FC2ブログ

〇 今日の一献 一念発起の『花のクッキー売り娘 レジェンド』名古屋ゆかり組の公演を観てきた

―― 中高年の素人ミュージカル劇団は 名古屋の都市伝説になれるか

 昨夜(2018/9/15)大阪を拠点に活躍する劇作家・演出家の秋山シュン太郎が率いるシニアミュージカル劇団『発起塾』の名古屋ゆかり組の『花のクッキー売り娘 レジェンド』が、名古屋の熱田文化小劇場で開催され、パートナーと共に出かけてきた。

 この公演は、いままで演劇経験のない50歳以上の素人を対象に募集し、一年間をかけてレッスンしてきた劇団の成果を問うもので、パートナーの親しい友人が参加していることから楽しみに期待していた。

40100583_2006929362703975_5534916099428057088_n.jpg

 この作品は秋山氏のオリジナル作で、数十年の歴史を持つ劇場のかつては華やで憧れの的だった「花のクッキー売り娘」も、いまでは50歳台後半の身となって、経営不振の続く会社からのリストラの怖れにもめげず、過去の栄光を隠してきたレジェンドのOGの援けとともに、健気にも新しい境地を拓いていくというストーリー。
 中高年が持つ特有・独特の可笑しさや悲哀などを、余すところなく描いて、われわれ同年代の共感を呼ぶユーモラスな作品に仕上がっている。

 公演が始まってから、最初のうちはハラハラする部分もあって、これは何だと思ったが、ストーリーが進むうちにようやく引き込まれ、そのうち舞台に立つ出演者と己の年齢を重ね合わせたからだろうか、思わず目頭が熱くなる場面もあった。

 最後は、劇中劇の中で歌と踊りの舞台と観客との共演もあって、場内全体がヒートアップの最高潮のうちにハッピーエンドで大団円を迎えた。

00-P1160565.jpg

 公演が終わって、観客や出演者のまだ熱が覚めやらぬ劇場ロビー

 出演者全体に台詞のやりとりの間(ま)の悪さが目立ったものの、その中で長台詞を無難にこなしたレジェンドの主人公役や、特に(多分)最高齢の女性記者役の枯れた雰囲気と、そこから醸し出されるモノローグの味が光った。

 この公演は、はかなくも、この日一夜だけ。 名古屋の都市伝説(レジェンド)になっただろうか、、、、。

00-P1160567.jpg

40172256_2006929966037248_631558250633887744_n.jpg

 シニアミュージカル劇団『発起塾』の名古屋ゆかり組は、名古屋出身の演劇俳優 天野鎮雄氏の提案により、名古屋市中村区にあるかつての水道の「稲葉地配水塔」を活用した「演劇練習館 アクテノン」で、公演に向けて一年間の練習を積んでいる。

000-IMG_20180917_0001.jpg

  東海地方の方で、ご関心の向きは、以下の連絡先へ。
  きっと貴方も、いままで気がつかなかったご自分の深層にあった、新たな才能を発見されるかも、、、。

  『シニアミュージカル 発起塾』 0120-86-2615


〇 今日の一献 フルーティスト今枝智恵子女史のコンサート“La nuit Fantastique”を聴いてきた


―― 会場をくまなく満たした 金と銀のFlの澄み切った音とスタインウェイの豊かなPf.の調べ
 
 昨夜(2017年11月7日)名古屋市内の熱田文化小劇場で開催された、名古屋出身のフルーティスト今枝智恵子女史のコンサート“La nuit Fantastique”を、パートナーとともに聴いてきた。

 この夜は、今年の6月に彼女がパリ・エコールノルマル音楽院の留学から帰ってから、わたしにとっては初めて聴くコンサートだった。

00-DSC00818.jpg

 Fl/ 今枝智恵子
 名古屋市出身。ポピュラーからクラシックまで幅広い活動をしてきた。2017年パリ・エコールノルマル音楽院ディプロマ取得。名古屋音楽学校フルート講師。

