〇 今日の一献 花の好みは、歳と共に変わるか その2

―― 今年、我が家の庭に咲いた花、華、葉菜たち

P1090988-90.jpg

 水滴のダイヤモンド
 スコールの雨が通り過ぎた後、夏の強い太陽の光に水滴が反射して、ダイヤモンドのように光り輝く。
これで、一カラットぐらいの大きさがあるのだろうか。
 しかし、わたしのパートナーは、きっとこれでは満足しないにちがいない。

The diamond of the drop of water.
After the rain of the squall has passed, the drop of water reflects in a solar light and is brilliant like the diamond.In this, will there be size of around 1 carat?
But, my partner probably wouldn't be surely satisfied with this.
In my garden

20120805ギボウシ

ギボウシ(擬宝珠、英名Plantain lily:Hosta)  20120805
 東アジア原産の多年草。山間の湿地などに自生し、また花が美しく日陰でもよく育つため栽培している。
 英語名Plantain lilyは「オオバコユリ」という意味だが、これはギボウシの葉がオオバコに似ているからという。

Plantain lily ('Giboushi'in Japanese: Hosta) is perennial plant and is native of East Asia. It grows wild on the mountain damp ground and is cultivated.
The flower is ok in the shade and beautiful.
In English, "a plantain lily" means, this is because a leaf of the funkia resembles a plantain.

20120830.jpg

 ベラドンナリリー(本アマリリス、Amaryllis belladonna‘Hathor’)20120830
 原産地は南アフリカの球根植物で、中の詰まった茎にヒッペアストラムよりも小さな花を6~12個付ける。最初は、鉢入りのセットで買って栽培し花が咲いたが、それからはずっと咲かなかった。
 夏植えの丈夫な球根植物だから、枯らすことはまず無いが、開花が気まぐれで、今年ようやく2本が咲いた。
 なお、原産地が同じ南アフリカの球根植物で、ヒッペアストラムは中が空洞になった茎に大きな花を4~5個付けるが、こちらをアマリリスと混同して呼ぶことが多い。

The Belladonna lily (Amaryllis belladonna 'Hathor')
The origin of this is South African bulbous plant which blooms 6-12 flowers smaller than the Hippeastrum that the inside of stem is full.
Because of summer planting bulbous plant and strong one, so we couldn’t killed it.
Although I was looking after many bulbs so far in my home.
But flowering of them are a whim and did not readily bloom, and two of them at least bloomed this year.
Meanwhile the same South Africa bulbous plant named 'Hippeastrum',blooms 4-5 big flowers to the stem that the inside became hollow, but we confuse this with an amaryllis and often call it.

20120915.jpg
 
 アサガオ(朝顔、英: morning glory 、Ipomoea nil[)20120925
 ヒルガオ科サツマイモ属の一年性植物で、日本で最も発達した園芸植物のひとつ。日本へは、奈良時代末期に遣唐使がその種子を薬として持ち帰ったものが初めとされる。
 アサガオの種の芽になる部分には下剤の作用がある成分がたくさん含まれ、漢名では「牽牛子(けんごし)」と呼ばれ、古代には薬用植物として扱われていた。このアサガオは、原種に近く派手さがないが生育力は強い。

20120922.jpg

 タマスダレ(玉簾、white rain lily:Zephyranthes candida ) 20120922
 ヒガンバナ科の植物のひとつで、ペルー原産の球根草。一本の花茎に対して、花は1つだけ花を咲かせる。葉は細長く、土から直接出ている。目立たないが、放っておいても必ず春秋に花が咲く。
 葉や鱗茎に、リコリンというアルカロイド成分が含まれており、誤食すると嘔吐、痙攣の症状をおこし、葉はノビルと間違いやすいので注意を要する。

201209220.jpg

 オキザリス・トライアングラリス(Oxalis triangularis)20120922
 カタバミ科カタバミ属の球根植物の半耐寒性の多年草で、雑草のカタバミの仲間で、地下に球根を持つものをオキザリスと呼ぶ。
 原産地はブラジルで、葉色が紫色で美しく、別名三角葉オキザリス又はインカノカタバミとも呼ばれる。

2012092200.jpg

 はなかたばみ (花片喰、Oxalis bowiei))  20120922
 南アフリカ原産のカタバミ科カタバミ属の半耐寒性の球根多年草。カタバミの園芸品種で、花茎を伸ばした茎先に桃色の大輪の花を咲かせる。葉は三つ葉形で緑色。

20120925.jpg

 ホテイアオイ 20120925
 (布袋葵:Eichhornia crassipes Solms-Laubach)南アメリカ原産の水草で、水面に浮かんで生育する。
 夏に咲く花が青く美しいので観賞用として明治時代に日本に持ち込まれた。金魚の飼育などに夏の日陰を作り、またその根が金魚の産卵用に使われる。変わった特徴として、葉柄が丸く膨らんで浮き袋の役目をしている。
 日本では、この浮き袋のような丸い形の葉柄を、七福神の「布袋(ほてい)」の膨らんだ腹に見立てて「ホテイアオイ(布袋のような形をしているアオイ)」と呼ばれるようになった。
 今夏、友人からヒメダカをもらったが、その折にこのホテイアオイもセットでいただいたものだ。

The water hyacinth
The water hyacinth (in Japanese "Hotei Aoi": Eichhornia crassipes Solms-Laubach) is a waterweed native of South America that floats on the surface of the water and grows. Because of the beautiful blue flower blooms in the summer, was brought into Japan for admiration use in the Meiji era.
It will be used for the summer shades of the breeding of the golden-fish, and the root is used for the laying eggs of them.As a strange characteristic, a leafstalk swells out in a circle and does the function of the floats.
In Japan, this floats likened a leafstalk of the round form such as the stomach of "Hotei" of the Seven Deities of good luck which swelled out and came to be called "Hotei Aoi" (wild ginger having a shape of Hotei).

20120930_000.jpg

 ニホンハッカの花 20120930
 ニホンハッカ( 日本薄荷、Mentha arvensis var. piperascens)は、日本在来のシソ科ハッカ属の多年草で、ハーブの一種。
 爽快な香りや、清涼感がするのは、体中にある冷たさを感じる受容体を刺激したり、常温で昇華するため気化熱を奪ったりすることによるが、はっかに多く含まれているメントールの性質による。

The Japanese peppermint (herb)
The Japanese peppermint, ('Nihon-Hakka' in Japanese: Mentha arvensis var. piperascens) is perennial plant of the Japanese usual mint family peppermint genus and is a kind of the herb.
There is a lot of menthol which stimulates a receptor feeling the coldness in the whole body included in the peppermint, so we can feel a refreshing fragrance and refreshing feel.

