〇 今日の一献 アトリエファブル「谷汲ハーブ園」の開設イベントに行ってきた

―― ハーバリストの長年の念願が結実した ハーブガーデン

 幼馴染のハーバリスト影山むつみ女史が主宰する『アトリエファブル』が、かねてから岐阜県揖斐川町谷汲で整備を進めてきた「谷汲ハーブ園」が、このほど(6/23)オープンするとのことで、朝から仲間で誘いあってお祝いに行ってきた。

 ハーブ園のある揖斐川町谷汲の地区は、2005年の合併以前には、西国三十三所の第三十三番札所、満願結願の寺院「谷汲山華厳寺」のあることで全国に有名な谷汲村で、鮎の棲む清流根尾川や天然記念物のギフチョウ生息地のある山紫水明の地であることでも知られる。

 ハーバルライフを提唱しながら、長年にわたりハーバリストとして東海地方を中心に活動してきた影山女史が、その活動の実践拠点として念願したハーブガーデンの場所に、この地を選んだことが肯かされる。

000-パノラマ20180623-000

 アトリエファブル「谷汲ハーブ園」
 岐阜県揖斐川町谷汲長瀬1223
 県道40号沿 バス停「長瀬診療所」前
 ・開園日:不定期で要確認 052-453-1102 (アトリエファブル)

000-P1120199.jpg

000-P1120130.jpg

 ウエルカム・ドリンクとして、ハーブティーと自家製のケーキをいただく。


 〇 蒸留器を使ったラベンダー・エッセンスの抽出の実演

000-P1120136.jpg

000-P1120251.jpg

000-P1120125_20180625163010a74.jpg

 5年以上前からの構想から整備に着手して3年、影山女史自身が認めるように、まだ整備途上の施設だが、敷地400坪の園内には様々なハーブの可憐な花たちが、「風の谷から」吹いて来るやさしい初夏の風に揺れていた。

 ● 以下の部分をクリックして、さだまさしの楽曲「風の谷から」を聞きながらお読みください。
( さだまさしの楽曲「風の谷から」 https://www.youtube.com/watch?v=dWPM8i7KGw4 )


 〇 ハーブ園の施設全貌

000-パノラマ20180623-02

000-P1120153.jpg

000-P1120159.jpg

 熟すと黒くなる木苺、ブラックベリーの実

000-P1120148.jpg

 園内北隅には、これからの養蜂を予定して養蜂箱が準備されている。

000-P1120156.jpg

 優しい香りのクラリセージ
 香りを吸入することで気分を穏やかに幸福感で満たし、セージのある家には病気がない、といわれるほど薬効が高いハーブ。

000-P1120182.jpg

 ラベンダー・グロッソの花にやって来たクマバチ(キムネクマバチ)
 数あるラベンダーのうちでも、グロッソは茎が長くて丈夫で、大きな株になる。

000-P1120244.jpg

 名古屋から運ばれたギボウシの株
 山菜として若芽、若葉などが食用となる。

000-P1120235.jpg

000-P1120239.jpg

 玄関軒に下げられた、スノーマンの風鐸

000-P1120246_edited-1.jpg

 ボタニカルアート(植物画)の飾られた、楽器室

000-P1120248.jpg

 ハーバルオイルなどのハーバル製品の展示即売コーナー

00-P1120232.jpg

 西隣には、背後に小高い緑の深い山を背負った村の鎮守、「六社神社」が鎮座している。

 石鳥居を潜ると見上げるばかりの大杉がそびえ、遣水を跨ぐ石橋を渡ると鬱蒼とした木々の間に拝殿を兼ねた立派な神楽殿がある。その先の苔むした石垣の組まれた高台には小ぶりな本殿の6つの社が配置され、野鳥たちの平和な囀りが聞かれるスピリチュアルな場所だ。

