〇 今日の一献 いまも佇む 中村公園の「ラジオ塔」

―― 機能を失い、朽ちるに任せたままの歴史的遺物

 いまも時々訪れる名古屋の中村公園は、子供の頃からわたしの遊び場だったが、気がついたときには、この施設はもうここにあった。

 時折、ブツブツと音がしたことがあるけれど、何のための施設か分からなかったが、大人に聞くと「ラジオ塔」だということだったが、その時のわたしの関心はそこまでで、以後はずうっとそのままになっていた。

00-P1160775.jpg

00-パノラマ 20170412 中村公園-1

 生誕地に因んで秀吉の馬印から名前を取った、桜の季節の「ひょうたん池」。

00-P1090536.jpg

 松の木立に囲まれて目立たない場所に、「ラジオ塔」がある。

00-P1160771.jpg

 先日訪れたときに気になって寄ってみたら、太く育った松の木立に囲まれて「ラジオ塔」は、まだそこにあった。

 帰ってから調べたら、市発行の『名古屋の公園』の中の「昭和18年の名古屋市公園一覧」の施設に中村公園の「ラジオ塔」が出でいるのがこれだろうから、少なくとも1943年以前には、もうここに建てられていたことになる。

 そもそも「ラジオ塔」は、正式には「公衆用聴取施設」といい、ラジオ受信機とスピーカーが内蔵された高さ2~3mの塔で、1925年(大正14年)にラジオ放送が始まってから、当時はまだ高級品だったラジオを一般に普及させるため、1930年ごろに大阪・天王寺公園にラジオ塔が設置されたのを始まりとして、全国の公園や神社の境内に広がっていったとされ、1941年には全国で460基あったことが確認されている。

 その後、非常時の情報伝達の機能やラジオ体操の会場の役割を担ってきたが、やがてラジオの一般家庭への普及やテレビの出現により、ラジオ塔の役割は廃れていき、いまではその存在すらも忘れ去られたのだろうと思われる。

 その『名古屋の公園』によると、当時は市内の7つの公園に設置されていたようだが、このうち今も残るのはこれを含めて3基のみという。

00-P1160778.jpg

 改めて近づいてよく見ると、わたしが幼いころに気づいた当時には、松の根が太く張ったせいか傾いていた塔は、その後に造られた土台の上に垂直に直されて建ってはいるが、やはり建設から70年以上を経て、壁には亀裂が入り屋根は苔むした、朽ちるに任せたままの状況で、そのうち上部から崩壊するのではないかとの予感さへ伝わる。

 聞くところによれば、所によっては、地域に残るラジオ塔が修復・再建されたり、中には国の登録有形文化財に指定されたものもあるという。

 そんなことを思いながら見回すと、20mほど離れたところに、公園管理事務所があるのだが、、、、、。










〇 今日の一献 洛北の紅葉を訪ねて 江戸時代の文人石川丈山が愛した詩仙堂

―― その4 江戸時代の文人石川丈山が愛した一乗寺の詩仙堂

 石川丈山は、1583年(天正11年)安城市和泉町で生まれ、譜代武士として家康に仕えていたが、浪人となってから漢詩に頭角を顕し、儒学・書道・茶道・庭園設計にも精通し煎茶の祖ともいわれる江戸時代初期の文人だ。

 比叡山西麓にある「詩仙堂」は、1641年(寛永18年)に石川丈山が自分の隠居のため、でこぼこした土地に建てた住居という意味の「凹凸窠」の名で造営し31年間隠棲した山荘で、国の史跡に指定されている。

 名古屋中村生まれの洛東の隠者、木下長嘯子の歌仙堂に倣って、中国の詩家36人の肖像を狩野探幽に描かせた「詩仙の間」があることから、いつしか「詩仙堂」の名で知られるようになった。