201210060.jpg

 ルコウソウ(縷紅草、英名は Cypress vine 、Ipomoea quamoclit)20121006
 ヒルガオ科サツマイモ属の非耐寒性つる性多年草で、原産は熱帯アメリカで、わが国へは、江戸時代の初めに渡来した。アサガオと同じように冬になり気温が下がると枯れてしまう春蒔きの一年草。
 葉は細く、羽状で、花は星型で直径2cmほどである。花色は白色、赤色、ピンク色などが一般的。我が家では、家人の知らないうちに生育し開花した。

20121013_000.jpg

 セイボリー(Satureja) 20121013
 シソ科 Satureja 属でハーブとして知られるものなど、およそ30種がある。種子の部分が香辛料として最もよく知られている。セイボリーの葉には、独特の強い芳香とペパーに似た辛味感、そしてほろ苦さがある。
 我が家の庭のセイボリーは、一年生草のサマーセイボリー(別名キダチハッカ)で、ウィンターセイボリーは多年生草本。我が家では、種子で発生を繰り返している。

The Savory (herb)
A Savory (:Satureja) has approximately 30 kinds including a thing is known as herb by the mint family Satureja genus.
A seminal part is the best known as spice. A leaf of a savory has a unique strong sweet smell and a feeling of like pepper sharp taste and bittersweetness.
The savory of the my home garden which is called 'Summer savory' (another name 'Kidachi peppermint') is the first grader grass.And other is called as 'Winter savory' of perennial herb.

20121023.jpg

 キンモクセイ(金木犀、Osmanthus fragrans var. aurantiacus)20121023
 中国南部が原産の常緑小高木樹で、江戸時代に日本に渡来した。
 主に庭木として観賞用に植えられ、秋になると小さいオレンジ色の花を無数に咲かせ、芳香を放つ。これは雌雄異株であるが、日本では雄株しか入っていないので結実はしない。
 花冠は白ワインに漬けたり、茶に混ぜて花茶にしたり、蜜煮にして香味料に仕立てたりする。
 暑い夏が過ぎると、我が家や近所の家でも金木犀が咲いて、良い香りが取り巻く。
http://2011deko.blog.fc2.com/blog-entry-128.html

The fragrant orange-colored olive
The fragrant olive ('Kin-Mokusei' in Japanese:Osmanthus fragrans var. aurantiacus)is an evergreen tree, and was brought to Japan from the southern China in the Edo era.
It is planted for admiration as a garden tree mainly, when small flower of orange-color blooms innumerably in autumn, it gives off a very sweet smell.
This is the dioecism, but does not bear fruit because only the male had entered in Japan. It will be enjoyed that the corolla will be soaked in white wine, or be mixed with tea for flower-flavored tea.
When the hot summer passes at last, a fragrant olive are blooming in neighboring houses and even in my garden.We are surrounding with good fragrances in this season.
http://2011deko.blog.fc2.com/blog-entry-128.html

20121103.jpg

 ツワブキ(石蕗、艶蕗:Farfugium japonicum)20121103
 キク科ツワブキ属の多年草。イシブキ、ツワともいう。ツワブキの名は、「艶のある葉のフキ」から転じたと考えられている。
 日本では本州の福島県・石川県以西に分布し、国外では朝鮮半島、中国、台湾の低地から山地の日陰や海岸に多い。日陰でもよく育ち、葉は厚くて表面につやがあり、緑色が濃く、若いときには綿毛が多い。花期は10-11月で、斑入りの葉を持つものもある。
 有毒物質のピロリジジンアルカロイドを含有し、民間薬「たくご」として、茎と葉を打撲や火傷に用いる。フキと同じように茎を食用とすることもあり、「キャラブキ」と呼ばれることもある。
 確か昔読んだ夏目漱石の小説「坊ちゃん」の中で、主人公の落とした財布をばあやのキヨが井戸端で洗う場面の挿絵があったが、その井戸の隅にこのツワブキの花が描かれていた印象から、以前は、あまりこの花が好きではなかった。

Farfugium japonicum is a plant of the family Asteraceae, also known as leopard plant, green leopard plant, and ligularia.
Farfugium japonicum is native to rocky coastal cliffs of Japan (called Tsuwabuki in Japanese), Korea, and Taiwan.It grows in a loose clump about 0.6 m tall and wide spreading by rhizomes. Daisy-like yellow flowers, 2.5-5.1 cm across, are borne in loose clusters.
Some cultivars have shiny green leaves variegated with irregular creamy white or yellow markings, which are leathery and large, 10.2-25.4 cm across, rounded or kidney shaped, with wavy or toothed margins, held aloft on long stalks, and they are evergreen. Others are an even green without the white or yellow markings.

2012110309.jpg

 ほととぎす(杜鵑草、Toad lilies:Tricyrtis hirta)20121103
 日本の茶道の部屋に飾る「茶花」として、よく使われる秋の花(10月)だ。
 山野の林下や林縁、崖や傾斜地などの、日当たりの弱いところに自生するユリ科の多年草。東アジアに分布し、19種のうち日本では 10種が日本固有種で、日本が原産であると推定されている。
 この品種は、秋に咲き、草丈は 1m になり、花は上向きに咲き、花弁が 6枚で、4日間咲く。関東地方以西に分布する。若葉や花にある斑点模様が鳥のホトトギスの胸にある模様と似ていることからこの名になったという。

The Toad lily ('Hototogisu' in Japanese: Tricyrtis hirta) is an autumn flower used as "simple flower arrangement for the tearoom" to display in the room of the Japanese tea ceremony well (October).
Perennial plant of Liliaceae is growing wild in the weak light place of the sun of forest bottom and the fields of mountains.
It is distributed over the East Asia, and ten kinds in 19 are Japanese endemic species in Japan.The height of a plant becomes 1m, blooms for four days in autumn, and the flower blooms upward, a petal is six pieces.
This kind is distributed from Kanto district and to the west.
It is said that it became this name because the design of a young leaves and the flowers resembles the design in the chest of the Grayheaded cuckoo of the bird.

2012110311.jpg

 ランタナ(Lantana camara)20121103
 中南米原産で、観賞用に栽培される。花の色が変化するので、日本では「七変化」という。
 蜜を求めて蝶が好んで集まる、草花の一つ。日本以外では、雑草化している場合が多く、マレーシアでは、この花が咲いているところは、チョウの採集に格好の場所だった。

Lanthana (Lantana camara)
This is originally from Central South America and is cultivated for admiration.
AS the flower change into various colors, it says "succession of seven kinds of dancing" in Japan.
This is one of the flowers attracting butterflies willingly.

