〇 今日の一献 クラシックカーの耐久レース「ラ・フェスタ・プリマベラ2018」

―― 偶然遭遇した 往年のクラシックカーのラリー

 いつものように、モーニングサービスの喫茶店を出たら、目の前を懐かしいクラシックカーが列を成して走っていった。

 或いはと思って、自転車で後を追って近くのトヨタ産業技術記念館に行ってみたら、クラシックスポーツカーの祭典「Le Festa Primavera 2018」(ラ・フェスタ・プリマベラ2018)の参加車だった。

000-P1070602-1957 LANCIA AURELIA B20S

 LANCIA AURELIA B20S(1957)

000-P1070644-1968 MERCEDES BENZ 280SL

 MERCEDES BENZ 280SL(1968)

 手に入れたパンフレットによると、毎年開催の名古屋をスタートし近畿地方を中心にクラシックカーで1000kmもの長距離を走る公道ラリーで、今年は10周年の記念大会だという。

00-P1070637-1962 ALFA ROMEO GIULIA SPIDER

 ALFA ROMEO GIULIA SPIDER(1962)

 通過ポイントとなったトヨタ産業技術記念館では、車好きの多くの中年、シニアがカメラを構え、盛んにシャッターを切っていた。
 (名古屋市内 トヨタ産業技術記念館)

000-P1070622-1968 TOYOTA 2000GT

 トヨタ 2000GT(1968)

000-P1070642-1964 PORSCHE 356 CABRIOLET SC

 PORSCHE 356 ABRIOLRET SC(1964)

 今年参加した車は、総計65台、熱田神宮をスタートして産業技術記念館などを通過点に、3日間で三重〜和歌山〜奈良〜大阪〜京都を巡る。

 気がつくのが遅かったから見損なってしまったが、先行車には1920年代のBENTLEY、BUGATTIなども参加していたようだ。

 なお、このラリーには、ラリーレーサーの篠塚健次郎氏がHEARLEY SILVERSTONで、またタレントでクラシックカー好きの堺正章氏もMASERATI MISTRAL(1967)で参加しているようだ。

000-P1070646-1965 ASTON MARTIN DB5 VANTAGE

 ASTON MARTIN DB5 VANTAGE(1965)

  Le Festa Primavera 2018の予定コースは、
 4月13日は名古屋市内から三重県内
   14日は和歌山県から大阪府、奈良県内
   15日は大阪府から京都府内を駆け抜けるという。

00-P1070618-1958 MG MGA

 MG MGA(1958)

00-1P1070619-1959 MG MGA

 MG MGA(1959)

000-20180420 クラッシクカーレース00

 後半の参加車しか観られなかったのは残念だったが、各車のコックピットに座る人たちの高揚した顔は、心なしか誇らしげに輝いて見えた。

 このラリーの参加車は、みな1920年代から60年代に生産された名車ばかりだから、もう60年から90年以上も経た今も、堂々と格好良く公道を走っていることに驚かされるとともに、車にかける所有者の情熱と拘りに頭の下がる思いで眺めていた。

000-P1070651.jpg

  「Le Festa Primavera 2018」のパンフレット

00-P1070668.jpg

  しばらくラリーカーを見送った後、家に帰ってから、せめてもとミニチュアカーを、いくつか取り出してみた。

  FARLADY 300ZX(CZ32)









〇 今日の一献 孫に引かれて 『あいち航空ミュージアム』へ行ってきた

―― 航空機の開発・生産の伝統の地で実機を展示する博物館

 関東に住む孫が冬休みの年末年始にやってきたので、昨年(2017年)11月にオープンしたばかりの県営名古屋空港に併設された『あいち航空ミュージアム』へ、孫を連れてパ-トナーとともに行ってきた。

 鉄骨造2階建ての施設(延床面積7,900m²)のフロアには、戦後初の国産旅客機「YS-11」などの実機が置かれ、2階フロアには、日本の航空史に残る名機百選の模型やサイエンスラボがあり、また展望デッキからは県営名古屋空港に離着陸する飛行機も眺められる。