 現在は、曹洞宗の六六山「詩仙堂丈山寺」となっている。

00-P1160605.jpg

 正面の入口「小有洞」

00-DSC01037.jpg

 詩仙堂の玄関を通して見える庭園

0-20171110-1 panorama 詩仙堂

 3階建の「嘯月楼」や窓の形が珍しい。

00-DSC01062.jpg

 嘯月楼の間と庭園

00-094.jpg

 造園の名手といわれた丈山の設計した庭園は、土地の高低差を利用して眺望を確保しながら、唐様回遊式庭園となっている。

00-DSC01137.jpg

 玄関上にある丈山当時の特異な建築、3階建の「嘯月楼」。

0-20171110-3 panorama 詩仙堂庭園

00-P1160622.jpg

 カエデの裏紅葉

00-DSC01092.jpg

 高い位置にススキの群を植え、紅葉とともに仰ぎ見せる工夫がされている。

00-P1160633.jpg

 回遊式庭園の下部にある池に映る紅葉

00-DSC01100.jpg

00-DSC01117.jpg

 時折鳴り響く音の主は、ししおどしとして知られる、この太い竹筒でできた「添水 」(そうず)だった。

 六六山 詩仙堂丈山寺
 京都市左京区一乗寺門口町27
 叡山電鉄「一乗寺駅」から徒歩15分
 市バス「一乗寺下り松町」から徒歩7分

00-DSC01169.jpg

 一乗寺下り松「宮本・吉岡 決闘之地」の石碑
 行きの右手に気がついていたが、詩仙堂の帰り道に立ち寄った。狸谷不動明王道を下りてきて、曼殊院道とが分岐する場所にこの石碑がある。

 「一乗寺下り松の決闘」とは、この場所で江戸時代の初め宮本武蔵が吉岡道場一門の剣士数十人と決闘を行ったという有名な伝説があり、この石碑は大正10年に広島県呉の剣士により建立されたもので、傍らに立つ黒松は当時から4代目の松という。

〇 今日の一献 洛北の紅葉を訪ねて 京都大原の還りは叡山電鉄に乗って

―― その3 叡山本線の終着駅、叡電「八瀬比叡山口」から「一乗寺」へ

 大原からの帰りは、国道367号を走るバスで叡電「八瀬比叡山口」駅まで出て、そこから次の目的地、詩仙堂のある駅「一乗寺」に向かう。
 
 八瀬流域では八瀬川と呼ばれる高野川の流れの岸も、紅葉が進んでいた。

00-DSC01026.jpg

00-P1160563.jpg

 川中にはアオサギが佇み、小魚を狙っていた。

00-DSC01018.jpg

 叡電「八瀬比叡山口」駅の秋明菊
 叡電「八瀬比叡山口」駅は、「出町柳」を始発駅とする5.6kmの叡山本線の終着駅で、叡山ケーブル・叡山ロープウェイを乗り継いで、比叡山山頂に向かう西の入口となっている。

 かつては、行楽客で賑わったこの路線も、交通手段が多様化したいまでは、寂れつつある。

00-P1160557.jpg

 1925年(大正14年)の開業以来の面影を残す木造駅舎。

00-DSC01020.jpg

 叡山本線の終着駅特有のドーム状のトレイン・シェッドが、かつての栄光の香りを残す。
 1987年(昭和62年)導入の、アイボリーを主体に山をイメージした緑の帯を塗装した700系711号車がやってきた。

00-P1160572.jpg

00-DSC01028.jpg

 比叡山の麓の紅葉が美しい。
 ホームは3面2線の櫛形ホームとなっている。

00-P1160569.jpg

 アイボリーを主体に、山をイメージした緑の帯塗装の700系711号車

141553161644081364179_eiden.jpg

 叡山電鉄の路線図

00-DSC01033.jpg

00-P1160582.jpg

 座席の色は紺で、すべてロングシート。天井が白、壁と床は薄いグリーンに塗られている。
 途中駅で、先生に引率された幼稚園児たちが乗ってきた。

00-P1160581.jpg

 新緑をイメージした黄緑ラインの723号車とすれ違う。

00-P1160588.jpg

 鞍馬線を走る、デオ800形電車のギャラリートレイン「こもれび」
 デオ800形電車は、叡山電鉄で初めて片運転台構造と2両永久連結を採用したもので、2003年から、815 - 816号車の編成でスカートが追加され、ギャラリートレイン「こもれび」として就役している。

00-P1160589.jpg

00-P1160590.jpg

 「修学院」駅には、車庫が併設されている。
 レトロな緑の作業用車両・Zパンタの「デト1001」や赤色塗奏の消防・救急電車、「えいでん まとい号」が留置されているのが見える。

