〇 古代の聖域の花飾りか 豊橋の「賀茂しょうぶ園」

―― 「しょうぶ園 賀茂の丘への 花飾り」

 「賀茂しょうぶ園」は、愛知県豊橋市の中心部からかなり離れた北部の、もう新城市や豊川市の方が近い石巻地区の賀茂町にある賀茂神社の参道入り口一帯を、市の観光開発事業として1970年(昭和45年)に整備・開設された花ショウブを中心とした大規模な庭園だ。

 5月の下旬、そろそろ花ショウブが見頃との報を聞き、わたしの属する地域の写真クラブの仲間とともに初めて撮影に訪れた。

 花ショウブは、水はけの良い原野に生い茂るアヤメから園芸種として改良されてきた豪華な美しい花で、湿り気のある土地を好み、花びらの付け根が黄色く色づいているのが特徴で、古くから梅雨の風物詩として日本人に愛されてきた。

00-DSC03761.jpg

 天平元年(729年)に、山城国の賀茂別雷神社を勧請して創建されたといわれる賀茂神社の参道入り口には、水路を跨ぐ赤い太鼓橋が架かっており、その向こうに広大なしょうぶ園が広がっている。

00-DSC03838.jpg

 赤く塗られた太鼓橋は印象的で、このしょうぶ園の一つのモニュメントともなっているようだ。

 敷地面積9,900m2という広大なしょうぶ園には、江戸系、伊勢系、肥後系と呼ばれる3系統の300種の花ショウブ、3万7,000株が植えられており、毎年5月下旬から6月中旬の開花時には「花しょうぶまつり」が開催され、夜間にはライトアップも行われて観光客で賑わう。

00-DSC03874.jpg

 特に、江戸時代後期から武士による園芸品種としての改良が進み、変化に富み多彩な「江戸系」と呼ばれる花ショウブが有名だ。
 このショウブは、白と紫の網目のコントラストが鮮やかで美しい。

000-DSC03784.jpg

 弁が垂れ、はかなげな雰囲気をもつのが特徴の「伊勢系」の花ショウブ。
 外花被が3枚で三英花とも呼ばれる。

00-DSC03808.jpg

 近くに流れる間川からの導水だろうか、水門を備えた立派な水路が整備されている。

00-DSC03858_edited-1.jpg

 「芯」と呼ばれる立派な雌しべが立った、花ショウブ。
 この芯が花弁とマッチして立つことで、花全体の姿を美しく際立たせる。

00-DSC03857.jpg

00-panorama 20180526-06

 園内は整然と区画され、ショウブの造園面積は3,700m2に上る。

00-P1100861.jpg

 熊本で武士階級の手で改良が進められた、ボリューム感のある豪華な花が特徴の「肥後系」と呼ばれる花ショウブ『新玄海』。

00-panorama 20180526-03

 開花した花ショウブの花期は、わずか三日間と短命で、その短い間に刻々と変化するはかない花の美しさを愛でるものとされる。

 株は次々と花を咲かせるが、このときは、まだ園全体では3分咲きとのことだった。

00-P1100830.jpg

 園内の池で栽培されている、6月から11月にかけて花を咲かせる水生多年草の「ヒツジグサ」

00-P1100901.jpg

 水路脇に連続して植えられた、アジサイも咲き始めていた。

00-P1100902.jpg

00-panorama 20180526-02

 しょうぶ園の背後には、賀茂神社のある丘陵地の森が広がる。

00-P1100890.jpg

 しょうぶ園を抜けると、高低差の大きい丘陵地を上がる森の中の長い参道が続き、その先に1200年以上の歴史を刻む賀茂神社の本殿が鎮座する。

00-P1100875.jpg

00-panorama 20180526-古墳01
 
 賀茂神社境内の神山古墳(円墳)
 長い参道の途中の木々の間には、古墳時代後期(6世紀頃)のものと見られる直径28m、高さ3.5mの県内有数の円墳の神山古墳が、ほぼ完全な形で残されており、未調査のために詳細は不明であるものの、市の指定史跡とされている。