 ものづくりの盛んな愛知県は、戦前・戦後を通じてわが国の航空機の開発・生産の伝統のある地で、現在では航空宇宙産業の拠点ともなっている。

00-panorama 20171225-03

 あいち航空ミュージアム2階のエントランス
 
00-panorama 20171225-05

 地上フロアには、戦後初の国産旅客機「YS-11」などの実機が並ぶ。
 2階フロアには、名機百選の模型コーナーやサイエンスラボがある。

00-panorama 20171225-08

〇 戦後初の国産旅客機「YS-11」
 YS-11は、第二次世界大戦後に初めて日本のメーカーが開発した双発ターボプロップエンジン方式の旅客機で日本の高度経済成長期を象徴する存在となっている。
 1962年8月に初飛行に成功し、1973年(昭和48年)3月の生産終了までに182機(国内民間機75機、官庁34機、輸出13カ国76機など)が製造された。
なお、製造は三菱重工業、川崎重工業、富士重工業、新明和工業、日本飛行機、昭和飛行機工業、住友精密工業の7社が分担し、最終組み立ては三菱重工業の小牧工場が担当した。

00-panorama 20171225-09

 乗員= 2名、定員= 56~64名
 全長= 26.3m、全幅= 32.0m、全高= 8.98m
 自重= 14,600kg、最大航続距離= 2,200km
 最大巡航速度= 470~480km/h

00-P1180259.jpg

00-P1180290.jpg

 この機体は、航空自衛隊のYS-11P輸送機仕様 52-1152号機
 1965年3月に初飛行し、要人や幹部の移送のためのVIP仕様で航空自衛隊に導入され、52年後の2017年5月に総飛行時間2万3,872時間で退役し、生まれ故郷に戻ってきた機体だ。
 
00-P1180225.jpg

 2階フロアの名機百選の模型展示

00-20171225 コウクウニュージアム名機

 名機百選の模型の一部
 左上:「アンリ・ファルマン複葉機」1909年(明治42年)
 右上:日本海軍夜間戦闘機「月光」1943年(昭和18年)
 左下:日本陸軍戦闘機「飛燕(三式戦闘機)」1943年(昭和18年)
 右下:朝日新聞欧州往還機「神風号」1937年(昭和12年)

00-P1180260.jpg

 地上フロアにある航空整備士職業体験コーナー(航空機の離着陸シミュレーションも体験できる。)

00-P1180262.jpg

 インストラクターの説明で、航空機の点検整備の体験ができる。

00-IMG_1963.jpg

00-P1180237.jpg

 〇 「八〇式名市工フライヤー」

 2017年1月に70mの初飛行に成功した、名古屋市立工業高校の生徒が製作した八〇式名市工フライヤー。
 2010年の試作1号機から数えて7年の、6機目の機体。

00-P1180281.jpg

 トイレの中には「YS-11」の操縦席が広がる。

00-P1180228.jpg

 展望デッキからは、県営名古屋空港を離着陸する航空機が眺められる。

00-panorama 20171225-01

 1階「飛行機の工房」に展示されている「零戦五二型甲」。

〇 旧日本海軍の主力艦上戦闘機「零戦五二型甲」
 零式艦上戦闘機は、第二次世界大戦時の大日本帝国海軍の主力艦上戦闘機で、零戦(ゼロ戦)の略称で知られ、航続距離2,200km、20mm機関砲2門の重武装と優れた格闘性能を生かして米英の戦闘機に対し優勢に戦い、戦局に寄与した。
 終戦時まで主力戦闘機として運用され、爆撃、特攻任務にも使用された。この「零戦五二型甲」は、その派生型の「三菱4708」号機。

00-panorama 20171225-06-1

 この機体は、1944年に旧三菱重工業大江工場(名古屋市)で生産され、1983年にミクロネシアのヤップ島で発見されたゼロ戦の残骸の部品を使うなどし、2年かけて復元されたもの。

00-IMG_20180106_0001.jpg

00-P1180296.jpg

 『あいち航空ミュージアム』
 愛知県西春日井郡豊山町豊場(県営名古屋空港内)
 10:00-19:00(休館日:火曜/祝日の場合は翌日)

 なお、隣接する三菱重工業小牧南工場内のMRJ最終組立工場5階フロアには、「MRJミュージアム」が開設され、展示室(約1,150㎡)や2階のMRJ実機の製造作業を見学することができる。