201211049.jpg

 ミョウガ(茗荷:Zingiber mioga)20121104
 ショウガ科ショウガ属の多年草。東アジア(温帯)が原産で、日本には大陸から持ち込まれて栽培されてきたと考えられる。花穂の「花みょうが」は、晩夏から初秋にかけ発生し、秋の風味として喜ばれる。一方、若芽の茎の「みょうがたけ」は、春の食材。繁殖は、地下茎による栄養体繁殖が主体で、地上部に見える葉を伴った茎状のものは偽茎とのことだ。
 我が家のミョウガは、パートナーが数年前に友達からもらったもので、一日花なので撮影のチャンスも難しいようだが、わたしは今年の秋に初めて花が咲いたのを見た。

Flower of the Japanese ginger:Myoga
The Myoga or the Japanese ginger ('Myouga' in Japanese: Zingiber mioga) is perennial plant of the Zingiberaceae ginger genus.
It is thought that East Asia (the temperate zone) is brought into Japan in autochthonism from the continent and has been cultivated.
It occurs from late summer through early fall, and "flower Myouga" of the spike is pleased with as an autumn flavor. On the other hand, "Myougatake" of the stem of the bud is an herbaceous spring food.
The stem-shaped thing with the leaf that the above ground part shows the trophozoite breeding by the underground stem in the main constituent as for the breeding is a false stem.There is an old saying in Japan that eating too much Myoga makes you forgetful or stupid.
It was the first time for me that I've found the bloomed flower of the Myoga at our garden in this autumn which my partner got from her friend several years ago.



 いよいよ秋がさらに深まり、落葉も盛んなこの頃だ。もうすぐ冬が来ると、さすがにわたしの庭も寂しくなる。

 先に、我が家の庭にやってきた昆虫や動物たちについて記事を書いたので、今度は我が家の庭に咲いた花、華、葉菜たちの画像でまとめてみた。
全てを網羅したわけではないが、こうしてまとめてみると、結構な数・種類が咲いていたものだと改めて思う。
( 〇 今日の一献 自然が包み込む我家の小庭 続編 その1
 http://2011deko.blog.fc2.com/blog-entry-128.html )


 さて、今年の夏は昨年ほど酷暑ではなかったけれど、その代わり秋が短く、10年ぶりに紅葉はより鮮やかだったというが、知らぬ間に冬の季節に突入してしまい、低温の時期が早まったおかげで勿忘草の発芽が芳しくないとぼやきつつ、筆を置くことにする。

 なお、わたしがいつも不思議に思っている、「人はなぜ花を愛でるのか」について、それなりの示唆を与える本の紹介を見つけたので、何分の参考として掲示しておきたい。

  季節の室礼 『人はなぜ花を愛でるのか』

  http://nekomegami.web.fc2.com/img2/index.html

〇 今日の一献 花の好みは、歳と共に変わるか その1

―― 今年、我が家の庭に咲いた花、華、葉菜たち

 ひとは、齢を重ねると共に、食の好みが変わるといわれるけれど、自分の身近に置く花の好みも変わるようだ。
 食については、若いころには身体が出来上がっていくときで、脂肪やたんぱく質を身体が要求するから、勢い脂濃い食品や濃い味付けを好むだろうけれど、歳を取って身体が老化し始めると、味も淡白で、低カロリーの食事で満足するようになる。

 では、花の好みはどうかといえば、若いうちには原色に近い大輪のバラとかカトレアなどのような派手な色で大ぶりな花を好む傾向があるけれど、自分の感性や体力の変化に伴い、いつしか知らぬ間に、淡い色で小さく可憐な花を咲かせる高価な和蘭やエビネの鉢を並べて悦に居る、自分の姿を見つけることになるようだ。

 わたしの場合といえば、和蘭やエビネの鉢といった方面には、とても高価で手が出ないけれど、それでもやはり淡い色で小さく可憐な花といった方向に傾斜しつつあることは、最近ようやく自覚できるようになってきた。
 そして、いつもわたしが身近に花を見ることになる小宅の庭の花、華、葉菜たちについて言えば、この傾向にさらに、「香り」が加わるような気がする。

 前にも書いたが、わたしの庭はほんの小さな細やかなものだけれど、それなりの草木があって、それを慕って様々な虫などの動物がやってきたりして楽しい。

 そんなわたしの庭で、今年、わたしの心を癒したり、楽しませてくれた花たちは、こんな花たちだった。

020120928_145.jpg

 いつものわたしの庭。この季節、ジャスミンの花が盛りで、甘くて強い芳香がハナムグリやクマバチなどの虫たちを呼びよせる。

20120211.jpg
 
 セッコク(石斛、Dendrobium moniliforme )  20120211
単子葉植物ラン科に属し、日本の中部以南に分布する。紫褐色の茎が集まった株を樹上につけ、赤紫がかった白い花をつける。江戸時代から多くの品種が作られてきたが、古典園芸植物として葉芸をめでる傾向から花のバリエーションはあまりない。多くは白花で芳香があるが、花期は短い。 
 別名の東洋ランとしての名称は、長生蘭(ちょうせいらん)で、漢方薬に使われたことによるとのことだ。
 熱帯地方のマレーシアでは、類似種がアパートの庭にある合歓の木の大木に、寄生しているのが普通の光景だった。

20120408.jpg
 
 スミレ(菫、Viola mandshurica)20120408
 スミレは和名で、春に深い紫(菫色)の花を咲かせる野草。地下茎が太くて短く、多くの葉を根出状に出す。
葉を天ぷらにしたり、茹でておひたしや和え物に、花は酢の物や吸い物の椀ダネにするなど、山菜としても利用されているが、他のスミレ科植物のパンジーやニオイスミレなどは、有毒であるため注意が必要だ。


201204289.jpg

 マルバスミレ(丸葉菫、Viola keiskei) 20120428
 日本の本州以西から朝鮮半島に分布し、葉が径3cmくらいのほぼ円形なことからこの名がある。長い葉柄となることが多い。花は春に咲き、花弁は丸みを帯び、花色は白く唇弁に僅かに紫条が入るのが特徴。冬は葉のままで越冬し、株が大きくなる。
 このスミレのほか、我が家には、スミレに属する種類が結構多いので、幼虫時期にこの葉を食菜とするツマグロヒョウモンなどのチョウの産卵のための訪問が多い。


