〇 今日の一献 コード・シリーズの完成型の最終機 ローライコードV型 

―― 世界の二眼レフの手本となった ローライコード・シリーズ

 いわずと知れたローライカメラは、中型二眼レフカメラの元祖ともいえるフィルムカメラだけれど、速写性能に優れたフレックス・シリーズの栄光の陰に隠れて、とかく初期の発売時のイメージから、低級・廉価版カメラとの印象が強いのがコード・シリーズだ。
 
 しかし、ローライコードはその機構の簡便さと基本設計の合理性で、世界の中型二眼レフカメラメーカーの手本となっており、特に戦後日本で巻き起こった二眼レフカメラブームで、国内の多くのメーカーがこぞってその機構を模倣したカメラだった。

 このコード・シリーズの中で、実はわたしが究極の完成形と思っているのが1952年に発売されたローライコードIV型で、ここに取り上げるローライコードV型は、そのほんの2年後の54年に発売された。

 コード・シリーズは、ローライフレックスの廉価版という位置づけで、ノブによるフィルム巻上げ方式の6×6cm判二眼レフカメラとして、1933年に発売されたローライコード1型から始まり、以後この方式は同シリーズの最終機である62年に発売開始されたコードVb型まで続いた。

00DSCF0150.jpg

RolleicordV組画像 00-001

 ローライコードIV型から導入された改良点を引き継ぎ、フィルム巻き上げノブは大型化しており、裏蓋の開放によりフィルムカウンターは自動復元する。
 このカメラは、右側面に35㎜フィルムが使えるローライキン用のカウンターに付け変わっている。

RolleicordV組画像 00-002

 合焦フアインダーには、フレンネルレンズが使われており明るい。
 また、ローライキン装着時の画角変化に対応し、透視ファインダーに金属マスクを装着できるように、ピントフード前面に3個の突起が付いた。

RolleicordV P1050155

 テイクレンズは、シュナイダー社製の4枚玉、クセナー75mm F3.5レンズが装備され、撮影には申し分ない。
 装着する発光機の選択により、M-X接点切り替えは、レンズ左のレバーで行う。

RolleicordV組画像 003

 ローライコードV型のレンズの機構分解図。
 合焦レンズとテイクレンズの分担・構造がよくわかる。

RolleicordV P1050125
 
 合焦フアインダーには、フレンネルレンズが使われており明るく、また付属するルーペを使えばより精密なピント合わせができる。

RolleicordV P1050134

 フアインダーの蓋を立てその背を押して開けるとともに、手前の蓋に開いた穴から覗くと、素通しのスポーツフアインダーとなる。

RolleicordV P1050147

 撮影時にテイクレンズから入った光が、カメラ内面の壁に乱反射して露光フィルムのコントラスト低下などを防止するため、余分な光を遮断するバッフルを装備しているから作品の抜けはよい。

RolleicordV P1050163

 フィルムを巻上げなければ次の撮影ができない、二重露光防止機構が装備さたことに伴い、レンズの右に二重露光解除レバーが付いている。

 ほとんどの改良部分は、すでにローライコードIV型で実現されていることだが、唯一このV型の改良点として、シャッターレバーがライトバリュー連動式となった。
 この「ライトバリューの連動」とは、絞り値とシャッタースピード値の組み合わせによって一旦決定した適正な露光値を保つため、絞り値またはシャッタースピード値を変化させた場合にもそれぞれの変化を連動させる機構で、当時新鮮で合理的な機構として流行し数々の機種に採用された。

RolleicordV P1050141

 カメラの背後には、ライトバリュー方式の露光値決定のための直感的な簡便換算表が付けられており、使用者への配慮は心憎いはかりだ。

 しかし、一見有用と見られるこの機構も、それぞれの撮影対象に応じて新たに適正な露光値を求めて絞り値やシャッタースピードを自由に変化させようとするときには、この機械的に連動してしまう機構は、まず解除した上で再びセットしなおすか、どちらかのレバーを押えながら交互に動かす必要があり、かえって撮影の際には面倒な手続きとなってしまうからわたしは好まない。