〇 今日の一献 養老鉄道で行く 津屋川堤の彼岸花

―― いま見ごろ 岐阜県津屋川堤の彼岸花
  
 津屋川堤の彼岸花が見ごろだと聞いてきたパートナーの勧めで、午前中の予定をきっちりとこなした上で、一緒に出かけた。
 津屋川堤へは、単線運転の桑名行き養老鉄道で、大垣から養老駅の次の駅「美濃津屋」で降りて徒歩10分。

● 第三セクターの養老鉄道
 養老線は、揖斐川流域西側を縦断する路線で、岐阜県と三重県を直結する唯一の鉄道路線で、三重県桑名市の桑名駅を起点に大垣駅まで来て、一旦乗り換え、スイッチバックして、岐阜県揖斐郡揖斐川町の揖斐駅まで続く57.5km、27駅の路線で、全路線ワンマン運転がされている。

00-P1130856.jpg

 発車を待つ大垣駅から桑名方面行きの列車
 2両編成の特別塗装の「養老改元1300年祭記念列車」610系D12編成(モ612+ク512)の先頭車両
 今年(2017年)、岐阜県養老町では、奈良時代の元正天皇による養老行幸と養老改元の故事以来1300年にちなみ、『養老改元1300年祭』を行っている。
 養老鉄道では、このイベントにあわせ、3月から12月23日まで記念列車の特別運行を実施しており、今回、幸運にもわたしたちはこの列車を利用することになった。

00-P1130855.jpg

 記念特別列車の後部車両

00-P1130861.jpg

 大垣駅から揖斐方面行きの列車

kankou-rosenz.jpg

 養老鉄道は、桑名駅から大垣駅まで来て、スイッチバックして揖斐駅まで続く、57.5km、27駅の路線。

 もともと養老線は、近畿日本鉄道(近鉄)の路線として運営されていたが、貨物輸送の減少、国道258号が整備され自動車交通量が増えたこと、少子化、高齢化による利用者の減少など、経営状況の悪化により、近鉄がこの路線運営の継続を断念したため、代わって沿線各市町等が出資して2007年2月に設立された養老鉄道に移管され、運営されている。

00-P1130864.jpg

 「養老改元1300年祭記念列車」610系D12編成(モ612+ク512)の運転席

00-P1130888.jpg

 「サイクルトレイン」のマーク
 養老鉄道では、沿線のサイクリングを楽しむサイクリング愛好者や地域の利用者の利便を図るため、電車内に無料でそのまま自転車を持込できる「サイクルトレイン」を運行している。
 「サイクルトレイン」の場合、列車の前・後部に自転車をイメージ化した円形のヘッドマークが取り付けられている。

00-P1130862.jpg

 「サイクルトレイン」は、土曜日と休日のすべての列車と、一部時間帯を除く平日9時頃~15時頃までの指定列車で、桑名駅を除く、播磨から揖斐間のすべての各駅で可能で、この日もサイクリング愛好者の姿が目立った。

00-P1130872_20171012014325c6f.jpg

 単線運転のため、駅の停車時に往きちがう列車。

00-P1130881_2017101201460760c.jpg

 養老線は、最高速度:65km/h(表定速度:43.7km/h)で運転されている。
 この季節、路線の傍らに咲く彼岸花の赤が目を引く。

00-P1130900.jpg

00-DSC00261.jpg

 「美濃津屋駅」(みのつやえき)に到着・下車する。
 大垣駅から8駅目の美濃津屋駅は、岐阜県海津市南濃町津屋借畑にある。
 
00-P1130904.jpg

 美濃津屋駅は1919年(大正8年)開設の相対式2面2線のホームを持つ行違可能な無人駅で、駅舎はなく、直接ホームに入る。通学・通勤の利用客は316人/日。

00-DSC00465.jpg

 美濃津屋駅を発車する610系通常列車
 養老鉄道は、1992年に登場した南大阪線6000系車両を養老線用に転属・改造したもので、当初からトイレは設置されていない。