201204290.jpg

 ハゴロモジャスミン(羽衣素馨、英:Pink Jasmine、Jasminum polyanthum) 20120429
 ジャスミンの仲間は、熱帯、温帯に約200種が分布するというが、その中で日本で普通に栽培されている種のひとつ。中国南部原産の常緑性のつる性樹木で、つるを長く伸ばしその先端に強い芳香の30~40輪の花をまとめて咲かせ、クマバチなどの昆虫を誘う。
 ジャスミンティーに利用されるのは、マツリカ〔J. sambac〕と呼ばれ、本種と異なる。


20120504.jpg

 アヤメ(綾目、Iris sanguinea) 20120504
 多年草で、野の草地に生える(ショウブと違って特に湿地を好むことはない。)。葉は直立し、5月ごろに径8cmほどの緑色の花を付ける。外花被片(前面に垂れ下がった花びら)には網目模様があることから本種の和名のもとになった。北海道から九州まで分布する。


201205048.jpg

 クレマチス(鉄仙、Clematis) 20120504
 蔓性多年草のうち、花が大きく観賞価値の高い品種の総称。修景用のつる植物として人気があり、「蔓性植物の女王」と呼ばれている。
 日本では、テッセン(鉄仙)およびカザグルマ(風車)と呼ぶ。原種は約300種類存在すると言われ、日本をはじめ中国、ヨーロッパ、ニュージーランド、アメリカ合衆国テキサス州など世界各地に分布する。

The generic name of a kind that Clematis has a big flower among climbing nature perennial plant, and has high admiration value.It is popular as a arranging scenery and is called "the Queen of the climbing nature plant".
In Japan, It’s called Tessen or Kazaguruma. It is said that approximately 300 kinds of progenitors exist, and they are distributed over China, Europe, New Zealand, United States of America Texas, all parts of the world including Japan.


20120611.jpg

 オオマツヨイグサ(大待宵草、Oenothera erythrosepala ) 20120611
 マツヨイグサ属にはおよそ125の種が含まれ、どの種も南北アメリカ大陸原産であり他地域には産しない。
 この種は、径約7cmの大きな花を咲かせるところから、ヨーロッパで品種改良された園芸種と考えられ、日本では1870年代に渡来し、その後野外に逸出し帰化植物化した。秋に芽生えて根出葉が円盤状に並んだ(ロゼット)状態で越冬し、初夏に花茎を伸ばして美しい花を咲かせる。夕暮れから花を開き始め、受粉のために芳香と蜜で蛾などを誘い、朝にはしぼみ終わる。
 標準和名では、黄花を咲かせる系統は「マツヨイグサ」(待宵草)、白花を咲かせる系統は「ツキミソウ」(月見草)と呼び、赤花を咲かせる系統は「ユウゲショウ」(夕化粧)などと呼んで区別する。
 我が家のマツヨイグサは、近年突然変異を起こしてか、蕾が形成され始めると茎や葉にねじれが発生するようになり、蕾の開花と捻じれによる茎の劣化のせめぎ合いの内で、何度目かの開花を繰り返すうちに次第に枯死するようになり、種の存続が困難になりつつある。


20120625.jpg

 2色のオシロイバナ(Mirabilis jalapa) 20120625
 赤と黄色の色分け割合は、消費税の賛否世論調査の結果に似ている。
 花が咲く時間が決まっているので、ニューギニアの原住民は、時計代わりにするという。一つの株の中で、枝ごとや花ごとに、様々に色分けた花が多く発生する。
 あまりにも種が多く採れるので、散歩の途中にあちこちの空き地で種を零して回ろうかと思ったが、パートナーに止められたのでやめた。

"Four o'clock" of two colors. (Mirabilis jalapa)
The red and yellow classification ratio resemble the result of the public opinion poll which was asked the yes and no of the consumption tax.
Because the flower blooming time is fixed, I heard that the native of New Guinea uses it as a substitute for a clock.


20120626.jpg

 ノアサガオ「オーシャン・ブルー」(Ipomoea indica) 20120626 
 沖縄県原産で、低地の森林や藪などにごく普通に分布する野生種で、多年生・宿根性で、関東以南では越冬して成長し、古い茎はやや木質化する。ノアサガオの園芸品種が「琉球アサガオ」、「オーシャンブルー」、「宿根アサガオ」などの名称で販売されている。
 草勢はきわめて強健で、蔓は数mの高さにまで伸び、垣根や家の壁面などをカーテン状に覆い尽くす。葉はアサガオより大きく、花は多数が房咲きし壮観。時刻と気温によって花の色が変化し、早朝は青く昼は紫になる。

A kind of the morning glory, "Ocean blue"
This plant winters as a perennial plant which becomes the big stock and spreads by strong vitality, can bloom the many flower in summer.
In the morning, the color is a light blue but changes to a purple in the afternoon.

20120629_000.jpg

 アリストロメリア(百合水仙、Alstroemeria) 20120629
 この花は、南アメリカのアンデス山脈の寒冷地に自生する多年生・宿根性。4-7月にかけて花が咲く。
 30年以上前の新婚旅行でハワイへ向かう途中に滞在した大阪のホテルにあった、レストランのテーブルの上に飾られていたオランダ輸入のこの花を見たのが最初だった。

Alstroemeria: Yuri suisen in Japanese
This flower grows wild in the cold districts of the South American Andes. The flowers bloom from April to July.
More than 30years ago, it was the first time for me, when we have stayed at the hotel of Osaka on the way to Hawaii for a honeymoon, I have seen this flower on the table of the hotel restaurant. 

20120708_001.jpg

 グラジオラス (Gladiolus; Gladiolus Tourn )  20120708
 日本には自生種はなく、園芸植物として植えられている。名前は古代ローマの剣であるグラディウスに由来し、葉が剣に類似していることが根拠と言われる。
 日本では明治時代に輸入され、栽培が開始された。根は湿布薬の材料に使われる。

The Gladiolus at my garden.
Gladiolus (Gladiolus Tourn) Japan does not have the origin, and is planted as a gardening plant.
The name comes from Latin, the diminutive of gladius which is a sword of the Roman, and it is said to be grounds that a leaf resembles a sword. It was imported in Japan in the Meiji era, and cultivation was started.