00-パノラマ20180623-05

00-パノラマ20180623-06

00-P1120178.jpg

00-P1120245.jpg

000-パノラマ20180623-04

 「谷汲ハーブ園」は、根尾川に架かる赤い欄干の谷汲山大橋を渡って谷汲山華厳時へ向かう県道40号沿いにあって、バス停「長瀬診療所」のすぐ前で、余裕のある駐車スペースもあるから、車でのアクセスも容易だ。

 また、最寄り駅としては樽見鉄道の谷汲口駅(徒歩16分)があり、大垣方面から単機のローカル電車に揺られながら、のどかな四季折々の沿線風景も楽しめる。

 県道40号の道路を渡った園の南側には、山並みを背に田植えを終えたばかりの懐かしい山里の風景が広がる。

 これから「谷汲ハーブ園」は、歳月を経て、周りの優しい緑の配置や自然環境に溶け込み、さらに一体となって育まれていくのにちがいない。

00-P1120200.jpg

 「長瀬診療所」バス停

000-IMG_20180625_0002_edited-1のコピー


● 探訪記余話

000-P1120289.jpg

 午後になって帰るころには、いよいよ本降りとなった。
 近くの根尾川では、雨にもかかわらず解禁されたばかりの鮎を狙って、多くの釣り人の姿が見られた。

000-P1120285.jpg

000-P1120279.jpg

 せっかくここまで来たのだからと、昼食には根尾川畔の名物、鮎料理と洒落込んだ。

 刺身から始まって、フライ、塩焼き、みそ焼き、甘露煮、鮎おじやの6品、合わせて9匹のフルコースで、久しぶりに季節物の鮎料理を十二分に満喫して帰った。

 鮎料理「岡部やな」
  岐阜県揖斐川町谷汲長瀬1724-4
  0585-55-2253 080-6900-8877


00-▲組写真 谷汲ハーブ園 20180625(2)

〇 今日の一献 石の上にも3年というけれど、「ハーブの上に30年」とは、、、、
―― 影山むつみさんの、創設30年を迎える「アトリエファブル」
http://2011deko.blog.fc2.com/blog-entry-278.html


Mutsumi’s Herbal Life
http://ivory.ap.teacup.com/fable/





〇 古代の聖域の花飾りか 豊橋の「賀茂しょうぶ園」

―― 「しょうぶ園 賀茂の丘への 花飾り」

 「賀茂しょうぶ園」は、愛知県豊橋市の中心部からかなり離れた北部の、もう新城市や豊川市の方が近い石巻地区の賀茂町にある賀茂神社の参道入り口一帯を、市の観光開発事業として1970年(昭和45年)に整備・開設された花ショウブを中心とした大規模な庭園だ。

 5月の下旬、そろそろ花ショウブが見頃との報を聞き、わたしの属する地域の写真クラブの仲間とともに初めて撮影に訪れた。

 花ショウブは、水はけの良い原野に生い茂るアヤメから園芸種として改良されてきた豪華な美しい花で、湿り気のある土地を好み、花びらの付け根が黄色く色づいているのが特徴で、古くから梅雨の風物詩として日本人に愛されてきた。

00-DSC03761.jpg

 天平元年(729年)に、山城国の賀茂別雷神社を勧請して創建されたといわれる賀茂神社の参道入り口には、水路を跨ぐ赤い太鼓橋が架かっており、その向こうに広大なしょうぶ園が広がっている。

00-DSC03838.jpg

 赤く塗られた太鼓橋は印象的で、このしょうぶ園の一つのモニュメントともなっているようだ。

 敷地面積9,900m2という広大なしょうぶ園には、江戸系、伊勢系、肥後系と呼ばれる3系統の300種の花ショウブ、3万7,000株が植えられており、毎年5月下旬から6月中旬の開花時には「花しょうぶまつり」が開催され、夜間にはライトアップも行われて観光客で賑わう。

00-DSC03874.jpg

 特に、江戸時代後期から武士による園芸品種としての改良が進み、変化に富み多彩な「江戸系」と呼ばれる花ショウブが有名だ。
 このショウブは、白と紫の網目のコントラストが鮮やかで美しい。