00-P1160597.jpg

 4つ目の駅の「一乗寺」で下車。
 途中の駅で幼稚園児たちが順次降りていったが、自転車で待っていた母親に聞くと、スクールバス代わりに使っているとのことだった。

00-P1160600.jpg

 駅を出て東へ、道を真っ直ぐに山に向かって町を抜け、しばらく坂を上がると、その先に目的地の詩仙堂がある。




〇 今日の一献 洛北の紅葉を訪ねて 京都大原「三千院」に行ってきた

―― その2 大原の里と三千院の綾錦

● 四方を山に囲まれた 大原の里
 大原の里は、京都市街の北東部、比叡山の西の山麓の高野川上流に位置し、およそ1300年前から京都へ魚介類を運んだ鯖街道の名で知られる若狭街道が貫く盆地の里だ。

 また、平安時代から都への木材や薪炭の供給地となり、鎌倉時代からは大原の柴や薪、農産物などを頭に載せて京の町まで行商した「大原女」でも知られ、その習俗は昭和初期まで約800年続いた。

00-DSC00906.jpg

 高野川の谷に向かって下る、大原の棚田の眺望

00-DSC00903.jpg

00-DSC00900.jpg

 里の風景

00-P1160461.jpg

00-P1160464.jpg

00-dsc00889_r1.jpg

 バス停から三千院へは「大原女の小径」の坂道が続く。

00-dsc00915_r1.jpg

 土産物屋が並ぶ小径に沿って、呂川の清流が流れる。 

00-DSC00896.jpg

00-P1160466.jpg


● 三千院の紅葉の綾錦
 この地にある寺院群は、比叡山の北西麓にあることから延暦寺の影響が強く、三千院も最澄が延暦年間(782 - 806年)に構えた「円融房」がその起源とされる天台宗の寺院だが、幾多の移転の後に、12世紀(平安末期)からあった阿弥陀堂のある現在地に、1871年(明治4年)に本坊が移ってきたものだ。

00-DSC00932.jpg

 寒暖の差が大きい山間の盆地の大原の里にある天台宗の魚山三千院では、紅葉はすでに盛りを迎えていた。高い石段の御殿門の周りの紅葉が美しい。

 この日、TVの放送クルーに導かれた東京からのタレントのグループが複数見られた。

DSC00937.jpg

 「聚碧園」の池に映る紅葉

00-P1160512.jpg

 宸殿前に広がる庭園「有清園」の中にある、苔むした杉木立と入母屋造で杮葺きの「往生極楽院」が佇む風景は、あまりにも有名だ。

00-20171110-01 panorama 三千院庭園

00-DSC00957.jpg

00-DSC00962.jpg

 国宝の阿弥陀三尊が安置された「往生極楽院」正面
 ここで、妙なことに気がつく。
 寺の正門である「御殿門」を入って、客殿から右回りで廊下を通り、「宸殿」から前に広がる庭園「有清園」を通して「往生極楽院」にある阿弥陀三尊を遥拝しようとするのだが、なぜか肝心の往生極楽院の建物は後ろを向いた配置となっている。
 だから阿弥陀三尊へのお参りは、堂の正面へ有清園をぐるっと廻らなければならないことになる。

 三千院の本堂である東の金色不動堂や奥の院の観音堂へ向かう道すがら、お参りをすれば良いといえばそれまでだが、わたしにはこの配置がひどく不思議に思えて、改めて寺の経緯を調べてみたわたしなりの推測は次のようなものだ。

 もともと平安末期からあったこの池や杉木立に囲まれた「往生極楽院」は、南(朱雀門方面)から遥拝するように南に向けて配置されていたが、明治になって移ってきた今の三千院が、南に十分な土地が無かったことで、西から北へ往生極楽院を取り込む形で右回りの配置で堂宇を整備したことで、結果的にこうなったのではないかということだがどうだろう。