〇 ローライコードV型はコード・シリーズの完成型の最終機
 それでは、どうしてローライコードV型が「コード・シリーズの完成型の最終機」だというのかというと、次に発売されたローライコードVa型(1957年発売)からは、ピントノブがローライフレックスの巻き上げレバーと同様に、左側に移されてしまったからだ。これは、Va型がアダプターを装着することで、6×4.5cm判の撮影もできる機構としたことで、それまで巻き上げノブのあった場所に6×6cm と6×4.5cmの切替式カウンターを設置せざるを得なくなったからだと思われる。

 それにより、これまでローライコード・シリーズでは、撮影時には本体を左手で保持しながら、シャッタースピードや絞りの調節とシャッターチャージからピントを合わせ、シャッターを切ってフィルムを巻き上げるまで、撮影のための一連のすべての操作が専ら右手だけで完遂できた合理性と速写性を併せ持つ最大のメリットが、V型を最後に失われることになったからだ。

 いかに、ローライフレックスがフイルムレバーの巻上げと同時に、シャッターチャージも完了するから速写性に優れているといっても、次のフィルムを巻き上げるときには、どうしても本体を右手に持ち替えてから行わなければならない。

 この点、速写性を迫られた究極のローライ使いは、巻き上げノブを右手に持ったまま、コードの軽い本体を持つ左手首と右手首を同時に逆方向にひねって巻き上げることで対応するのだ。

RolleicordV P1050102

○ ローライコード使い必携の優れもの
 ローライコードのシャッターは、チャージとシャッターレリーズが同一レバーの往復で行う機構となっていることから、どうしても撮影操作時のカメラぶれの不安が付きまとう。
 これを解消するための優れものが、ローライコード用のアクセサリーの「ショートレリーズ」だ。
 このショートレリーズは、長さ25mm程のレリーズで、レリーズソケットの穴にねじ込んで着けることで、ボタン式のシャッターとして操作性が格段に向上し、カメラブレも防止できる。

RolleicordV P1050169

 もとのメーカーからの発売は、すでに廃止となっているけれど、いまでも某メーカー製の銀色と黒色の復刻版が入手可能で、ローライコード使いならずとも、1個所持していればかなりの機種に装着できるから、金属カメラ中毒の輩にとっては極めて有用なアイテムとなるはずだ。

00ローライコード ショートレリーズ


00ローライコードV  20150830


RolleicoreV-000.jpg

  クラブツーリズム専用観光列車「かぎろひ」
  クセナー 75 mm F3.5
   1/250 F8

RolleicoreV-001.jpg

  三重県大王崎灯台と船溜り
  クセナー 75 mm F3.5
  1/250 F11

RolleicoreV-002.jpg

  「賓日館」の玄関 三重県二見ケ浦
  クセナー 75 mm F3.5
   1/250 F11



〇 思い出探しのマレーシアの旅 その15(最終)

―― Selamat tinggal Malaysia. (さようなら マレーシア)

 今回のマレーシア訪問は、短い時間だったけれど久しぶりのこととて当然のこと、この国の目を見張るばかりの大きな変貌への驚きの連続のうちに、わたしの思いで探しの旅は期待以上のものとなった。

 KLからの還りも、往きと同じシンガポール経由のSQを使った。
 
〇 航空機の窓からの眺め
 航空機の窓からの眺めは、いつもわたしを興奮させる。
 今回の帰路の航空機の窓からの眺めは、翼の下に沈む満月と並んで飛ぶ航空機だ。

00P1050026.jpg

 翼の下に沈む満月
 早朝の美しい空。北へ帰る航空機の窓から、雲の下へ沈む満月が見られた。

00P1050069.jpg

00P1050053.jpg

 高度1万5千mからの月の眺め
 月食の1日前の月は、ほぼ満月だ。

 帰ってきた日の夜は皆既月食の日だったが、名古屋地方の天候は曇りで、残念ながら月食は見えなかった。半年前の月食の日はわたしは機上にあって見逃し、今回そのリベンジができず残念なこととなった。

00P1050118.jpg

 並走?する航空機
 いつもは、飛行機雲を引いて飛ぶ航空機を地上から見上げるのだけれど、同じ航路を飛ぶ航空機は、やはり同じ高度を保って並んで飛ぶのだろうか、わたしには新鮮な眺めだ。

00P1050134.jpg

 わたしたちの機体と同じSQは、しばらく並んで飛んでいたが、日本の空域に入ってから西へ離れていった。

I returned home from KL that day morning.
The views from the windows of an airplane always excite me.
In this time, we found the beautiful scenes, which were a setting full moon under the wing & a plane flying along with ours.


