〇 今日の一献 日展東海展で朝日洋子さんの裸女『夏に想う』を観てきた

―― グラデーションの色彩の変化と質感の豊かさがまた進化した

 高校の友人の細君の作品が、また日展に入選したとの招待状をいただいたので、パートナーと改組 新 第3回日展東海展が開催されている名古屋市中区にある愛知県美術館へ観にいってきた。

 お目当ての作品は、白日会会員の朝日洋子さんの第二科洋画、油彩『夏に想う』(100号)。

000-DSC07473.jpg

 窓から入る夏の強い光線を背に受けて、思案げにベッドに斜めに腰掛ける裸女。
白いベッドに敷かれたベッドカバーの裏地の紺の色が、画面を引き締める。

 描いた場所はこの画家の自宅2階のアトリエで、モデルはいつものお気に入りのモデルさんだろうか。

 そのポーズの不安定さから、身体は背から腰にかけて少しの緊張感を漂わせている。
 こちらから見える背から腰、下肢、爪先にかけての陰影のグラデーションの色彩の変化と質感の豊かさは、この画家の一段の進化を感じさせた。

00-DSC07478.jpg

 朝日洋子さんと作品の油彩「夏に想う」(100号)

00-DSC07504.jpg

00-DSC07427.jpg

00-P1060774.jpg

00-P1060781.jpg

 展覧会を観た後で、気に入った絵画の絵葉書を買うことができる。


00-P1060784.jpg

00-P1060787.jpg

 愛知県美術館で開催されている改組 新 第3回日展東海展は、2月12日(日)まで。

00-00P1060760.jpg





最新記事
カテゴリ
プロフィール

2011deko

Author:2011deko
でこちんの
  『いつか ありしこと。』
   のブログへようこそ!
(掲載写真は、クリックする
と、拡大写真になります。)

性 別:男性
住 居:愛知県
趣 味:ブログのカテゴリー

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
来場者数
検索フォーム
リンク