00-DSC00963.jpg

00-P1160527.jpg

 有清園の苔むした「わらべ地蔵」たち

00-DSC00960.jpg

 有清園の池畔に咲く白椿

00-P1160522.jpg

 紅色に塗られた朱雀門には、紅葉の綾錦がよく映える。

00-DSC00986.jpg

00-DSC01000_2017111821074239f.jpg

00-DSC01013.jpg

 今が盛りの三千院参道の紅葉。

00-P1160555-1.jpg

 何度も京都を訪れながら、その見た目のイメージの悪さから、今までついぞ口にしたことが無かったニシンそばを、パートナーとともに初めて味わった。
 このとき、蕎麦屋の窓越しに綺麗な和装の女性が見えて、思わず撮ってみた。

00-P1160553.jpg

 京都名物ニシンそば
 初めて味わったニシンそばは、わたしにとってはやはりイメージ通りの味だった。




〇 今日の一献 洛北の紅葉を訪ねて 京都岩倉「実相院門跡」に行ってきた

―― その1 岩倉山「実相院門跡」の紅葉の水鏡

 京都市左京区の岩倉の里にある岩倉山「実相院門跡」は、鎌倉時代の寛喜元年(1229年)に京都市北区紫野で、静基により創建された天台宗の寺だったが、応仁の乱を逃れるため現在地に移転したとされ、本尊は、鎌倉時代作の木像、不動明王をもつ。
 幕末には、一時岩倉村に隠棲した岩倉具視が、この寺に間借りして密談した記録なども残されている。

 現在は、単立の門跡寺院であり、本堂の磨き上げられた『滝の間』の床板に映る「床もみじ」が楽しめることで知られる。(本堂内の撮影は禁止されているから、「床もみじ」は、見るだけとなる。)

 しかし、今日(2017年11月10日)パートナーと訪れてみたけれど、床もみじはやはり少し時期が早かった。

00-P1160391.jpg

00-祐子画像20171118 140

00-DSC00852.jpg

 背後の山を背景にした、奥の書院と客殿との間にある池泉回遊式の庭のもみじは、紅葉が進んでいた。

00-DSC00848.jpg

 山水庭園の蹲踞(つくばい)の水鉢の水面が水鏡となって映る錦秋は、時折、懸樋から落ちる水滴が波紋となって広がり美しかった。

00-P1160427.jpg

 また、庭園の池の水面に落ちたもみじ葉が、水面に映る紅葉と青空との美しいコントラストを描いていた。

00-012.jpg

panorama 実相院 -00

000-DSC00873.jpg

 赤く熟した南天の実

00-DSC00872.jpg

 枯山水の石庭の眺め

00-20171110-1 panorama 実相寺庭園

00-DSC00879.jpg

 京都市左京区岩倉上蔵町121
 京都駅から地下鉄烏丸線で「国際会館前」下車。そこから京都バス 21・24系統「岩倉実相院」バス停下車すぐ。




〇 今日の一献 フルーティスト今枝智恵子女史のコンサート“La nuit Fantastique”を聴いてきた


―― 会場をくまなく満たした 金と銀のFlの澄み切った音とスタインウェイの豊かなPf.の調べ
 
 昨夜(2017年11月7日)名古屋市内の熱田文化小劇場で開催された、名古屋出身のフルーティスト今枝智恵子女史のコンサート“La nuit Fantastique”を、パートナーとともに聴いてきた。

 この夜は、今年の6月に彼女がパリ・エコールノルマル音楽院の留学から帰ってから、わたしにとっては初めて聴くコンサートだった。

00-DSC00818.jpg

 Fl/ 今枝智恵子
 名古屋市出身。ポピュラーからクラシックまで幅広い活動をしてきた。2017年パリ・エコールノルマル音楽院ディプロマ取得。名古屋音楽学校フルート講師。

00-DSC00644.jpg

00-DSC00699.jpg

 Fl/ Chia-Wen Ou(チャー・ウェン・オウ)
 台湾出身。パリ・エコールノルマル音楽院最優秀で卒業。2017年パリ国立高等音楽院大学院学位取得。2016年には、びわ湖国際フルートコンクールやイタリア・チッタ・ムラータ国際音楽コンクールで第1位を受賞するなど、各コンクールに挑戦している。