00P1050116.jpg

 自動車のナビゲーターのように、今や機内の各座席の背にはGPSモニターが付いている。

 いまわたしは、今回の思い出探しで出かけたマレーシアの旅の目的を、ほとんど満たして帰ることができたことに満足している。
 
 ほんの3年間しか滞在しなかった国を、30年以上経った今も懐かしく思えるのは、この国でのわたしのそのときのささやかな生活が、幸運にも恵まれてそれなりに意義あるものであったからに違いない。

 なによりも、今回は、かつて一緒に仕事をした今ではもう80、70歳台の懐かしい現地の友人たちと、30年あるいは20年ぶりに再び元気で会うことができたことは幸せだったと感謝している。

00マレーシアの旅 Hotel 20150500
During stayed in KL, we used this very comfortable & convenient hotel.
Strangely, the room number, it was the same as the date of my birthday !!
Hotel the INTERCONTINENTAL K L
165 Jalan Ampang, Kuala Lumpur 50450 Malaysia

〇 今日の一献 小宅の庭で見つけた、アブラゼミの羽化

―― これからも信頼に応えられるだろうか

 先にクマゼミの羽化について書いたけれど、今度はアブラゼミの幼虫が、雨の日の夕方に自宅の同じキンモクセイの樹を上っていくのを見つけた。

20150722_000.jpg

 午後8時ごろ
 羽化する場所を求めて、木の枝を上っていく幼虫。

20150722_001.jpg

 午後10時30分ごろ
 幼虫の背が割れて、成虫の大きな体が出てきて羽化が始まった。

20150722_002.jpg

 成虫の身体をゆっくりと乗り出す。
 脱皮する成虫は白く柔らかいから、幼虫時代の身体より膨張して大きくなる。

20150722_004.jpg

 午後11時ごろ
 幼虫の殻から身体のほとんどが出て、逆さまにぶら下がりながら翅をゆっくりと伸ばしていく。

20150723_000.jpg

 午前1時過ぎ
 幼虫の殻からの脱皮・羽化をすべて終わって、翅も伸び、身体を反転させ、体液を身体の隅々まで行き通らせて成熟・硬化するのをじっとして待つ。

20150723_001.jpg

 このアングルで見ると、羽化が行われている場所は、我が家のほんの玄関先でのことだとわかる。
 
20150723_002.jpg

 午前2時過ぎには、ようやく成熟・硬化した。
 


20150723_003.jpg
 
 セミの羽化が夜に行われるのは、長時間同じ場所で行う羽化を、天敵である鳥類が活動する明るい時間帯でのリスクから避けるためだといわれる。
 また、夜間も活動する獣などによるリスクから避けるために、場所によっては届かない高い枝まで登ることもある。

 街中にある小宅の、ごく小さな庭で眺められたこの出来事に、いま、わたしはいたく感動している。

 ところで、この季節、セミの声が夜にも聞こえて、うるさくて寝られないとの話がある。
セミの幼虫が地中で成長する期間は6年とされており、その6年の間に人間の身勝手で、幼虫の成育に必要な木々の伐採や這い出るのを妨げるような、整地・舗装などの環境変化がなかったことで、今わたしたちの身近でも鳴くセミの声が聞こえるのだ。
 そしてセミの成虫の寿命は2週間だともいわれ、人間の寿命に比べてすこぶる短い。