00-DSC00644.jpg

00-DSC00699.jpg

 Fl/ Chia-Wen Ou(チャー・ウェン・オウ)
 台湾出身。パリ・エコールノルマル音楽院最優秀で卒業。2017年パリ国立高等音楽院大学院学位取得。2016年には、びわ湖国際フルートコンクールやイタリア・チッタ・ムラータ国際音楽コンクールで第1位を受賞するなど、各コンクールに挑戦している。

00-DSC00722.jpg

00-DSC00832.jpg

 Pf/ 大隈摩記
 名古屋市出身。愛知県明和高校音楽科から桐朋大学大学院終了。パリ・エコールノルマル音楽院ディプロマ取得。椙山女学院大学非常勤講師など。

00-DSC00764.jpg

 今回のコンサートの演奏者は、時期は違えど3人ともにパリのエコール・ノルマル音楽院で学んだ出身者だ。

 今宵の演奏は、仏、独、米、台湾の現代作曲家によるフルートを主題とした、幅広いクラッシク曲が選曲され、3人の息のあったハーモニーが奏でられた。

00-DSC00783.jpg

20171107 今枝女史コンサート

 コンサートのネーミングと告知フライヤーのデザインについては、いつも感心させられるばかりだが、今回のコンサートのフライヤー上部の夕暮れ時のノートルダム寺院の背景写真は、今枝女史自身が在仏中に撮ったものだったとか。

 この夜、金と銀のFlの澄み切った美しい音(ね)と、力強いスタインウェイの豊かなPf.とが織成す旋律の調べが会場を満たし、耳を傾ける集まった聴衆の心を十分に満足させるものだった。

 今夜は、久しぶりに『素敵な夜(La nuit Fantastique)』となった。

00-P1430868.jpg

 名古屋市熱田文化小劇場ホール
 名古屋市熱田区神宮三丁目1番15号 
 (熱田区役所・熱田図書館に併設2F)








〇 今日の一献 日展東海展で朝日洋子さんの裸女『夏に想う』を観てきた

―― グラデーションの色彩の変化と質感の豊かさがまた進化した

 高校の友人の細君の作品が、また日展に入選したとの招待状をいただいたので、パートナーと改組 新 第3回日展東海展が開催されている名古屋市中区にある愛知県美術館へ観にいってきた。

 お目当ての作品は、白日会会員の朝日洋子さんの第二科洋画、油彩『夏に想う』(100号)。

000-DSC07473.jpg

 窓から入る夏の強い光線を背に受けて、思案げにベッドに斜めに腰掛ける裸女。
白いベッドに敷かれたベッドカバーの裏地の紺の色が、画面を引き締める。

 描いた場所はこの画家の自宅2階のアトリエで、モデルはいつものお気に入りのモデルさんだろうか。

 そのポーズの不安定さから、身体は背から腰にかけて少しの緊張感を漂わせている。
 こちらから見える背から腰、下肢、爪先にかけての陰影のグラデーションの色彩の変化と質感の豊かさは、この画家の一段の進化を感じさせた。

00-DSC07478.jpg

 朝日洋子さんと作品の油彩「夏に想う」(100号)

00-DSC07504.jpg

00-DSC07427.jpg

00-P1060774.jpg

00-P1060781.jpg

 展覧会を観た後で、気に入った絵画の絵葉書を買うことができる。


00-P1060784.jpg

00-P1060787.jpg

 愛知県美術館で開催されている改組 新 第3回日展東海展は、2月12日(日)まで。

00-00P1060760.jpg





〇 今日の一献 「毎日書道展東海展」と入選祝のワイン会

―― 仲間の入選を祝い、みんなで語らい、飲み、かつ食べられるのは、それは至福の時

 今年68回目を迎えた毎日書道展の東海展が、名古屋市東区の愛知県美術館ギャラリー(愛知芸術文化センター8階)で開催されているが、古い友人が今回も入選したとあって、仲間で観に行ってきた。

 古い友人とは、大治町在住の金森康子さんで、今年の入選作は、漢字部門Ⅱ類の隷書、『牛亭 碧葛 自繞 鶏脊 朱冠 欲争』。

 門外漢のわたしにとってはいつも難解な作品であるが、大きな白の地紙に記された12文字の太い漆黒の墨蹟は、この人の内に秘める情熱の勢いを感ずることができた。

 (漢字部門Ⅱ類:文字数が3字から20字以下の漢字作品)