20120714_001.jpg

 モントブレチア(ヒメヒオウギ水仙、Montbretia Crocosmia) 20120714
 南アフリカ原産の夏咲き球根の多年草。耐寒性、耐暑性があり、分球・地下茎を延ばし、冬期には地上部が枯れるが繁殖力は強い。

Montbretia,('Hime-Ougi-Suisen' in Japanese: Crocosmia x crocosmiiflora) is a small genus of flowering plants in the iris family. It is native to the grasslands of Cape Floristic Region, South Africa.
They can be evergreen or deciduous perennials that grow from basal underground corms.
They are grown worldwide, and more than 400 cultivars have been produced. Some hybrids are invasive in the UK, New Zealand, the American Pacific Northwest, Japan and probably elsewhere.

20120728.jpg

 八重咲きのムクゲ  20120728
 ムクゲ(木槿、Hibiscus syriacus; 英語: rose of Sharon)
アオイ科の落葉低木。 庭木として広く植栽されるほか、夏の茶花としても欠かせないインドや中国が原産で、中近東にも自生している。
 日本へは奈良時代に中国から渡来し、和歌山県や山口県に野生のムクゲがあったとされる。夏から秋にかけて白、紫、赤などの美しい花をつける。薬用のほか、鑑賞用に多くの品種がある。
 夏になるとたくさんの花が次々と咲いてコガネムシなどを誘うが、落花も激しく、掃除が大変だ。

20120805-110300.jpg
 
 鷹の爪の花  20120805
 タカノツメは、トウガラシ (Capsicum annuum) の一品種。

20120805_000.jpg

 「鷹の爪」という名の、トウガラシ。
 わたしのブログで、唐辛子を取り上げたので、今年は庭でこれを栽培した。
 巷間言われる通り、確かに辛い。我が家では、マレーシアの時と同じように、蜂蜜を加えた酢漬けにして食べている。
 http://2011deko.blog.fc2.com/blog-entry-114.html

The green chili is named 'Takano tume' in Japanese.
Because I wrote an article of a red pepper with my blog, in conjunction with it, I am cultivating this in my garden this year.The Takano tume is indeed very hot as whole people say.
My wife makes the pickles of the adding a honey in vinegar, as the same way as the times in Malaysia.

20120805-10301.jpg

 ししとうの花  20120805

20120805_001.jpg

 シシトウは、正しくはシシトウガラシ(獅子唐辛子、Capsicum annuum var. grossum)といい、ナス科のトウガラシの甘味種の果実のこと。植物学的にはピーマンと同種だ。トウガラシと同じように、今年、わたしの庭で栽培している、「シシトウガラシ」。何回も収穫できる楽しみがあり、適度に辛くて食卓の1皿となる。
 栽培中に水分ストレスが加わったり、単為結果すると辛みが増し、10個の中に1個ほど辛いものがあり食べ物のロシアンルーレットと言われる。

"The green pepper" ('Shishi Tougarashi' in Japanese) which I cultivate in my garden this year.
There is the pleasure that we can harvest many times and it is moderately hot and will be one dish on the dining table.When it would be added water stress and the lazy fruition during the cultivation, it will increase the sharp hot tastes.
There is a hot one as one in ten, is said to be 'Russian roulette of the food'.




〇 今日の一献 花の好みは、歳と共に変わるか その2
 ―― 今年、我が家の庭に咲いた花、華、葉菜たち に続く

 http://2011deko.blog.fc2.com/blog-entry-134.html




〇 今日の一献 新旧織り交ぜた、さまざまな歴史に彩られた町、堺 その1

―― 上古の巨大な大王陵古墳のある、堺 ―― パート2

〇 上石津ミサンザイ古墳(⑰履中天皇陵)
 この古墳は、石津ヶ丘にあり、前方部を南に向けた前方後円墳だ。現在は、「百舌鳥耳原三陵の南陵」、履中天皇陵として宮内庁が管理している。
 墳丘は3段に築成され、全長は、約365m、後円部の径205m、高さ約27.6m、前方部の幅約235m、高さ約25.3mの規模で、我が国で3番目の大きさの巨大前方後円墳だ。

 現在は一重の盾形周濠と堤があるが、調査によれば、外側に幅20m程の2重目の周濠が見つかっており、かつては、陪塚が10基ほどあったそうだが、現存するのは4基で、その出土品などから、考古学的には築造時期は、第16代仁徳天皇陵に治定される大仙古墳よりも、古いとされている。

 第17代履中天皇は、仁徳天皇と葛城襲津彦の女・磐之媛との間に生まれた第一皇子で、磐余の稚桜宮で即位したが、在位6年で亡くなり百舌鳥耳原陵に葬ったと、『日本書紀』は伝える。

〇 田出井山古墳(⑱反正天皇陵)
 百舌鳥古墳群の中では、最も北にあり前方部を南に向けた前方後円墳で、北三国ヶ丘町の通称三国ヶ丘台地と呼ばれる台地の上にある。宮内庁は、これを「百舌鳥耳原の北陵」、第18代反正天皇の陵墓に治定して管理している。

 墳丘の規模は、全長が約148m、後円部の径約76m、高さは約14m、前方部の幅約110m、高さ約15mで、百舌鳥古墳群では7番目の大きさとなる。墳丘は、やはり3段に築かれ、その形や出土した埴輪から、考古学的には5世紀後半頃に築造されたと考えられている。

 昭和56年の発掘調査で、当初は墳丘が葺石で覆われ埴輪の列に囲まれ、二重の濠に囲まれていた古墳であることが分かったが、天皇陵に治定されているため、宮内庁は学術調査さえ一切認めず、内部の状況や副葬品については何も解明されていない。陪塚は、2基の方墳が確認されている。

 『日本書紀』は、「五穀実りて人民賑わい、天下太平」と記すほどこの天皇の時代は安定しており、反正天皇は宋書の「倭の五王」のうちの大王” 珍”にあたるとされ、対宋外交にも積極的な大王だったようだ。
現在の羽曳野市丹比付近に柴籬宮を築いた在位わずか5年で、柴籬宮で亡くなったとされ、『古事記』によると60歳だったという。

20121005 堺市役所展望台 panorama 00-0

北東方面を眺める。手前は、田出井山古墳。左は北方面、大阪市内が眺められる。
 (堺市役所21階展望ロビーから)

20121005_006.jpg

 今でこそ、お墓の場所といえば、我々が住む街中ではなくて、人目に付かない街から離れた静かな山の中などにあるが、この時代の古墳の意味は、政治勢力の権威のシンボルであったはずで、政治勢力の基盤となる地に築かなければその意義がないことになり、まさにこの地域に当時の王権があった証拠となるという。