000-DSC03784.jpg

 弁が垂れ、はかなげな雰囲気をもつのが特徴の「伊勢系」の花ショウブ。
 外花被が3枚で三英花とも呼ばれる。

00-DSC03808.jpg

 近くに流れる間川からの導水だろうか、水門を備えた立派な水路が整備されている。

00-DSC03858_edited-1.jpg

 「芯」と呼ばれる立派な雌しべが立った、花ショウブ。
 この芯が花弁とマッチして立つことで、花全体の姿を美しく際立たせる。

00-DSC03857.jpg

00-panorama 20180526-06

 園内は整然と区画され、ショウブの造園面積は3,700m2に上る。

00-P1100861.jpg

 熊本で武士階級の手で改良が進められた、ボリューム感のある豪華な花が特徴の「肥後系」と呼ばれる花ショウブ『新玄海』。

00-panorama 20180526-03

 開花した花ショウブの花期は、わずか三日間と短命で、その短い間に刻々と変化するはかない花の美しさを愛でるものとされる。

 株は次々と花を咲かせるが、このときは、まだ園全体では3分咲きとのことだった。

00-P1100830.jpg

 園内の池で栽培されている、6月から11月にかけて花を咲かせる水生多年草の「ヒツジグサ」

00-P1100901.jpg

 水路脇に連続して植えられた、アジサイも咲き始めていた。

00-P1100902.jpg

00-panorama 20180526-02

 しょうぶ園の背後には、賀茂神社のある丘陵地の森が広がる。

00-P1100890.jpg

 しょうぶ園を抜けると、高低差の大きい丘陵地を上がる森の中の長い参道が続き、その先に1200年以上の歴史を刻む賀茂神社の本殿が鎮座する。

00-P1100875.jpg

00-panorama 20180526-古墳01
 
 賀茂神社境内の神山古墳(円墳)
 長い参道の途中の木々の間には、古墳時代後期(6世紀頃)のものと見られる直径28m、高さ3.5mの県内有数の円墳の神山古墳が、ほぼ完全な形で残されており、未調査のために詳細は不明であるものの、市の指定史跡とされている。

 このほか、この丘陵地には、かつては弁天塚古墳(前方後円墳)や行者山古墳、照山古墳、小照山古墳などといった、この地域を支配した古代の豪族の墳墓がいくつか点在し古墳群を形成していたものとみられ、そうした古代の聖域であったからこそ、何らかの霊験灼然を感ずるこの賀茂の丘陵上に、後の時代になって賀茂神社が鎮座されたものと考えられる。

 そのように考えてみると、この「賀茂しょうぶ園」は、賀茂神社のみならず、古代の聖域である賀茂の丘陵に、ショウブの花を供えて飾るための役割も果たしているのではないかとさえ、わたしには思えてくるのだ。

―― 「しょうぶ園 賀茂の丘への 花飾り」

20180525 豊橋 賀茂神社しょうぶ園

00-P1100897.jpg

 平成30年度花しょうぶまつりは、6月10日(日曜日)まで。
 (日没から午後9時00分までライトアップ)

 『賀茂しょうぶ園』
 豊橋市賀茂町字鎌田地内
 入場及び駐車場 無料
 花しょうぶまつり期間は、JR豊橋駅からから臨時直行バスが運行(所要時間:約40分)
 東名高速道路・豊川ICから、所要時間10分







〇 今日の一献 愛知・草遊会の「秋の草もの盆栽展」を観てきた

―― 草花の持つ華麗さ、強さが、素敵な景色を造り出す

  親しい学校の先生からご招待いただいた、愛知県津島市の第2陽だまりの里で開催されている「秋の草もの盆栽展」に、パートナーとともに観に行ってきた。

 この展覧会は、十年以上にわたって愛知県西部地域で活躍する、草もの盆栽愛好グループ「草遊会」が主催する展示会で、会員が日ごろ丹精込めて育ててきた100鉢ほどの見応えのある草もの盆栽が展示されていた。
 