00-P1370963.jpg

00-P1370973.jpg

 わたしたちが生まれた年と同じ1848年(昭和23年)から始まったこの書道展は、今年で68回目を迎え、全国から出展された作品は全体で33,000点に上り、その規模、内容ともに国内最大の書道展となっている。

 毎日書道展は、7月に開催された東京・国立新美術館の「東京展」を皮切りに、全国各地を巡回し、10会場目の当地の「東海展」で終了する。

00-panorama 20161108-00

 会場各室に展示された東海地区の入選作1,271点の作品群には、それぞれの作者の渾身の情熱がこめられており、観る者を圧倒する。

00-P1370959.jpg

00-P1370997.jpg

 東海展の会期は、11月13日(日)まで。


〇 展示会帰りのワイン会

 名古屋中区の栄で「毎日書道展」を観た後、余勢を駆って、入選祝を理由にいつもの『わいんばぁ長濱』へなだれ込み、久しぶりの「ワインと料理を楽しむ会」とあいなった。

00-P1380025.jpg

▲00-組写真 ワイン会 20161108-00

 当夜のお料理
 ① 八寸 湯引き鱧の梅肉添え、烏賊の塩辛、酢蛸、海鮮巻きなど
 ② 貝柱のグラタン
 ③ ロースト鴨のひよこ豆添え・フランスパン
 ④ ロースト・パブリカの挽肉リゾット詰め
 ⑤ デザートは柿とリンゴにチーズ添え

00-DSCF5014_Trebbiano d’Abruzzo

この夜のワイン
①  “Trebbiano d’Abruzzo” (Spinelli社)白ワイン
  イタリア・ローマの東、アドレア海地方の丘陵地アテッサ(ATESSA)産、ピノ・グリージョ種
 
00-DSCF5024_edited-1.jpg

② “Rongopai Marlborough” (Rongopai社)赤ワイン
  ニュージーランド・南島マールボロ地方(Marlborough)産、ピノ・ノワール種

00-DSCF5030_edited-1.jpg

③ “Rongopai Marlborough” (Arnozan社)赤ワイン
  フランス・ボルドー地方(bordeaux)産、メルロ/カベルネ・ソーヴィニヨン/カベルネ・フラン種


 『わいんばぁ長濱』は、愛知県で初めて名誉称号「マスター・ソムリエ」を受賞した、長濱昭則氏がオーナーの店で、プリンセス大通りの南、プリンセスガーデンホテル地下1Fにある。

 この歳になって、仲間の入選を祝い、みんなで語らい、飲み、かつ食べられることができれば、それは至福の時間(とき)だ。

 今夜も、工夫を凝らした美味しい料理とそれにマッチしたワインも美味しくいただき、みな満足しながら帰途に着いたのだった。


『わいんばぁ長濱』
 和風の雰囲気の中で、和洋の家庭料理を食べながら、気楽にワインを楽しむことができる。
 名古屋市中区栄三丁目1302 プリンセスガーデンホテル B1F
 TEL 052-263-6262


参考 〇 今日の一献 美味しいものに、講釈は要らない
―― わたしたちの「ワインと料理を楽しむ会」
http://2011deko.blog.fc2.com/blog-entry-130.html




〇 今日の一献  Final となった今枝智恵子の20年目のビエンナーレ・コンサート

―― 『フルートとワインに酔いしれてfinal』コンサートを聴いてきた

 2015年7月20日(海の日)の午後、JR名古屋駅17Fにあるマリオット・アソシアホテルの「ルピナス」で、フルート奏者 今枝智恵子女史のコンサート『フルートとワインに酔いしれてfinal』が開かれた。

 このコンサートは、フルート奏者として東海地方で活躍する今枝女史が、20年前から自ら企画・運営してきたコンサートで、今回で10回目を数えるビエンナーレ・コンサートだ。