 このほか、この丘陵地には、かつては弁天塚古墳(前方後円墳)や行者山古墳、照山古墳、小照山古墳などといった、この地域を支配した古代の豪族の墳墓がいくつか点在し古墳群を形成していたものとみられ、そうした古代の聖域であったからこそ、何らかの霊験灼然を感ずるこの賀茂の丘陵上に、後の時代になって賀茂神社が鎮座されたものと考えられる。

 そのように考えてみると、この「賀茂しょうぶ園」は、賀茂神社のみならず、古代の聖域である賀茂の丘陵に、ショウブの花を供えて飾るための役割も果たしているのではないかとさえ、わたしには思えてくるのだ。

―― 「しょうぶ園 賀茂の丘への 花飾り」

20180525 豊橋 賀茂神社しょうぶ園

00-P1100897.jpg

 平成30年度花しょうぶまつりは、6月10日(日曜日)まで。
 (日没から午後9時00分までライトアップ)

 『賀茂しょうぶ園』
 豊橋市賀茂町字鎌田地内
 入場及び駐車場 無料
 花しょうぶまつり期間は、JR豊橋駅からから臨時直行バスが運行(所要時間:約40分)
 東名高速道路・豊川ICから、所要時間10分







〇 名古屋城外堀のヒメボタル 2018

―― 夜毎、名城の外堀で繰り広げられる華やかな光の乱舞

 天下の名城、名古屋の都心にある名古屋城の外堀は、築城当時から水のない空堀で、かつては窯業の盛んな瀬戸で生産された陶磁器を名古屋の堀川の水運で港まで運び、そこから輸出するために敷かれた名鉄瀬戸線が走っていた。

 この外堀を通る区間の東大手~堀川は、瀬戸電の「お濠電車」とも呼ばれ市民に親しまれたが、1976年(昭和51年)に廃止され、現在の瀬戸線は「東大手駅」から地下隧道を通って都心の繁華街「栄町駅」まで乗り入れている。

 名古屋城外堀のヒメボタルは、このお濠電車の廃止前後の頃、瀬戸電関係者が堀内の大津町駅周辺で陸生ホタルの群生を発見したとされ、以後ボランティアの手で保護されており、いわば都会の中でホタルが見られる全国的にも珍しい場所となっている。

000-20180524-21 output_comp

00-P1100954.jpg

 日中の木々が生い茂った外堀と石垣

00-P1100973.jpg

 ヒメボタルが見られる、日中の外堀を跨ぐ本町橋周辺
 
00-Panorama 20180522-001

 夜の本町橋周辺

00-P1100953.jpg

000-20180524-12 output_comp

 日本固有種で陸生のヒメボタルは、その名のとおり体長が7mmと、ゲンジボタルやヘイケボタルより一回り小さく、オス、メスともに発光するが、メスは翅が退化して飛べないので、飛翔するのはオスだけとされている。

 また、ホタルといえば、川辺や田圃で発生するゲンジボタルやヘイケボタルはよく知られるところだが、ひと気のない森林などに発生する陸生のヒメボタルは、一般にはあまり知られることはなく、ホタルは水生のものとの固定概念を持つかつてのわたしのような者にとっては、新鮮で驚かされる存在だ。

000-20180524-13 output_comp

 ゲンジボタルやヘイケボタルの発光は、強さがゆっくりと変化しながら飛ぶので、光跡は線となって残るのに比べ、0.5秒と短いサイクルで点滅しながら飛ぶヒメボタルの光跡は、点線になって写真に写ることになる。

000-20180524-15 output_comp

 外堀の石垣、堤上の林の中を飛翔するヒメボタルの光跡。
 毎年5月の連休以降、夜毎、名古屋城の外堀では華やかな光の乱舞が観られる。

00-P1100963.jpg

 日中の外堀の堤上の林と杣道の状況。

000-20180524-17 output_comp

 外堀のヒメボタルの発現する場所は、最初に発見されたかつての瀬戸電大津橋駅跡周辺から、年とともに移動しているかのように思われ、現在は本町橋周辺や愛知県護国神社境内で多く見られる。

