復元された本丸御殿に使われたと同じ金箔の飾釘隠しも施され、特別な空間となっている。

00-P1150132.jpg

 金箔が使われた飾釘隠し

00-P1150124.jpg

00-P1150097.jpg

 3階の窓から眺めた千鳥破風の屋根の棟瓦にも、菊花紋が見える。

00-panorama 西南隅櫓-01

 左遠方には名古屋駅方面の高層ビル群が見える。
 城内の右眼下では、展示収蔵施設の建設が進められている。

00-P1150114.jpg

 物見や防戦・攻撃などの機能を果たすべく、城の隅櫓の開口部(窓)は堀の外へ向かう面に設けられ、郭内に向かう面には少ない。しかし、見せることを意識した屋根や軒などの装飾は、専ら堀の外へ向かう面に設けられている。

 この3階の小さな北窓は、郭内の天守が眺められ、まるで景色を切り取る「ピクチャー・ウインドウ」のようだ。

00-panorama 西南隅櫓-00

 3階の北窓から眺めた本丸方面のパノラマ画像。


 〇 今日の一献 名古屋城の重文・三隅櫓の同時公開に行ってきた その2
 ―― 戦災を免れた重要文化財 名古屋城の西北隅櫓  に続く、、、。








〇 今日の一献 完成公開されたばかりの名古屋城本丸御殿へ行ってきた

―― 遺された豊富な資料を基に400年前と寸分違わず復元した御殿

 夏休みでやってきた、関東に住む孫たちの課題研究のお付き合いで、先日(6月8日)完成公開されたばかりの名古屋城本丸御殿へ取材に行ってきた。

 本丸御殿は、江戸時代の初期、徳川家康によって建設された名古屋城内に尾張藩主の住居・政庁として建てられ、330年間の長きにわたって整備されながら使われてきた国宝だったが、太平洋戦争の空襲で1945年(昭和20年)の終戦の年に惜しくも天守閣などとともに焼失した。

 一方、名古屋城の天守閣については、市民の浄財を合わせ1959年(昭和34年)に鉄骨鉄筋コンクリート造で再建されたものの、本丸御殿の再建は資金調達難などによりかなわず、長らく礎石だけが残されたままに置かれていた。

00-名古屋城天守と本丸御殿

 戦前の焼失前の名古屋城と本丸御殿の航空写真

 しかし、戦前に城郭として国宝第1号に指定されていたことから、本丸御殿は国などによる建物の実測図や写真などの膨大な資料が残されており、また悪化する戦況の下で当時の先人の努力により、あらかじめ天井板絵や襖絵などの動かせる多くのものが疎開されていたことから遺り、1992年(平成4年)ごろから障壁画などの復元模写が続けられてきた。

000-IMG_0251.jpg

00-furusyasin-5本丸御殿

 この間、地道に粘り強く続けられてきた市民団体による再建運動と相まって、やがて一般市民の再建への機運の高まりに押され、名古屋市では御殿復元の寄附金募集を始め、遺された豊富な資料を基に2009年(平成21年)から本格的な復元工事に着手し、ようやく10年の歳月と総工費150億円をかけて、このほど400年前の創建当時と寸分違わぬ御殿が復元されたものだ。

00-本丸御殿平面図 20160729-011

 本丸御殿の復元平面図
 復元工事は、3期間に分けて順次進められ、区間の完成の都度、一般公開がされてきた。
 もともと本丸御殿は、家康の命により1615年(慶長20年)名古屋城とともに九男・義直(尾張藩祖)の住居・政庁として建てられたもので、近世城郭御殿の最高傑作と言われ、京都二条城の二の丸御殿とともに武家風書院造の双璧ともされ、戦前の国宝に指定されていた。

 御殿の規模は、平屋建て総面積3,100㎡で、部屋数は30を越え、最も高いところの高さは12.7m。


● 本丸御殿正面「玄関・車寄」

00-パノラマ 本丸御殿 20160729-011_edited-2

 玄関建物は入母屋造の妻入で、入口の突き出した車寄は杮葺の唐破風屋根となっている。

00-P1340112.jpg

 「玄関 一之間」北面
 御殿の部屋毎の襖絵や障壁画などは、当時の日本画壇の一級の絵師、狩野貞信や狩野探幽などの「狩野派」の絵師たちにより描かれ、豪華絢爛に彩られていた。
 復元模写の作業は、現存する原画や写真などを基に、当時の画材などを使いながら制作当時に忠実な再現が行われた。