00-DSC00722.jpg

00-DSC00832.jpg

 Pf/ 大隈摩記
 名古屋市出身。愛知県明和高校音楽科から桐朋大学大学院終了。パリ・エコールノルマル音楽院ディプロマ取得。椙山女学院大学非常勤講師など。

00-DSC00764.jpg

 今回のコンサートの演奏者は、時期は違えど3人ともにパリのエコール・ノルマル音楽院で学んだ出身者だ。

 今宵の演奏は、仏、独、米、台湾の現代作曲家によるフルートを主題とした、幅広いクラッシク曲が選曲され、3人の息のあったハーモニーが奏でられた。

00-DSC00783.jpg

20171107 今枝女史コンサート

 コンサートのネーミングと告知フライヤーのデザインについては、いつも感心させられるばかりだが、今回のコンサートのフライヤー上部の夕暮れ時のノートルダム寺院の背景写真は、今枝女史自身が在仏中に撮ったものだったとか。

 この夜、金と銀のFlの澄み切った美しい音(ね)と、力強いスタインウェイの豊かなPf.とが織成す旋律の調べが会場を満たし、耳を傾ける集まった聴衆の心を十分に満足させるものだった。

 今夜は、久しぶりに『素敵な夜(La nuit Fantastique)』となった。

00-P1430868.jpg

 名古屋市熱田文化小劇場ホール
 名古屋市熱田区神宮三丁目1番15号 
 (熱田区役所・熱田図書館に併設2F)








〇 名古屋城の本丸「東南隅櫓の特別公開」に行ってきた

―― 幾多の災難を逃れ、400年前の築城当時の姿を残す隅櫓

 2017年11月23日(祝)まで開催されている、名古屋城の第70回菊花大会の招待券をいただいたので、ついでに特別公開中の重要文化財、本丸の東南隅櫓(辰巳櫓)に寄ってきた。

 名古屋城には、かつて隅櫓が11棟あったが、今に残るのは、この本丸の東南隅櫓と西南隅櫓、御深井丸の西北隅櫓の三つだけだが、400年以上前に家康が築城したときのものが残り、それぞれ重要文化財に指定されている。

00-panorama 20171105-04

 この隅櫓は内部3階から成るが、外観は入母屋本瓦葺きで唐破風屋根を持つ第2層屋根と千鳥破風屋根の第1層で構成され、外壁は大壁造り白漆喰仕上げで、鬼瓦などには徳川家の家紋である「葵の紋」が見られる。
 また第2層の南と東の出窓下には、石落しを持つ堂々とした建物だ。

00-P1160145.jpg

 南西から見た外観
 かつては、西面と北面の石垣上には多聞櫓が続いていたので、本丸内側の1・2階の開口部は少ない。

00-P1160144.jpg

 西面の外観
 西から見ると、石垣が折れ曲がっているのが分かる。これは、死角をなくして石垣をよじ登ろうとする敵兵を横から射るための構造で、「横矢掛け」という。

00-断面図 東南隅櫓1240800

 東南隅櫓の西側縦断図(昭和実測図による)
 「出典 名古屋城総合事務所蔵」

 櫓の位置は、本丸東南隅に設けられており、1612年(慶長17年)の建築。
 高さは約14m、建築面積163.31㎡、延床面積416.52㎡で、宇和島城や弘前城天守閣と同規模で、延べ床面積はそれらを上回るという巨大な隅櫓となっている。