00-P1150565.jpg

00-P1150587.jpg

 紅ちがや、ホトトギス、タデの水盤

00-P1150590.jpg

 苔玉のバラエティ作品

00-P1150593.jpg

 苔玉造りの解説パネル

00-panorama 20171018-00

00-P1150600.jpg

00-P1150577.jpg

 会場では、うれしい抹茶とお菓子の呈茶もあった。

00-P1150584.jpg

00-P1150607.jpg

 会場には、日ごろ会員が丹精込めて育ててきた作品が並ぶ。

00-P1150627.jpg

 通常の盆木を育てる盆栽とちがって、草もの盆栽は、毎年、季節や天候によって発芽・生長する植草の生育状況はまちまちだろうということは知っていた。

 だから例えば今回の展示時期に最も姿の良い作品を出品するためには、人によっては数百もの鉢を育てる方もいるということだった。

00-P1150628.jpg

 不思議と、混生する草花は種類を問わず共生するもので、肥料を押さえながら水の管理や枯れ枝の処理をし、時間をかけて管理していくと、一つの丘、一面の草叢を、こうした手に載るような鉢や岩の上に再現できるもののようだ。

00-P1150609.jpg

 問題は、その姿の良否、美醜をどのように捉えるのかは、作者の感性にかかっているというのはどの分野でも同じだ。

00-panorama 20171018-02

00-草もの盆栽展-1

 人がほんの少し手をかけてやれば、草花は自らの持つ華麗さ、強さで、こんなにも素敵な景色を造り出してくれるのだと、改めて驚きながら観てきた。

 草もの盆栽愛好グループ「草遊会」主催の「秋の草もの盆栽展」は、10月29日(日)午後4時まで。





 



〇 尾張地方の藤の名所の一つ 江南の「曼陀羅寺公園」に行ってきた

―― 60年を経て、園内を所狭しと大きく枝を広げる藤の花の競演
 
 14世紀に開山したという西山浄土宗の古刹、日輪山「曼陀羅寺」の境内に植樹された12種約60本の藤の花が、今を盛りに垂れ咲き競っていた。

 60本というと少なく思えるけれど、1953年(昭和28年)から檀家組織が藤の名所にしたいと境内に植樹を始めたという藤は、60年を経て太い幹に育って園内を所狭しと大きく枝を広げている。

 長く続く75mの藤の棚から垂れる花房は、早咲き、普通、遅咲きと品種によって咲く時期が少しずつ違うことから、紫・紅・白の長く優雅な房や短く可憐なものまで見事に咲き競い、長い期間見頃を楽しむことができる尾張地方の名所になっている。

00-DSC08407.jpg

00-DSC08485.jpg

 白カピタン藤や六尺・九尺藤が咲く藤の棚

00-P1100440.jpg

00-DSC08443.jpg

 藤は60年を経て、太い幹に育って大きく枝を広げている。

00-DSC08449.jpg

00-P1100437.jpg

 華麗な牡丹と九尺藤の競演

00-DSC08507.jpg

 曼陀羅寺公園には牡丹も多い。

00-P1100469.jpg

00-DSC08511.jpg

 蕾は濃いが、開花すると薄い紅色の花で、遅咲き種の「本紅」

00-DSC08524.jpg

 香りが強くブドウの房のように濃紫の花にボリュームがある、別名牡丹藤の「八重黒龍」

00-P1100472.jpg

 藤の咲き誇る中で各種のイベントが開催される今年(2017年)の第52回『江南藤まつり』は、5月7日(日)まで。入場料無料。

00-IMG_20170502_0001.jpg

 曼陀羅寺の第52回『江南藤まつり』の案内パンフレット

 『江南市観光協会 | 藤まつり特設サイト』
 http://www.konan-kankou.jp/fujimatsuri/


001-IMG_20170502_0001.jpg

 曼陀羅寺公園の施設案内図
 愛知県江南市前飛保町寺町202「曼陀羅寺公園」


 〇 喫茶店のモーニングサービス。
 
 ところで、尾張地方の喫茶店のモーニングサービスは有名だが、発祥の地といわれる一宮のそれは「凄い」とは聞いていたけれど、帰る途中にたまたま休憩のために寄った喫茶店のモーニングサービスは、本当に凄かった。