000-20180524-18 output_comp

 ゲンジボタルの発光が夕刻の午後8時ごろ以降なのに比べ、ヒメボタルが飛翔し始めるのは午後10時以降から午前2時ごろと遅く、また、発生の時期は5月から6月初旬までとされ、ヒメボタルのピークを過ぎた頃から各地でゲンジボタルの発生がニュースとなる。

000-20180524-19 output_comp

 名古屋城外堀のヒメボタルの情報については、以下のボランティア団体のウエブサイトに詳しい。

 「来て!見て!名古屋城外堀ヒメボタル」
 http://himebotaru.blog.so-net.ne.jp/



00-P1100937.jpg

 日中の愛知県護国神社の境内

00-P1100256.jpg

 愛用の撮影機材。
 撮影には、三脚、電子レリーズ、レンズフードが必要。
 
00-P1100698.jpg

 NHK名古屋放送局が放映した、外堀のヒメボタルの番組。

00-P1100707.jpg

 今年の発現のピークは、5月20日の3,340匹だった。

00-P1100976.jpg

 今年の出現が、ほぼ終了した旨を告げるボランティア団体の掲示。

 なお、最近のボランティア団体のウエブサイトによると、曇り日の5月28日の深夜1時ごろの気温は20℃、湿度が72%だったとされ、ヒメボタルは全体で69匹が観察されたとのことだ。











〇 今日の一献 マミヤ6の「オート・アップ」レンズの使い勝手

―― 写したいものを よりクローズアップして撮る

 現代のズームレンズや接写機能の付いた多機能のカメラとは違い、かつての単焦点の標準レンズが装着されていたレトロなレンジファインダーカメラでは、そうした接写や広角・望遠撮影などはできなかった。

 それでも、出来ないとなると人はいろいろ工夫するもので、このオート・アップレンズは、中判ブローニーフィルムを使うマミヤ6のズイコーレンズ用に、接写(クローズアップ)撮影を簡便に可能にする便利なアクセサリーとして開発されたものだ。

00-P1070210.jpg

 オート・アップレンズを装着したマミヤ6オートマット

 接写レンズ自体は単なる凸レンズで、カメラ本体側のレンズに被せるだけだが、問題は距離計の役割を果たすレンジファインダーとの連動が必要で、その設計が開発者の腕の見せ所といえる。

00-P1070239.jpg

 連動接写器 「オート・アップ」(1m~0.5m用)
 レンズ部分枠にあるネジを緩めてレンズにはめ込み、ネジを締めるだけで簡単に装着できる。

00-P1070187.jpg

 連動接写器 「オート・アップ」の裏側
 レンジファインダーの前に置かれる部分も凸レンズとなっているが、焦点を結ばせるために、その距離との関係も計算されている。

00-P1070154_20180507001139dcb.jpg

 オート・アップレンズを装着したマミヤ6オートマットの正面

00-P1070211.jpg

○ マミヤクローズアップ 20180415-001

 オート・アップレンズを装着して、レンジファインダーを覗きながらより対象物に接近してピントを合わせるだけだから、見え方もアップする。

 マミヤ6オートマットの75mmズイコーレンズの最近接距離は1.mまでだが、この装置を装着すると0.44mまで近寄れる。


● オート・アップレンズの装着前後の撮影例。

00-20180329 マミヤオート6018_edited-1

 オート・アップなしの通常撮影(最短1m)

00-20180329 マミヤオート6013_edited-1

 オート・アップを装着しての撮影(0.5m)

 このように、対象物に近接することで、人物、花、複写などの近接(クローズアップ)撮影が可能となる。


● 連動接写器 「オート・アップ」の説明書

00-20180426 マミヤ 接写アダプター002








最新記事
カテゴリ
プロフィール

2011deko

Author:2011deko
でこちんの
  『いつか ありしこと。』
   のブログへようこそ!
(掲載写真は、クリックする
と、拡大写真になります。)

性 別:男性
住 居:愛知県
趣 味:ブログのカテゴリー

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
来場者数
検索フォーム
リンク