 だから少しの間我慢さえすれば、季節が変わり、また静かになるのだから。

 これからも人間は、どれほど彼らの信頼に応えていくことができるのだろうかと思う。






〇 今日の一献  思い出探しのマレーシアの旅 その14

――No. 14 華人グルメの楽しめる街 イポー

 イポー(IPOH)は、街の中心を流れるキンタ川の流域の錫(スズ)の採掘で栄えた町で、その採掘に従事した人々が主に中華系の人々だったことから、今も71万人の町の人口のうち華人が7割を占め、広東語が広く使われている。またIPOHは、マレーシアの第3の都市であり、半島マレーシアの西海岸のペラ州の州都でもある。
 
 マラヤ鉄道の高速電車、ETSに乗って訪れたIPOHの駅を出ると、以前は駅前広場にはヤシの木と芝生が広がっていたが、今では噴水池と浚渫機を使ったスズ採掘や汽車による運搬などの風景を描いたレリーフのモニュメントが設置され、訪れた者にこの町がかつてスズ鉱山で栄えた町なのだと教えてくれる。

 IPOHのスズ鉱業の好景気は、英国植民地時代の1950年代にピークを迎えたが、1970年代になって世界的なスズの市場価格の崩壊でついに終焉を迎えた。

20150402_001.jpg

 駅前広場には、スズ採掘や汽車による運搬風景を描いたレリーフのモニュメントが設置され、訪れた者にこの町がかつてスズ鉱山で栄えた町なのだと教えてくれる。
 
00P1030590_edited-1.jpg

 広場の先の大通りを隔てた向こうには、1914年に建設された英国植民地時代のコロニアル様式の白亜のタウンホールや裁判所があり、駅舎とともに町のシンボルとなっている。

00P1070454_edited-1.jpg

 年中咲き続ける熱帯の花木、強い芳香を放つプリメリアの白い花は、白い建物によくマッチしている。

00P1030593_edited-1.jpg

 タウンホールの隣には、コロニアル様式の裁判所がある。


○ オールドタウン(旧市街)のグルメ探訪
 IPOHの街を南北に流れるキンタ川を挟んで、西には商店が並ぶオールドタウン(旧市街)と東には新市街が広がる。

00panorama ipho 00

 旧市街には、スズ鉱業の好景気時代の19世紀に華人たちによって造られた、コロニアル風の建物が数多く残るチャイナタウンの様相を呈する歴史地区となっている。

00P1070471.jpg

 朽ちつつあるものの、今でも古い装飾がそのまま残るコロニアル風の建物。

 ● IPOH名物「ホワイトコーヒー」
 ホワイトコーヒーといっても、何もコーヒーの色が白いわけではない。
 淹れたときの色が普通のコーヒーよりも色が薄く、若干明るいということからこう呼ばれるようになったようだ。

00panorama ipho 11

 旧市街のバンダル・テイマ通りには、このコーヒーの名店が点在している。
 この画像の左端にある2階建ての店が、IPOHで最も古い1937年創業の店で、ホワイトコーヒーの元祖ともいわれる新源隆(Sin Yoon Loong)の店だ。その右の並びの店が姉妹店といわれる新源豊(Sun Yuan Foong)だ。

 通りを挟んだ向いのクリーム色の壁の店が南香(Nam Heong)本店で、「OLD TOWN WHITE COFFEE」の店をマレーシア全土にチェ-ン展開し、この町で生まれたホワイトコーヒーを有名にした店だ。

00P1030609.jpg

 わたしたちはホワイトコーヒーの創始店といわれる新源隆(Sin Yoon Loong)に入ってみた。
 間口は狭いが奥行きが深い古いままの店には、昼食時にはまだ早かったが、それでも多くの常連客がお茶を飲みながら雑談を交わしていた。

00P1030635.jpg

 軽食もできる店のテーブルは高く、エアコンの代わりに天井に扇風が回る。
 店の奥の壁には華人の店には必ずある、縁起を担ぐ文字を書いた赤い紙が張られている。

00P1030618.jpg

 厨房は入口にあり、入ってきた客は好みのものを注文してから席に着く。
 


 さて、注文したお目当ての創始店のホワイトコーヒーの味は、コンデンスミルクをたっぷり入れたやわらかい甘みで、日本のミルクコーヒーといった風情だ。一般的にこの地では、日本とは違ってサービスとしてか総じて飲み物などは甘さが強すぎる傾向がある。
 おつまみに、あわせてパイ仕立ての菓子パンを注文した。