 京都大学の上田正明名誉教授によれば、第15代応神天皇から第18代反正天皇までの陵墓が、河内地域(河内・和泉)に築かれており、また(諡が「大雀(オホサザキ)」である仁徳天皇を例外として、)それらの3人の天皇の和風の諡に「ワケ(別)」の尊称が使われているなどから、5世紀にこの地にあった「倭の五王」の王権を、「河内王朝」(「ワケ王朝」)と呼ぶ説を唱えており、興味深い。
 (3人の天皇の和風の諡:ホムダワケ{第15代:応神天皇}、イザホワケ{第17代:履中天皇}、ミヅハワケ{第18代:反正天皇}) 

〇 それでは、なぜこのような巨大な陵墓が築造されたのかだ。
 この5世紀という時期について、わが国の最初の史記ともいうべき『記・紀』では、大王家の継承をめぐって骨肉の争いがあった以外、詳しいことはわからない、しかし、『宋書』の「夷蛮伝」では5人の倭王が、421年から57年間に10回も宋に朝貢したこと、高句麗の王の官位に追いつきたいと焦って自称さえしていたこと、また承認もなしに勝手に家来にも官位を授けていたことなどを記している。
 また、百舌鳥耳原の地に築かれた巨大な三陵は、全て北に後円部、南に前方部を向けて、海岸線に沿った台地の上にあり、陸地の遠方からよく眺められるばかりか、西から瀬戸内海を通って来る船がその威容をよく見えるような位置に意識的に築かれている。
 一方、地方の古墳の出土品などから、この時代になると宮中や政府の役人の官職の構成が決まっていたことが分かっている。

 これらことから、5世紀の倭の国の「河内王朝」(「ワケ王朝」)は、それまでの宗教的な王権から、東南アジアの特に先進国の中国との国際関係を保つことで、先進的な文化や技術を取り入れ、他の地方勢力を押さえながら、国家としての王権の形態をようやく固めつつあった時だったのだろう。
 国際的には、船で到来する海外の人々を通じてこの国の国力を海外に喧伝するため、国内的には、臣従する地方勢力を動員しその忠誠を確かめ、未だ従わない地方勢力には威容を示して圧倒するため、当時、この無謀ともいえる超巨大なプロジェクトを計画・実行し、遂に完成させた、強大な意思を持った大王が存在したという事なのだと思う。
 
IMAGE0000.jpg

 百舌鳥耳原の夜明け
 奈良、飛鳥方面の山から日が昇る。
 (宿泊ホテルの部屋から)


〇 ところで、初めに百舌鳥耳原の巨大な三陵は、天皇の即位順と築造順において、両者には大きな矛盾が生じていると書いたが、そもそも、いくら上古の歴史的建造物で、記録が乏しいとは言いながら、民主主義の科学先進国であるわが国の歴史の上で、21世紀の現代になってもこれほどにも大きな存在感を示している巨大古墳の主さえ未だ定まらず、解明されていないことに驚かされるのだ。
 
 これは、ひとえに、天皇の陵墓であることを理由に、国(宮内庁)が管理しているからだ。

 現在、宮内庁では、天皇、皇后、太皇、太后及び皇太后を葬る所を「陵」、その他の皇族のものは「墓」と規定して管理している。この他にも、被葬者が特定できないが、文献・伝承などから皇室関係者のものとみられるものを「陵墓参考地」として管理しており、古墳の数は全国で121基に上る。
 その治定は、幕末の尊皇攘夷の風潮の下で徳川幕府が、『記・紀』などの史書や『延喜式』などに記された陵墓の地名と、その地名に該当すると思われる地域の大きな前方後円墳を選んで、天皇陵に治定した結果を、明治政府以降、宮内省がそのまま現代に引き継いでいるにすぎないのだ。

 だから、ずっと昔の管理のずさんな時代に、とっくに何度も盗掘もされているとみられるにもかかわらず、百舌鳥古墳群の天皇陵3基と陵墓参考地の2基は、築造と王権継承順の矛盾が既に知られるようになっても、考古学的な調査さえ不思議と何かを恐れて宮内庁が拒み続けているからにほかならない。

〇 堺市役所21階の展望ロビー
 堺市役所の新館棟21階には、地上80mから360度の展望が楽しめる回廊式ロビーがあり、仁徳天皇陵古墳など、歴史を秘めた堺のまちが眼下に広がり、遠く六甲山、関西国際空港、生駒・金剛山、大阪市街までを見渡せる、人気の観光スポットとなっている。
 年中無休で、9:00~21:00の時間を開放しており、観望は無料だ。
 普通は、仮初めにも行政機関の建物だから、開放日や開放時間などに制限を設けたり、財政困窮傾向にある自治体では、(外部行政評価の提言などに被けて、)最近はやりの「受益者負担」とやらで、時には結構法外な利用料を徴収するような風潮があるが、堺市役所はこの点剛毅なもので潔い。

20121005_009.jpg

 堺市役所。左が本館。右が展望ロビーのある新館棟。

20121005_007.jpg

 展望ロビーから、南方の大阪市内方面を望む。

20121005_008.jpg

 展望ロビーから、西方彼方に淡路島、眼下に与謝野晶子の生家や千利休の居所を望む。
 隣に、高いビルの建設が始まっており、そのうち360度の展望は難しくなるだろう。


 改めて思うに、今回の堺の旅は、わたしにとって意義深いものであった。

 昔、わたしの母方の伯父の家が、名古屋の北東部の当時合併前の守山市(現在、名古屋市守山区)にあった。伯父の家には、わたしより年長の頭の良い従兄弟と肌は浅黒いが瞳の大きな一つ年上の従姉弟がいた。小学校の頃は、母に連れられ、大津橋駅から、当時名古屋城の大堀を走る名鉄瀬戸線の電車に乗って、伯父の家によく遊びに行ったものだ。

 そのうちに、農道が通って前方部と後円部が分断された一本松の小山が、古墳であることを従兄弟に教えてもらったことをきっかけに、この地区が守山古墳群と言う古墳の多い地域であることを知った。中学校になると、一人で伯父の家に遊びに行くようになり、従兄弟にせがんで古墳の話を聞いたり、自分でこの地区にある古墳を見て回るようになった。

 ある時、どうしてだったか良く覚えていないが、従兄弟から「古墳の勉強もいいけど、将来、考古学では飯を食ってはいけないよ。」と言われて苦い思いをした記憶がある。
 結局わたしは、それから伯父の家に足を向けることが稀になっていき、飯の食える勉強をして、飯の食える職に就いた。