00-パノラマ 本丸御殿 20160729-11

 「玄関 二之間」北面 金地の障壁画「竹林豹虎図」
 日本に生息しない強い猛獣の虎、豹などは、入手できた毛皮を基に猫の姿を参考にしながら描いたといわれ、玄関を入った来訪者をまず威嚇し、緊張感を高めさせるためだったとも言われている。

00-P1140375.jpg

 玄関と表書院を繋ぐ廊下
 領内に産した木曽ヒノキの良材が、建物全体にふんだんに使われていた。
 復元に当たっても、良材の確保が一番の課題であったとされる。

00-IMG_0196.jpg

 金箔が使われた飾釘隠し
 本丸御殿には、建築工事や建具から金具などにいたるまで、当時の一級の職人の技が施されており、復元に当たっても、それらを今も伝承する宮大工や建具・金工職人の技が動員された。


● 尾張藩主の公式な謁見場所として使われた「表書院」

00-IMG_0185.jpg

 「表書院 一之間」北面

00-一之間から上段之間を望む 出典:名古屋城総合事務所03

 焼失前の写真 「表書院 一之間」から「上段之間」を望む
    出典:名古屋城総合事務所

00-P1340130.jpg

00-P1340134.jpg

 尾張藩主が着座した「表書院 上段之間」北面
 座敷飾りとして、床、違棚、廊下側に張出した付書院、帳台構などを備える。


● 藩主が身内など親しい者たちと対面、宴席を開いていた「対面所」

00-IMG_0198.jpg

 「対面所 次之間」北面

00-P1140398.jpg

 藩主が着座した「対面所 上段之間」


● 将軍上洛時の専用宿泊施設の「上洛殿」

00-panorama 本丸御殿-005

 「上洛殿」の外観
 もともと藩主の居住する御殿であった本丸御殿は、1620年(元和6年)に将軍上洛時の専用宿泊施設とすることになり、より格式の高い「上洛殿」が増築され、これ以後、尾張藩主は「二之丸御殿」に居住し政務を執ることとなり、「御成御殿」と呼ばれるようになった。

 なお、この「御成御殿」(本丸御殿)に宿泊した将軍は、秀忠(第2代)、家光(第3代)、家茂(第14代)の3人だけだった。

00-IMG_0214.jpg

 本丸御殿と「上洛殿」の平面図

000-P1140426.jpg

 徳川将軍専用の宿泊施設の「上洛殿」の廊下にある、豪華な花鳥の透かし欄間

00-P1140459.jpg

 「上洛殿」廊下の透かし欄間の部分拡大
 表裏の絵柄を変え、立体的に彫り出されている。

00-P1140441.jpg

 極彩色の花鳥の透かし欄間のある「上洛殿 一之間」
 襖の向こうが、将軍が座る上段之間。

00-IMG_0215.jpg

 「上洛殿 上段之間」の武者隠し

4-44.jpg

00-IMG_0218.jpg

 「上洛殿 二之間」の黒漆塗金具付格天井の天井画

00-P1140465.jpg

 獅子やボタンの花などを組合せた金箔と黒漆象嵌の「花熨斗金具」

00-P1140461.jpg

 精巧な組子細工が施された、廊下の明り取り建具。

00-P1140498.jpg

 入母屋造の殿舎「上洛殿」の屋根の軒飾

 こうして今回、復元完成した本丸御殿ではあるが、建物は空襲で焼失したものの、天井板絵や襖絵など多くのものが疎開されていたことから焼失を免れ保管されており、現在そのうちの1,047面が国の重要文化財の指定を受けている。

00-P1140506_20180805211356929.jpg

 名古屋城天守閣と本丸御殿

 ところで、今回孫にとっては、炎暑の中での過酷な御殿探訪だったと思うけれど、軽いブリーフィングを受けた後での現地踏査による写真撮影や資料収集などを意欲的に短時間でこなし、何とか課題研究のまとめに目処が付いたようだった。