00-P1100479.jpg

 コーヒーを注文すれば、マカロニのサラダ、餡とジャムの載ったバタートースト、茶碗蒸しが付いてくる。最後の締めは昆布茶が出た。これで360円なり。

00-P1100482のコピー

 一般に、モーニングサービスは朝の11時ごろまでが普通だが、ここでは午前5時から午後5時の閉店までがサービス時間とのこと。

 一度は最強の一宮モーニングサービスを体験されることをお勧めしたい。




 #江南の「曼陀羅寺公園」、#第52回『江南藤まつり』、#曼陀羅寺

〇 今日の一献 新しい枝垂れ梅の里 『鈴鹿の森庭園』へ行ってきた

―― 一年のうち、開花期の2ヵ月だけ公開される壮観

 地域の写真倶楽部の会長さんからお誘いがあって、三重県鈴鹿市の『鈴鹿の森庭園』へ枝垂れ梅の撮影に行ってきた。

 この施設は、鈴鹿山系の入道ヶ岳の麓に鎮座する、猿田彦大神の総本宮として知られる「椿神社」近くに開設した枝垂れ梅専門の私設研究栽培農園で、八重咲きの”呉服枝垂(くれはしだれ)”を中心に200本もの大木が栽培されている。

 まだ2014年に開設されたばかりの新しい施設だが、大輪の豪華で見応えのある花を愛でようと、平日のこの日も中高年を中心とする花見の客で賑わっていた。

00-DSC07903.jpg

 八重咲き種の枝垂れ梅の大輪の花は豪華だ

00-P1080484.jpg

 古来より伝わる梅と違って、枝垂れ梅の歴史は新しく、江戸時代後期に文献に登場するという。
 現在確認されている枝垂れ梅の品種は42種あるといわれ、ここでは日本最古の品種”呉服枝垂”を中心に200本が「仕立ての匠の技」で育てられている。

00-DSC07842.jpg

 枝垂れ梅は、一般の梅の開花に遅れて開花時期を迎えるから、桜の開花までの端境期に楽しむことができる。
 
00-パノラマ 鈴鹿の森庭園-02

 全国から集められた各種の枝垂れ梅の古木が絢爛と咲き競う。

00-DSC07820.jpg

00-DSC07912.jpg

00-DSC07881.jpg

 花のシャワーのような梅林の中で、自撮りする女性たち。

00-DSC07862.jpg

00-パノラマ 鈴鹿の森庭園-03

 鈴鹿山系を背景に枝垂れ畝の大木が植えられ、ゆったりと回遊しながらその景観を楽しむことができる。

00-P1080489.jpg

00-P1080513.jpg

 まだ新しい施設で公開期間も短いからか、土産売店や食事施設も整備されてはいるが、入口ゲートや案内標識などは手造りの簡易なものになっている。
 
00-IMG_20170322_0001.jpg

 なお、『鈴鹿の森庭園』は、2月中旬から3月下旬の梅の開花時期だけ一般公開している。

 入場料は大人1,500円と割高感があるが、公開が一年のうちの開花する2ヵ月だけだからやむを得ないのだろう。

 しかしその壮観は、決して期待を裏切らない。
最新記事
カテゴリ
プロフィール

2011deko

Author:2011deko
でこちんの
  『いつか ありしこと。』
   のブログへようこそ!
(掲載写真は、クリックする
と、拡大写真になります。)

性 別:男性
住 居:愛知県
趣 味:ブログのカテゴリー

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
来場者数
検索フォーム
リンク