 しかし、そんなことがあったが、古墳のことをわたしが好きなことには、今も変わりがないのだ。

● 「倭の五王」
 『宋書』は、南朝の宋(420-479)、斉(479-502)、梁(502-557)に仕えた、沈約(441-513)が、永明5年(487)に斉の武帝の命により編纂した史書。
 『宋書』中の「夷蛮伝」の倭国の条にある、5人の倭王(讃、珍、済、興、武)が、それぞれ、421年から478年にわたって、宋に使節を派遣して朝貢し、官位を授けたことを記している。南朝の宋が存続していた5世紀のころ、日本列島に君臨した倭王は、河内の古市古墳群や和泉の百舌鳥古墳群に眠る大王たちであるが、この倭の五王と、『記・紀』の記す古代天皇との比定は、江戸時代から議論されながらまだ確定していない。
 なお、京学上田名誉教授によれば、これらの五王は、讃=履中、珍=反正、済=允恭、興=安康、武=雄略の各天皇としている。

〇 今日の一献 新旧織り交ぜた、さまざまな歴史に彩られた町、堺 その1

―― 上古の巨大な大王陵古墳のある、堺 ―― パート1

 堺の町といえば、ずっと昔、わたしが小中学校の社会科や国語の教科書で学んだ知識では、「世界最大の上古の大王の巨大な陵墓のある都市」、「国内外の交易で力をつけた、有力商人達による自治によって運営されていた町」、「わびの、茶道の創始者の出身地」、「戦場に居る弟の身を案じて、反戦の歌を詠んだ、女流詩人の出生地」といった類のもので、大阪のすぐ南に隣接する誰でも知っている町なのに、ついぞこの歳(還暦過ぎ)になるまでわたしには、訪れる機会がなかった。

 今回、たまたま仕事の用があって、幸いにも、わたしの念願がかなって訪ねることができた堺の町は、新旧織り交ぜて、さまざまな歴史に彩られていた。

20121004_000.jpg

 大阪難波駅から南へ、南海本線(南海電気鉄道)で堺駅に着く。
 南海本線・空港線・加太線・多奈川線で使用されている、南海7100系普通電車。


 堺といえば何と言っても、市内の堺区大仙町にある、その面積において世界最大の前方後円墳、大仙古墳(仁徳天皇陵古墳)があまりにも有名だ。
 堺市民の間では、これを普通に「御陵」と呼ぶことが多いそうで、それは駅(御陵前駅)や道路(御陵通)、町名(御陵通)などの名称にもなっている。

 いまさら歴史の勉強でもないかもしれないけれど、それでもせっかくだから、わたしの撮った写真と共に、しばしお付き合いいただきたい。

 そもそも、大仙古墳(仁徳天皇陵古墳)を中心とした百舌鳥(もず)古墳群は、ヤマト王権成立後の4世紀の末(古墳時代中期)ごろから、6世紀の後半頃(古墳時代後期前半)までの間に、堺市域の南部に広がる海抜20-30mの台地の上に、北三国ヶ丘町、土師町、中百舌鳥町、石津町などの、東西・南北ともに4kmほどの範囲に広がって築かれ、かつては大小94基の古墳(前方後円墳23基、帆立貝式古墳9基、方墳8基、円墳54基)が存在したという。

 現在残るのは、前方後円墳が21基、円墳が20基、方墳5基、そして形態が不明な1基の、合わせて47基となっており、第2次大戦後の宅地開発や道路建設の犠牲となって、惜しくも半分以上の古墳が姿を消したことになる。

20121024_001.jpg

 大仙古墳(仁徳天皇陵古墳)を中心とした百舌鳥古墳群の全容。
 4世紀の末から、6世紀の後半頃までの間に、大小100数基の古墳が築かれたという。
 (“Googl earth”の衛星写真から加工した。)


 この百舌鳥耳原の地には、わが国の『記。紀』や『延喜式』などの記述によると、第16代仁徳天皇、第17代履中天皇、第18代反正天皇の三陵が築かれたことになっている。
 (ただし、具体的な陵墓を特定する記述はないから、問題が生ずるのだ。)
 それは、中国の宋の史書にいう、倭の五王の中の仁徳、履中、反正の三代にわたる王陵だ。
 しかし、管理する宮内庁が、現在この三陵の主であるとして天皇をそれぞれ治定している古墳は、考古学的には、上石津ミサンザイ古墳(第17代履中天皇陵)→大仙古墳(第16代仁徳天皇陵)→田出井山古墳(第18代反正天皇陵)の順で築造されたものと想定されており、天皇の即位順と築造順において、両者には大きな矛盾が生じている。

 この矛盾を、判り易く説明するために、今回作成したのが、次の画像だ。

20121031_002.jpg

 現在の我が国の考古学的知見では、百舌鳥古墳群の形成は4世紀後期に造られた「乳の岡
古墳」から始まるとされている。    (この画像では、左下部の緑囲んだ円内)
 5世紀前期になると、上石津ミサンザイ古墳(⑰履中天皇陵)、百舌鳥大塚山古墳が築造
された。    (この画像のオレンジ色で囲んだ円内)
 次に5世紀中期には、大仙古墳(⑯仁徳陵古墳)、御廟山古墳、いたすけ古墳が築かれ、
(この画像のブルー色で囲んだ円内)
 5世紀後葉になると、田出井山古墳(⑱反正天皇陵)が、そして最後にこれらの古墳を築
造するのを担った、土師氏の集落が傍らにあることから、土師ニサンザイ古墳が築かれたと
されている。                (この画像のピンク色で囲んだ円内)
 従って、画像中のピンクの線は、考古学上の古墳の築造順を示し、それぞれの天皇治定陵の番号は、即位代数を示す。


 こうして見ると、考古学的に見た天皇陵の築造時期と、仁徳・履中・反正の皇位継承順が合致していないことが、明白となる。
 つまり、天皇陵としての治定が正しいという前提に立てば、築造順は大仙古墳、上石津ミサンザイ古墳、田出井山古墳でなければならないからだ。

 しかし、今はとりあえず、これらの古墳の名称と治定されている天皇陵の名称を前提に、話を進めることにする。

〇 大仙古墳(⑯ 仁徳天皇陵)
 この古墳は、堺市大仙町にあり、南の上石津ミサンザイ古墳(⑰履中天皇陵)、北方の田出井山古墳(⑱反正天皇陵)とともに「百舌鳥耳原三陵」と呼ばれ、現在は「百舌鳥耳原の中陵」、仁徳天皇陵として宮内庁が管理している。
 特に、この大仙古墳は、日本最大の規模を誇る超巨大前方後円墳(面積で世界最大)であり、エジプトのクフ王のピラミット(高さ)や中国の始皇帝陵(体積)と並んで、世界の三大古墳に数えられる。