00P1050863.jpg

 2014年8月に、パリのエコールノルマル音楽院(L´École Normale de Musique de Paris)での1年間の留学を終えて帰国した後、いくつかのコンサートをこなしてきた彼女だが、この『酔いしれて』コンサートは息の長いシリーズとして、彼女にとっては特に思い入れの強いコンサートに違いない。
 
00P1060058.jpg

 今宵のコンサートの会場は、豪華な雰囲気のマリオット・アソシアホテルの宴会場で、集まった聴衆は150人を数えた。

 第1部は、いつものパートナー、ピアノのMr. Tito Monteとのデュエットによる竹田の子守唄などのポピュラー曲集の演奏で始まった。

00panorama 20150720-01

 第2部は、お待ちかねのシニア・ソムリエの島幸子女史の軽妙なエスコートで、爽やかな薫りとフルーティな味のニュージーランドワイン“Overstone Sauvignon Blane”のテイスティングでグラスを重ねるうちに酔いが回り、時の経つのも気がつかぬ間に第3部に進む。

00P1050991.jpg

00panorama 20150720-x00

 シニア・ソムリエ 島幸子女史のエスコートによる、ワインのテイスティング

00dsc02062_r1.jpg

 爽やかな薫りとフルーティな味のニュージーランドワイン“Overstone Sauvignon Blane”


 第3部は、今枝女史が師と仰ぐカリビアン・フルートの第一人奏者 赤木りえ女史を招き、赤木のラテン・メドレーのソロから始まった。

00dsc02108_r1.jpg

 次いで赤木、今枝、Tito Monteのトリオが演奏する、代表曲「シェルブールの雨傘」を始めミシェル・ルグランの映画音楽メドレーなどの協演を聴くうちに、聴衆はワインの酔いも手伝って心地よい境地へ誘われていく。

00DSC02176.jpg

00dsc02159_r1.jpg

00P10601130.jpg

 そしてこの夕の締めは、赤木女史のアレンジによるスメタナの連作交響詩『わが祖国』の第2曲「モルダウ」で大団円を迎えた。

IMG_20150726_0005.jpg

00DSC02091.jpg

 なお、今枝女史によると、今夕の『フルートとワインに酔いしれて』コンサートのタイトルに“final” が付いているように、10回目の今回を一つの区切りとしてこのシリーズを終了するとのことだ。
 そして、再びパリの音楽院でフルートの研鑽を深めるため、近く渡仏することをこの宵彼女は明かした。

 彼女の新たな飛躍と活躍を期待したいと思う。

 
〇 今枝智恵子女史のプロフィル
 5歳からピアノを、13歳からフルートを始める。洋・邦ポップス、映画音楽、タンゴ、叙情歌、ロックなど幅広いレパートリーをクラシックで鍛えた美しい音色で自由自在に操るフルート奏者。東海地方を中心に主にソロによる演奏で、企業、市町村イベント・パーティ、施設訪問、レストランなど様々なシーンで活躍中。「全日演ベストプレーヤーズコンテスト」ソロ部門で入賞。
 1997年からシニアソムリエ、島 幸子氏のワインとトークコンサートを組み合わせた、『フルートとワインに酔いしれて』を開催し、好評を得てシリーズ化してきた。
 2007年2月にCD「my spring」をリリース。「C'sフルートクラブ」主宰。クラシックフルートを工藤重典、工藤雅子、大海隆宏の各氏に、ポップフルートを赤木りえ氏に、それぞれ師事し指導を受ける。
 2013年6月から1年間パリのエコールノルマル音楽院に学び、フルート・ディプロマ取得。


フルーティスト 今枝智恵子 webサイト
リンク http://chieko-imaeda.cocolog-nifty.com/blog/cat23074895/index.html






最新記事
カテゴリ
プロフィール

2011deko

Author:2011deko
でこちんの
  『いつか ありしこと。』
   のブログへようこそ!
(掲載写真は、クリックする
と、拡大写真になります。)

性 別:男性
住 居:愛知県
趣 味:ブログのカテゴリー

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
来場者数
検索フォーム
リンク