P1030623.jpg

 ホワイトコーヒーの製法は、コーヒー豆にマーガリンかパーム油を混ぜ、短時間でコーヒー豆を焼く。そうすることで、淹れた後のコーヒーの色が薄く、一般のコーヒーよりもクリーミーな風味が出せるのだそうだ。

00P1030620.jpg


 壁に掲げられたメニュー
 コピ・オ(Kopi O )を注文すると、砂糖の入っている「ブラックのコーヒー」。砂糖なしはコピ・オ・コソン(Kopi O kosong)などと、いろいろメニューがあるようだが一見の客には判りにくい。


 「インスタントのホワイトコーヒー」
 ところで、現地の友人から帰る時にあれこれもらったお土産の中に、後日、ホワイトコーヒーの粉末コーヒーの袋が入っているのを見つけて驚いた。
 調べてみたら、マレーシアでは幾つかのメーカーが製造・販売しているようで、このホワイトコーヒー、わたしが知らなかっただけで、今や世界的にも有名な飲み物となっているようだ。

00P1160191.jpg

● IPOH名物 「蒸しチキン」と「モヤシ炒め」など
 旧市街のあちこちには、Ipoh名物の広東料理「蒸しチキン」の看板を掲げたレストランが多い。

20150811_001.jpg


 雨上がりの平日のお昼時。客は車で乗り付ける。
 こんなに多くの店があっても、客はそれぞれのお気に入りの店があるらしく繁盛しているようだ。


00panorama ipho 22

 その中の一つ、「老養」(Low Wong)レストランに入る。

00P1030809.jpg


 店の入口のケースには、「アヤム」と呼ばれる蒸し鶏肉がぶら下がる。
 
00P1030807.jpg

 店の入り口の厨房では、米粉の中華うどん「スープ・クイティァオ」を作っている。

00P1030787.jpg

 店内の客は、KLやペナンからも訪れるという。


00P1030765.jpg

 ジューシーで柔らかくソースも美味な蒸しチキンとゴマ油で炒めたモヤシ(萌芽)炒めの「タオゲイ」、米粉の中華うどん「スープ・クイテオ」を注文する。
 
 IPOHのモヤシが有名なのは、ブラック・マッペという豆をこの地域の山々の花崗岩層から流れ出たミネラル豊富な水で発芽させる。
 一般に中華料理で使うモヤシは、芽と根を取り去って茎の部分だけを使う一品料理として美味いが、ここでは発芽して長くならないうちの短く太いままのものを使い、炒め過ぎないことで、モヤシのしゃきしゃき感と味が人気を呼んでいるのだろうと思う。

00P1030766.jpg

 名古屋のきしめんに似たスープの麺「スープ・クイテオ」は、喉越し良くツルリと腹に入る。
 塩味の強い日本と違って、この国の料理は全体的にかなり薄味で、ここでも好みに応じて醤油をかけた酢漬けのタカのツメ(グリーン・チリ)を添えて食べる。
 これは、熱帯の暑さで弱った身体には、食欲増進のために辛い香辛料が有効だからだと考えられる。

00P1030831.jpg

 昼食後、商店の狭い軒を伝い歩いて「豆腐花」の店に向かう。
 古い商店街ではこの小さなアーケードが整備されており、激しいスコールや直射日光を防ぐ役割を果たしている。

● IPOH名物 「豆乳」と「豆腐花」
 この地の恵まれた水を使って作られる「豆腐花」は、中華料理の点心料理の一つだが、ここではごくカジュアルなスイーツとして好まれている。
 
00P1030839.jpg

 日本では、豆乳をニガリを使って凝固させるが、中国大陸と同じようにここでは凝固剤に石膏を使うようだ。

00P1030835.jpg

 「豆腐花」は日本の寄せ豆腐の風情で、軟らかくて甘くなく豆腐の味そのままだから、味付けにブラウンシュガーや生姜シロップなどをかけて食べる。そのうえ30円程と安いから、昼食後の満腹でもペロリといける。