● 木造復元を目指して、石垣調査が行われている天守閣

00-P1140534.jpg

 1959年(昭和34年)に鉄骨鉄筋コンクリート造で再建された天守閣は、50年以上を経て、耐震上の問題などから再建する必要性が議論されるようになった。

 現在、天守閣の再建を目指して石垣の耐震調査が行われており、今後5年をかけて500億円の建設費を見込みながら、創建当時の木造による復元の計画が進められている。

00-panoram 天守閣石垣調査-02


● 本丸御殿 余話
―― 名古屋城天守閣や本丸御殿の焼失は米軍の誤爆だったか

 1944年(昭和19年)末から本格的に始まった太平洋戦争の本土への戦略爆撃は、終戦の1945年(昭和20年)8月15日まで、主に焼夷弾の投下を中心とする無差別空襲として連続的に行われ、名古屋を始めとする全国各都市に甚大な被害をもたらした。

 こうした一連の空襲爆撃の下で、1945年(昭和20年)5月14日の大都市市街地爆撃としては唯一の昼間の時間帯に行われた「名古屋空襲」は、ついに名古屋城にも及び、この時本丸御殿、大・小天守、金鯱、東北隅櫓、正門などが焼夷弾の直撃を受けて惜しくも焼失している。

 地元では、名古屋人の戦意を喪失させるために米軍が、名古屋のシンボル名古屋城を狙って爆撃したのだと、長らく伝説として語り継がれてきた。

00-09c49b89-l.jpg

 空襲で焼失した、名古屋城天守閣と本丸御殿の惨状(1946年撮影)

00-IMG_20180804_0001.jpg

 ところで、先日(7/31)の中日新聞の朝刊によると、米国国立公文書館が開示している米軍の公文書の分析から、米軍は空襲を始める一年以上前から名古屋市街地への周到な爆撃計画を練り上げており、この計画に基づく精密な名古屋空襲で市民ら8千人が犠牲になったとの報道があった。

00-PK2018073102100003_size0.jpg

 この記事とともに掲載された爆撃地図「名古屋焼夷区画図」をよく見ると、名古屋城のエリアだけがなぜか空白域になっているのがわかるだろう。

 記事には言及されていないことだが、わたしはむしろこの空白のことがひどく気になって調べてみたら、この記事の米軍爆撃地図は特段目新しいものではなく、すでに名古屋城の「爆撃」についての考察に引用されているものが見つかった。

 以下要約すると次のようになる。

 爆撃地図の空白は、空襲爆撃に当たって、米軍は日本の伝統的文化財が集積する、京都、奈良を避けたように、国宝だった名古屋城の爆撃を計画からはずしたわけではなく、むしろ師団司令部が名古屋城内にあったとしても、投下した焼夷弾で延焼する効果が小さいことから目標とはなっていなかったのだろうと考えられる。

 現に東京でも江戸城(皇居)ですら、周辺の赤坂御用地や神宮外苑、新宿御苑、代々木公園などとともに類焼効果が少ない「park areas」に類別されていた。

 こうしたことから、もともと米軍は攻撃目標として名古屋城を狙ったわけではなく、5月14日の空襲がたまたま日中に行なわれたことで日本軍の反撃も大きく、米軍機の被害も多く出た事実から、米軍機としては反撃空域を速やかに離れるために爆弾投下を急いだことが推定され、これによって誤って計画にない名古屋城の「誤爆」につながったものと考えられるという。

  参考:『ピースあいち研究会』名古屋城「誤爆」を推理する◇「名古屋城が炎上した5月―名古屋大空襲展」によせて
      http://www.peace-aichi.com/piace_aichi/201705/vol_90-9.html


 近年判明したこととして、世界遺産の姫路城でも1945年7月の姫路空襲で天守閣に焼夷弾が直撃していたが、幸い不発弾だったために焼失を免れたという逸話がある。

 この戦争では各都市への無差別空襲で、誤爆だったかは別にしてわずか数ヵ月の間に、名古屋城を始め大垣城、岡山城、広島城、福山城、和歌山城、仙台城、首里城といった8つの貴重な城郭文化遺産が失われている。




最新記事
カテゴリ
プロフィール

2011deko

Author:2011deko
でこちんの
  『いつか ありしこと。』
   のブログへようこそ!
(掲載写真は、クリックする
と、拡大写真になります。)

性 別:男性
住 居:愛知県
趣 味:ブログのカテゴリー

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
来場者数
検索フォーム
リンク