00-P1160103.jpg

 東南隅櫓の西北には上り石段が付いている。
 櫓北側には出入口があるが、外部に見せる南・東面に比べ、本丸側の北面や西面の1・2階の開口部は少なく、装飾性もない。

00-P1160044.jpg

 隅櫓に続く石段は、段差が高く長い。

00-P1160054.jpg

 第1階の内部
 この隅櫓は、平時には武器や具足類などの倉庫として使われ、有事には物見や防御陣地の役割を果たした。


 2階へ続く階段00-P1160057.jpg

 階段の幅は広く、踏み代も大きい。

00-2階IMG_3328_R-1

 第2階の内部
 武者格子の入った出窓には、石落しの設備がある。

00-P1160059.jpg

 最上階の3階へ上る階段は、防御の役割から、2階階段よりも幅が狭く、傾斜が急で踏み代も狭い。

00-P1160065.jpg

 第3階(最上階)の内部
 天井裏は設けられておらず天井は高い。

 1952年(昭和27年)に行われた解体調査により、建材には木曽ヒノキが使われており、1707年(宝永4年)に修理が行われたことが判明している。

00-P1160046.jpg

 隅櫓の南方下は、空堀が手前に切込まれており、東西通路は狭まっている。これは、眺望の確保と攻撃・防御が計算された構造だ。

00-P1160071.jpg

 南方の彼方には、名古屋市役所の時計塔が見える。

00-panorama 20171105-02

 この隅櫓からは、復元中の本丸御殿や天守閣がよく眺められる。

00-P1160101.jpg

 本丸御殿の復元は、来年(2018年)6月に全体が完成する。

00-panorama 20171105-00

 復元整備中の本丸御殿と天守閣

00-P1160010.jpg

 二の丸舞台で行われていた、お馴染みの「武将隊」の演技

00-P1150997.jpg

 正面の入口を入ると、第70回の菊花大会の菊人形がお迎えをしている。

00-P1160005.jpg

00-P1160153.jpg

 東門内には、家康と藩祖義直の菊人形が立つ。

00-P1160036.jpg

 名古屋城を訪れると、必ず寄るのは城内のこのきしめんの専門店。
 そして、天ぷらや卵を落とすのは邪道と固く信じているから、何も足さない素の名物きしめんと決めているから旨い。

00-P1160043.jpg

 東南隅櫓の南にある城内「きしめん」の店

〇 今日の一献 愛知・草遊会の「秋の草もの盆栽展」を観てきた

―― 草花の持つ華麗さ、強さが、素敵な景色を造り出す

  親しい学校の先生からご招待いただいた、愛知県津島市の第2陽だまりの里で開催されている「秋の草もの盆栽展」に、パートナーとともに観に行ってきた。

 この展覧会は、十年以上にわたって愛知県西部地域で活躍する、草もの盆栽愛好グループ「草遊会」が主催する展示会で、会員が日ごろ丹精込めて育ててきた100鉢ほどの見応えのある草もの盆栽が展示されていた。
 
00-P1150565.jpg

00-P1150587.jpg

 紅ちがや、ホトトギス、タデの水盤

00-P1150590.jpg

 苔玉のバラエティ作品

00-P1150593.jpg

 苔玉造りの解説パネル

00-panorama 20171018-00

00-P1150600.jpg

00-P1150577.jpg

 会場では、うれしい抹茶とお菓子の呈茶もあった。

00-P1150584.jpg

00-P1150607.jpg

 会場には、日ごろ会員が丹精込めて育ててきた作品が並ぶ。

00-P1150627.jpg

 通常の盆木を育てる盆栽とちがって、草もの盆栽は、毎年、季節や天候によって発芽・生長する植草の生育状況はまちまちだろうということは知っていた。

 だから例えば今回の展示時期に最も姿の良い作品を出品するためには、人によっては数百もの鉢を育てる方もいるということだった。

00-P1150628.jpg

 不思議と、混生する草花は種類を問わず共生するもので、肥料を押さえながら水の管理や枯れ枝の処理をし、時間をかけて管理していくと、一つの丘、一面の草叢を、こうした手に載るような鉢や岩の上に再現できるもののようだ。

00-P1150609.jpg

 問題は、その姿の良否、美醜をどのように捉えるのかは、作者の感性にかかっているというのはどの分野でも同じだ。

00-panorama 20171018-02

00-草もの盆栽展-1

 人がほんの少し手をかけてやれば、草花は自らの持つ華麗さ、強さで、こんなにも素敵な景色を造り出してくれるのだと、改めて驚きながら観てきた。

 草もの盆栽愛好グループ「草遊会」主催の「秋の草もの盆栽展」は、10月29日(日)午後4時まで。





 



最新記事
カテゴリ
プロフィール

2011deko

Author:2011deko
でこちんの
  『いつか ありしこと。』
   のブログへようこそ!
(掲載写真は、クリックする
と、拡大写真になります。)

性 別:男性
住 居:愛知県
趣 味:ブログのカテゴリー

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
来場者数
検索フォーム
リンク