 このほかIPOHグルメには、香港飲茶や中国から伝わり九州地方で栽培されるボンタンと同じ大きな柑橘果実の「ポメロ」、塩に包んで一羽を丸ごと焼いたチキン、スイーツとしてエッグタルト、揚げもち.などもお勧めという。

20150811_000.jpg

 お土産の店の種類も豊富で、わたしたちには懐かしい果物の王様といわれるドリアンの果実を使った、ういろうのような「ドリアン・ケーキ」を買った。

○ 鍾乳洞の岩窟寺院
 マレー半島が太古の昔に海底から隆起した証拠を示すように、この地方では石灰岩質の岩山が連続し鍾乳洞などの洞穴も多く中華系住民が多いことから、いくつかが巨大な岩窟仏教寺院となっている。

00P1030674.jpg

 わたしたちは、その中でも市街から北にある最大の洞窟寺院、ペラ・トン(霹靂洞)を訪れた。
 ペラ・トン寺院は、背後に標高122mの小高い岩山に開いた洞穴を利用した寺院で、石段を上がると中華風の立派な門がある。  門をくぐって中に入るとそこにはライトアップされた数多くの巨大な仏像や壁画が描かれ、仏教の極楽が再現されている。

IMG_20150416_0007.jpg

  30年前にもここを訪れたが、今もその風景は変わらない。
  変わったのはわれわれだけだ。

P1030689_201508112135067b5.jpg

 入口を入った正面に鎮座する大日如来座像。お賽銭を入れると傍らの大きな鐘を鳴らしてくれる。

00P1070480.jpg

 阿弥陀如来の立像は、高さが13mあるという。

00P1030705.jpg

 洞窟内部の順路に従い階段を上り詰め洞窟から野外に出て、さらに汗をかきながら階段を上ると展望台があり、そこからIPOHの街を一望することができる。

00P1030708.jpg

 汗をかきながら苦労して登れば、そこにはIPOHの街の眺めが広がる。


 仏教巡礼者のように、わたしたちはこのペラ・トン寺院のほか、IPOH最古の洞窟寺院サンポ・トン(三寶洞)なども訪れたが、いずれもかつての錫の採掘で栄えた華人の財力と信仰の大きさを偲ばせる立派な寺院だった。

00P1070484_edited-1.jpg


 帰りは、また激しイスコールとなった。


00P1030727_edited-1.jpg

 帰り道に通った、ゴシック様式のセント・マイケル学院
 第2次大戦時に日本軍が統治していた時代には、ここはペラ州の軍総司令部が置かれていたといわれるが、今は学校として使われている。

00P1030744_edited-1.jpg


 スコールが止むのを待つ中学生
 下校時に再び降ってきた激しいスコールに、雨宿りしながら迎えを待つ中学生たち。

00P1030748_edited-1.jpg

 交通の便が良くないこともあって、生徒の通学時には親が車やオートバイで送迎することが多いそうだ。

 雨宿りしながらスコールが止むのを待つ生徒たちも、多民族国家マレーシアの民族構成を反映している。

00P1030925_edited-1.jpg

 スコールが通り過ぎれば、また熱帯の青い空が広がる。
 帰りは高速道路を使って、KLに戻る。


00P1030932.jpg
 
 この地方の豊富な水で育まれた食材と、独特の華人文化が融合した食品のバラエティとその味は魅力的で、IPOHのグルメを目当てにわざわざKLなどから訪れる観光客が多いと聞くのもうなずけることだ。

 かつて北部の観光地ペナンへの往還の途中やこの地にあるロイヤル・ペラゴルフクラブでのプレーのためここを訪れたことはあったが、今回のわたしたちのIPOH旅行は、昼食を挟んだ日帰りのほんの小旅行だった。

 次はまたゆっくりとここを訪れてみたいと思う。




最新記事
カテゴリ
プロフィール

2011deko

Author:2011deko
でこちんの
  『いつか ありしこと。』
   のブログへようこそ!
(掲載写真は、クリックする
と、拡大写真になります。)

性 別:男性
住 居:愛知県
趣 味:ブログのカテゴリー

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
来場者数
検索フォーム
リンク