00-DSC00474.jpg

 美濃津屋第1踏み切り周辺

00-P1130913.jpg

 踏切があることを示す交通標識
 いまや煙を吐いて走るSLは、姿を消して久しいが、いまも踏切の標識は昔のままだ。
 新しい標識は、電車が描かれているが、ここでは懐かしいSLだった。


● いま見ごろ 岐阜県津屋川堤の彼岸花

 養老山地から流れ出た津屋川の東堤の3kmにわたり、10万本の彼岸花が植えられ、いま見ごろを迎えていた。
 (岐阜県海津市南濃町内 津屋川河畔)

00-DSC00394.jpg

00-DSC00264.jpg

 養老山地を背景に、水辺に生えるマルバヤナギ(アカメヤナギ)の緑と彼岸花の鮮やかな紅の色のコントラストが美しい。

00-DSC00442.jpg

00-DSC00433.jpg

00-DSC00338.jpg

00-P1130962.jpg

00-panorama20170924-01 彼岸花-美濃津屋川

00-P1130974.jpg

 現地の案内看板によると、下流の小橋の辺りでは6月にホタルの発生も見られるという。
 
00-P1130975.jpg

00-DSC00456.jpg

 
 帰り道に出会った農家のおじさんに、この地の話を聞いたりしていたら、わざわざ名古屋から来てもらったと、冬瓜と南瓜の重いお土産までいただいてしまった。

00-P1130922.jpg

00-P1130920.jpg

00-P1130906.jpg

 旧南濃町の汚水マンホールの蓋
 中央に「なんのう」の「な」を図案化した旧海津郡南濃町の町章。その周りの3本の線は、木曽三川。周囲にスポーツをしている人をデザインしている。


● 還りも養老鉄道で
 
 帰りは、養老線の桑名駅まで出て、そこから近鉄で名古屋へ帰れば三線利用となるがとも考えたが、帰着時間が遅くなるのを考慮して、また来たルートの大垣経由で帰ることにした。

00-P1130996.jpg

00-DSC00485.jpg

 再び美濃津屋駅に入ってきた、記念特別列車に乗車する。

00-DSC00492.jpg

 「養老駅」
 美濃津屋駅の次は、養老町内にある養老の滝などの観光施設で有名な養老駅。
 駅舎の天井からは、養老の滝の故事にちなむ多くの「ひさご」が釣り下がる。

00-DSC00510.jpg

 養老駅でも列車の行き互いが行われる。
 養老線の銘銘の元になった養老駅は、旧養老線の池野 - 養老間開通時に、終着駅として1913年(大正2年)に開業している。
 単式・島式の複合型2面3線を備え、行違・折返可能な有人地平駅で、列車別改札を行っている。

00-DSC00524.jpg

 「神明宮」の幟が上がる、田んぼの中にある、ほのぼのとした村社。
 日が傾き、列車の影が水田に落ちる。

00-DSC00516.jpg

 烏江駅付近の高架区間からの眺め
 烏江駅付近では、揖斐川の二つの支流の堤防を渡るために、養老線のこの区間だけが高架になっている。

00-panorama20170924 養老鉄道大垣駅

 西日の低く傾いた大垣駅に到着。

00-P1130837.jpg

 「OKBトレイン フルラッピング」列車(2両編成)
 大垣に本拠を持つ、大垣共立銀行のスポンサーで、昨年(2016年)11月から運行を始めた、610系D13編成の「OKBトレイン・フルラッピング」列車が、大垣駅に留置されていた。
 ボディには、銀行のイメージカラーに銀行のマスコットキャラクター「パディントン ベア 」と沿線7市町のマスコットキャラクターなどで装飾されている。








〇 東京急行電鉄(東急)シリーズ その5

―― 東急建設が進める渋谷駅周辺再開発プロジェクト

 渋谷駅東口にあった東急文化会館の跡地に2012年に建設された複合商業施設「渋谷ヒカリエ」を皮切りに、駅真上には2019年完成を予定する「渋谷駅街区東棟」や2018年完成予定の「渋谷駅南街区プロジエクト」などを中心に、渋谷駅周辺(139ha)地域では複数の大型開発プロジェクトや区画整理事業が進められている。