20121024_002.jpg

 前方部が南に向いた墳丘の全長は約486m、後円部の径は約249m、墳丘の高さ約35.8m、また前方部の幅は約307m、高さ約33.9mの規模で、3段に築造がされ、三重の濠の外周は2,718m、その内側の面積は464,124㎡。
 (大仙古墳に沿って右側に南海電鉄阪和線が走るが、古墳の長さは丁度、三国ヶ丘駅から百舌鳥駅間の一駅分ある。)
 また、墳丘は、葺石で覆われており、人物(女子頭部)や水鳥、馬、犬、家などの埴輪が出土している。
 宮内庁が、仁徳天皇の陵墓と治定しており、百舌鳥耳原中陵(もずのみみはらのなかのみささぎ)との陵号が与えられていが、一般には仁徳天皇陵と呼ばれる。ただし発掘調査を宮内庁が禁止しているため、学術的には仁徳天皇陵と断定されてはいない。

20121007_001.jpg

 宮内庁管理のため陵域内への自由な出入りはできないが、堺市の主要な観光地となっている。
 最も墳丘に近づけるのは正面の拝所で、二重濠の外側堰堤まで立ち入ることができるが、拝所の右に管理の詰所があって監視の目があるし、鳥居までの道は鋤で均してあるので、それ以上は近づけない。(大仙古墳(仁徳天皇陵)の正面パノラマ画像)


 一方、三重濠に沿って周遊路があり(1周約2,750メートル)、陵域を一周することもできるけれど、余りにも墳丘が巨大なために、どこから見ても樹木が生い茂るにまかせた巨大な丘にしか見えないそうだ。他の古墳と同じように立ち入り禁止のために、皮肉にも街中にありながら貴重な自然が残され、鳥や昆虫など多くの生きものの楽園になっている。

 この古墳は、前期古墳のように、山や丘陵の先端を利用して築かれた墓ではない。何もない大地を掘削し、盛土して、長い年月をかけて築き上げたもので、まさに巨大な人工の丘であり、人工の建造物なのだ。
1985年に、大林組のプロジェクトチームが行なった試算では、古代の工法で現在実施すれば、ピーク時に1日あたり2,000人を動員したとして、延べ68万7,000人。工期は15年8カ月、総工事費796億円かかるという。

 築造時には、墳丘全体が葺石で覆われ、2万個以上の円筒埴輪が、墳丘上に三重、四重に巡らされていたと推定されている。
 (なお、墳丘の土砂が、一部崩壊している部分があるので、今まで学界では、未完工説などがあったようだが、先日(20121021)航空機から最新機器で調査した結果、築造は完成しており、崩壊は過去に発生した東南海地震などによるものだろうとの結論が出たとのことだ。)

20121005_005.jpg

 百舌鳥耳原の大仙古墳(仁徳天皇陵)の陪塚を含む復元模型。
 墳丘は3段から成っている。
 なお、陪塚は、「ばいづか」と読み、陪冢(ばいちょう)ともいう。
 仁徳天皇陵古墳の陪塚は、14基が知られており、今までの調査などから埋葬施設があるものは、従臣の墓の可能性が考えられ、その他に副葬品のみを埋納した、倉庫的な陪塚もあるとのことだ。
 (仁徳天皇陵の正面近くに設置されていた、復元模型。)


20121005 堺 仁徳天皇稜 panorama 01-0

 堺市役所の高層館21階の展望ロビーからは、巨大な大仙古墳(仁徳天皇陵)の前方後円墳を遠望することができる。右に、上石津ミサンザイ古墳(⑰履中天皇陵)が見える。
 (堺市役所21階展望ロビーから)


 しかし、これでも全容が見えるわけではないので、気球に観光客を乗せて上空から観望する計画があるというが、卑しくも天皇陵を真上から見下ろすことが畏れ多いためか、まだ実現していない。(以前訪れた、カンボジアのアンコールワットでは、観望する気球があった。)
 現在、大阪府の八尾空港から、大阪城~中ノ島~難波~天王寺~堺のルートで巡る「大阪市内・堺コース」を、セスナ機で飛ぶ遊覧飛行会社があるそうだから、これを利用すれば全容観望が可能となる。(約30分の飛行で、13,000円)

P1140113-0.jpg

 仁徳天皇陵の最寄りの駅、南海高野線の三国ヶ丘駅から出た電車が堺東駅に着くのが見える。

 仁徳天皇は、『日本書紀』では、313年2月に即位し、治世67年目の冬10月5日に、河内の石津原(現在の堺市石津町から中百舌鳥町一帯)に行幸して陵地を定めたという。そして、その月の18日から工事が始まったが、工事の期間中に、野原から鹿が走り出てきて、工事人たちの前で倒れて死んだ。人々が怪しんで調べてみると、その耳から百舌鳥が飛び去った。それで、この地を「百舌鳥耳原」と名付けたという。
 (わたしにしてみれば、神聖な陵墓の築造工事の場所の命名をこんないい加減なエピソードで決めることが信じ難いと思うが、『紀・記』にはけっこうそんなことがあるようだ。)

 仁徳天皇は、それから20年後の治世87年目の西暦399年1月に崩御し、その年の10月に百舌鳥野に埋葬したという。しかし、『古事記』では丁卯の年の8月15日に崩御したとし、年齢を83歳としている。

 しかし、今まで修理時などに採集された円筒埴輪や須恵器の特徴から、5世紀前半から半ばに築造されたものと考えられており、『紀・記』の記述する、仁徳天皇の年代記と大きく違うこととなり、仁徳天皇の陵墓に該当しなくなるのだ。


〇 今日の一献 新旧織り交ぜた、さまざまな歴史に彩られた町、堺 その1 
 ―― 上古の巨大な大王陵古墳のある、堺 ―― パート2  へつづく。

 http://2011deko.blog.fc2.com/blog-entry-132.html



最新記事
カテゴリ
プロフィール

2011deko

Author:2011deko
でこちんの
  『いつか ありしこと。』
   のブログへようこそ!
(掲載写真は、クリックする
と、拡大写真になります。)

性 別:男性
住 居:愛知県
趣 味:ブログのカテゴリー

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
来場者数
検索フォーム
リンク