00-P1420675.jpg

 2018年の完成を目指す、渋谷駅南街区プロジエクト35階複合ビル

00-P1420680.jpg

 高層複合施設「渋谷ヒカリエ」(2013年完成)から見る再開発風景

00-P1420690.jpg

00-P1420687.jpg

00-P1420683.jpg

 渋谷駅東口と東京メトロ銀座線渋谷駅

00-P1420678.jpg

 東京メトロ銀座線渋谷駅の線路移設とホーム改良工事

00-P1420671.jpg

 先月(6月19日)駅東口で足場の解体作業中に鉄骨落下事故があった、「渋谷ヒカリエ」方面につながる一般通路との工事現場。

00-P1420694.jpg

 渋谷再開発プロジエクトの完成模型

00-kiban_seibigaiyo2015.jpg

 渋谷再開発の整備イメージ図(渋田区役所資料)

00-P1420699.jpg

 ステンドグラス「海からのかおり」
 遠く富士山が見える七里ヶ浜に立つ娘の姿を描いた、日本芸術院会員の大津英敏の風景作品。縦2.4m・横9.0mの巨大なステンドグラス。
 東京メトロ副都心線・渋谷駅(B2F半蔵門線方改札外通路)

00-access_train.jpg















〇 東京急行電鉄(東急)シリーズ その4

―― 田園都市線の起点である渋谷駅の忠犬ハチ公前の「青ガエル」

 いわずと知れた、都内渋谷区の道玄坂にある渋谷駅は、JR東日本を始め東急、京王電鉄、東京メトロの各路線が集中する駅で、駅前広場には有名な「忠犬ハチ公」の銅像があって、その物語を知ってか知らずもがな、今では外国人観光客の人気のスポットともなっている。
 
00-P1420718.jpg

00-P1420725.jpg

 このハチ公の銅像の真向かいには、かつて東急の路線を走っていた通勤形の東急5000系(旧5000系)電車のトップナンバー車両、デハ5001号車が展示されている。
 
 旧5000系電車は、1954年から1959年までの5年間で105両が製造され、東横線などで運用された。航空機のモノコック構造を応用した超軽量構造と、最新鋭の電装機器を兼ね備え、高性能と軽快な車体スタイルを実現したといわれる。

 正面は湘南スタイルの2枚窓で、車体に塗られた萌黄色と下ぶくれの愛嬌ある形がカエルを連想させ、「青ガエル」の愛称で親しまれたが、1986年(昭和61年)までに全車両が廃車された。

00-P1420707.jpg

 この車両は、東急を引退後に上田交通(現在の上田電鉄)に譲渡されて運用されていたが、上田交通での廃車後に再び東急へ移管され保存されてきたものだが、2006年10月になって東京都渋谷区役所によってここに展示されることになった。
 場所の都合から展示に当たっては、もともと18mあった車体は12mにカットされ、台車や床下機器などを取り去って台座に据えられている。

000-P1420723.jpg

00-P1420727.jpg

 正面上には、東急旧5000系電車の5001号車の車体ナンバーが残る。

00-P1420722.jpg

00-P1420704.jpg

 車内は待合・休憩施設として使われており、イベント装飾も行われているようだ。

00-P1420716.jpg

00-bn_map.jpg

 渋谷に集中する路線網

00-P1420664.jpg

00-P1420667.jpg

 巨大な『明日の神話』の壁画
 渋谷駅には岡本太郎が製作した、縦5.5m、横30mの『明日の神話』の巨大壁画がある。

 もともとこの壁画は、メキシコで建設中だったホテルのために制作されたものの設置されずに長らく行方不明となっていたもので、メキシコ国内の倉庫で発見され、修復の上2008年から渋谷マークシティの連絡通路で一般公開されている。

 製作者の意図として、岡本は「原爆が爆発し、世界は混乱するが、人間はその災い、運命を乗り越え未来を切り開いて行く、といった気持ちを表現した。」と語ったといわれる。








最新記事
カテゴリ
プロフィール

2011deko

Author:2011deko
でこちんの
  『いつか ありしこと。』
   のブログへようこそ!
(掲載写真は、クリックする
と、拡大写真になります。)

性 別:男性
住 居:愛知県
趣 味:ブログのカテゴリー

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
来場者数
検索フォーム
リンク